日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

管理ノードにアクセスします

寄稿者 netapp-pcarriga

NetApp Element ソフトウェアバージョン 11.3 以降、管理ノードには 2 つの UI が装備されています。 REST ベースのサービスを管理するための UI と、ネットワーク / クラスタ設定の管理とオペレーティングシステムのテスト / ユーティリティを実行するためのノード UI です。

Element ソフトウェアバージョン 11.3 以降を実行するクラスタでは、次の 2 つのインターフェイスのいずれかを使用できます。

  • 管理ノード UI (「 https : // [mNode IP } : 442'] )を使用して、ネットワークとクラスタの設定を変更したり、システムテストを実行したり、システムユーティリティを使用したりできます。

  • 組み込みの REST API UI (「 https://[mNode ip } /mnode 」)を使用して、プロキシサーバの設定、サービスレベルの更新、アセット管理などの管理ノードサービスに関連する API を実行したり、理解したりできます。

管理ノードのノード UI にアクセスします

ノード UI からは、ネットワークとクラスタの設定にアクセスし、システムのテストとユーティリティを利用できます。

手順
  1. 管理ノードのノード UI にアクセスするには、と入力します 管理ノードの IP アドレスに続けて: 442 を追加します

    https://[IP address]:442
    管理ノードのノード UI
  2. プロンプトが表示されたら、管理ノードのユーザ名とパスワードを入力します。

管理ノードの REST API UI にアクセスします

REST API UI からは、管理ノード上の管理サービスを制御するサービス関連 API のメニューにアクセスできます。

手順
  1. 管理サービスの REST API UI にアクセスするには、管理ノードの IP アドレスに「 /mnode 」を続けて入力します。

    https://[IP address]/mnode
    管理ノードの REST API UI
  2. 「 * Authorize * 」またはロックアイコンを選択し、 API を使用する権限を付与するクラスタ管理者のクレデンシャルを入力します。

詳細はこちら