日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexVol ボリュームの SVM を対象とした NDMP モードの概要を管理します

寄稿者 netapp-thomi

NDMP オプションとコマンドを使用して、 SVM 単位で NDMP を管理できます。NDMP オプションは 'vserver services ndmp modify コマンドを使用して変更できますSVM を対象とした NDMP モードでは、ユーザ認証がロールベースアクセス制御メカニズムに統合されます。

許可するプロトコルまたは許可しないプロトコルのリストに NDMP を追加するには、「 vserver modify 」コマンドを使用します。デフォルトでは、 NDMP は許可するプロトコルのリストに含まれています。許可しないプロトコルのリストに NDMP が追加されると、 NDMP セッションを確立できません。

NDMP データ接続を確立する LIF のタイプは、「 preferred-interface-role 」オプションを使用して制御できます。NDMP データ接続の確立時には、このオプションで指定した LIF タイプに属する IP アドレスが NDMP によって選択されます。IP アドレスがどの LIF タイプにも属していない場合は、 NDMP データ接続を確立できません。--preferred-interface-role] オプションの詳細については、マニュアルページを参照してください。

vserver services ndmp modify コマンドの詳細については、マニュアルページを参照してください。