日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リージョンを選択します

寄稿者 netapp-juliec netapp-tonacki

Cloud Volumes Service は、多くの AWS リージョンで利用できます。クラウドボリュームを作成する前に、サービスを使用するリージョンを指定する必要があります。

手順
  1. に移動します "NetApp Cloud Orchestrator" サイトにアクセスし、サブスクリプションで指定した E メールアドレスでログインします。

    この URL はブックマークに登録する必要があります。あとでこの画面に戻る必要があります。

  2. トップパネルの * 使用可能な領域 * ドロップダウンメニューから、作業する領域を選択します。

    この選択プロセスは、 AWS コンソールでリージョンを変更する場合とほぼ同じです。

    リージョンを選択します
  3. クラウドボリュームを作成する場合は、追加するリージョンごとに上記の手順を繰り返します。

    • 注: * Cloud Volume ユーザインターフェイスに表示されるリージョンは、 AWS ユーザインターフェイスで選択したリージョンと異なる形式になる場合があります。たとえば、 Cloud Volume UI の _us-east-1_in は、 AWS コンソールで選択した _N. Virginer_region に対応します。を参照してください "リージョンとアベイラビリティゾーン" 両方のインターフェイスで同じリージョンを確実に選択できるように、リージョン名をマッピングする場合。