日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

File System Analytics を有効にします

寄稿者 netapp-ahibbard netapp-forry netapp-aherbin netapp-rlithman

目次

容量分析などの使用状況データを収集して表示するには、 File System Analytics を有効にする必要があります。

ファイルシステム分析は、新しいボリュームを作成するとき、またはボリュームのあるシステムを ONTAP 9.8 以降にアップグレードするときに有効にできます。アップグレード後、分析を有効にする前に、すべてのアップグレードプロセスが完了していることを確認します。

手順

ボリュームのサイズと内容によっては、 ONTAP がボリューム内の既存データを処理する間、分析を有効にするのに時間がかかることがあります。完了すると、 System Manager に進捗状況が表示され、分析データが表示されます。初期化の進行状況についてより詳細な情報が必要な場合は、 ONTAP CLI コマンドの volume analytics show を使用してください。

ファイルシステム分析は、 ONTAP システムマネージャ、 ONTAP CLI 、または ONTAP REST API を使用して有効にできます。

System Manager の略
ONTAP 9.8 および 9.9.1 では ONTAP 9.10.1 以降でサポートされます

1. 「 * Storage 」 > 「 Volumes 」を選択します。2. 目的のボリュームを選択し、 * エクスプローラ * を選択します。3. 「 * 分析を有効にする * 」または「 * 分析を無効にする * 」を選択します。

1. 「 * Storage 」 > 「 Volumes 」を選択します。2. 目的のボリュームを選択します。個別のボリューム・メニューから、 * ファイル・システム > エクスプローラ * を選択します。3. 「 * 分析を有効にする * 」または「 * 分析を無効にする * 」を選択します。

CLI の使用
CLI でファイルシステム分析を有効にするには、次の手順を実行します
  1. 次のコマンドを実行します。 'volume analytics on -vserver SVM_name -volume_name[-foreground { true|false } ] デフォルトでは、このコマンドはフォアグラウンドで実行されます。 ONTAP は進行状況を表示し、完了すると分析データを表示します。より正確な情報が必要な場合は、 -foreground false オプションを使用してバックグラウンドでコマンドを実行し、 volume analytics show コマンドを使用して CLI で初期化の進行状況を表示できます。

  2. ファイルシステム分析を有効にしたあと、 ONTAP システムマネージャまたは ONTAP REST API を使用して分析データを表示します。