日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

要求エンドポイント

寄稿者 netapp-mwallis

API で使用される要求エンドポイントには、 3 つのタイプ(ストレージクラスタ、ストレージクラスタの作成、ノード単位)があります。必ず、使用している Element ソフトウェアのバージョンでサポートされる最新のエンドポイントを使用してください。

API の 3 つの要求エンドポイントは、次の方法で指定されます。

クラスタ API メソッド

ストレージ・クラスタ全体の API 要求の HTTPS エンドポイントは 'https://<mvip>/json-rpc/<api-version>` ですここでは ' 次のようになります

  • 「 <mvip> 」は、ストレージクラスタの管理仮想 IP アドレスです。

  • `<api-version> は、使用している API のバージョンです。

クラスタ作成とブートストラップ API メソッド

ストレージクラスタの作成とブートストラップ API 要求へのアクセスに使用する HTTPS エンドポイントは、「 + https://<nodeIP>/json-rpc/<api-version>+` 」です。

  • `<nodeIP> はクラスタに追加するノードの IP アドレスです。

  • `<api-version> は、使用している API のバージョンです。

ノード単位の API メソッド

個々のストレージ・ノードの API 要求の HTTPS エンドポイントは '+ https://<nodeIP>:442/json-rpc/<api-version>+` ですここでは ' 次のようになります

  • 「 <nodeIP> 」はストレージノードの管理 IP アドレスです。 442 は、 HTTPS サーバが動作するポートです。

  • `<api-version> は、使用している API のバージョンです。