日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタを MetroCluster 構成に設定

寄稿者 netapp-martyh netapp-thomi このページの PDF をダウンロード

クラスタをピアリングし、ルートアグリゲートをミラーリングし、ミラーリングされたデータアグリゲートを作成し、コマンドを問題して MetroCluster の処理を実装する必要があります。

自動ドライブ割り当ての無効化( ONTAP 9.4 で手動で割り当てを行う場合)

ONTAP 9.4 では、 MetroCluster IP 構成の各サイトに外付けストレージシェルフが 3 台以下しかない場合、すべてのノードで自動ドライブ割り当てを無効にし、ドライブを手動で割り当てる必要があります。

このタスクは ONTAP 9.5 以降では必要ありません。

このタスクは、内蔵シェルフおよび外付けシェルフのない AFF A800 システムには該当しません。

手順
  1. 自動ドライブ割り当てを無効にします。

    「 storage disk option modify -node node_name -autoassign off

  2. MetroCluster IP 構成のすべてのノードでこのコマンドを問題に設定する必要があります。

プール 0 ドライブのドライブ割り当てを確認しています

リモートドライブがノードに認識され、正しく割り当てられていることを確認する必要があります。

自動割り当ては、ストレージシステムのプラットフォームモデルとドライブシェルフの配置によって異なります。

手順
  1. プール 0 のドライブが自動的に割り当てられていることを確認します。

    「ディスクショー」

    次の例は、外付けシェルフがない AFF A800 システムの cluster_A についての出力を示しています。

    4 分の 1 ( 8 ドライブ)が「 node_A_1 」に自動的に割り当てられ、 4 分の 1 が「 node_A_2 」に自動的に割り当てられています。残りのドライブは、「 node_B_1 」と「 node_B_2 」のリモート(プール 1 )のドライブになります。

    cluster_A::*> disk show
                     Usable     Disk      Container           Container
    Disk             Size       Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    node_A_1:0n.12   1.75TB     0     12  SSD-NVM shared      aggr0     node_A_1
    node_A_1:0n.13   1.75TB     0     13  SSD-NVM shared      aggr0     node_A_1
    node_A_1:0n.14   1.75TB     0     14  SSD-NVM shared      aggr0     node_A_1
    node_A_1:0n.15   1.75TB     0     15  SSD-NVM shared      aggr0     node_A_1
    node_A_1:0n.16   1.75TB     0     16  SSD-NVM shared      aggr0     node_A_1
    node_A_1:0n.17   1.75TB     0     17  SSD-NVM shared      aggr0     node_A_1
    node_A_1:0n.18   1.75TB     0     18  SSD-NVM shared      aggr0     node_A_1
    node_A_1:0n.19   1.75TB     0     19  SSD-NVM shared      -         node_A_1
    node_A_2:0n.0    1.75TB     0     0   SSD-NVM shared      aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.1    1.75TB     0     1   SSD-NVM shared      aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.2    1.75TB     0     2   SSD-NVM shared      aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.3    1.75TB     0     3   SSD-NVM shared      aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.4    1.75TB     0     4   SSD-NVM shared      aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.5    1.75TB     0     5   SSD-NVM shared      aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.6    1.75TB     0     6   SSD-NVM shared      aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.7    1.75TB     0     7   SSD-NVM shared      -         node_A_2
    node_A_2:0n.24   -          0     24  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.25   -          0     25  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.26   -          0     26  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.27   -          0     27  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.28   -          0     28  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.29   -          0     29  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.30   -          0     30  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.31   -          0     31  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.36   -          0     36  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.37   -          0     37  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.38   -          0     38  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.39   -          0     39  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.40   -          0     40  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.41   -          0     41  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.42   -          0     42  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_A_2:0n.43   -          0     43  SSD-NVM unassigned  -         -
    32 entries were displayed.

    次の例は、 cluster_B についての出力を示しています。

    cluster_B::> disk show
                     Usable     Disk              Container   Container
    Disk             Size       Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    
    Info: This cluster has partitioned disks. To get a complete list of spare disk
    capacity use "storage aggregate show-spare-disks".
    node_B_1:0n.12   1.75TB     0     12  SSD-NVM shared      aggr0     node_B_1
    node_B_1:0n.13   1.75TB     0     13  SSD-NVM shared      aggr0     node_B_1
    node_B_1:0n.14   1.75TB     0     14  SSD-NVM shared      aggr0     node_B_1
    node_B_1:0n.15   1.75TB     0     15  SSD-NVM shared      aggr0     node_B_1
    node_B_1:0n.16   1.75TB     0     16  SSD-NVM shared      aggr0     node_B_1
    node_B_1:0n.17   1.75TB     0     17  SSD-NVM shared      aggr0     node_B_1
    node_B_1:0n.18   1.75TB     0     18  SSD-NVM shared      aggr0     node_B_1
    node_B_1:0n.19   1.75TB     0     19  SSD-NVM shared      -         node_B_1
    node_B_2:0n.0    1.75TB     0     0   SSD-NVM shared      aggr0_node_B_1_0 node_B_2
    node_B_2:0n.1    1.75TB     0     1   SSD-NVM shared      aggr0_node_B_1_0 node_B_2
    node_B_2:0n.2    1.75TB     0     2   SSD-NVM shared      aggr0_node_B_1_0 node_B_2
    node_B_2:0n.3    1.75TB     0     3   SSD-NVM shared      aggr0_node_B_1_0 node_B_2
    node_B_2:0n.4    1.75TB     0     4   SSD-NVM shared      aggr0_node_B_1_0 node_B_2
    node_B_2:0n.5    1.75TB     0     5   SSD-NVM shared      aggr0_node_B_1_0 node_B_2
    node_B_2:0n.6    1.75TB     0     6   SSD-NVM shared      aggr0_node_B_1_0 node_B_2
    node_B_2:0n.7    1.75TB     0     7   SSD-NVM shared      -         node_B_2
    node_B_2:0n.24   -          0     24  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.25   -          0     25  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.26   -          0     26  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.27   -          0     27  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.28   -          0     28  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.29   -          0     29  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.30   -          0     30  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.31   -          0     31  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.36   -          0     36  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.37   -          0     37  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.38   -          0     38  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.39   -          0     39  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.40   -          0     40  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.41   -          0     41  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.42   -          0     42  SSD-NVM unassigned  -         -
    node_B_2:0n.43   -          0     43  SSD-NVM unassigned  -         -
    32 entries were displayed.
    
    cluster_B::>

クラスタをピアリング

MetroCluster 構成内のクラスタが相互に通信し、 MetroCluster ディザスタリカバリに不可欠なデータミラーリングを実行できるようにするために、クラスタ間にはピア関係が必要です。

クラスタピアリング用のクラスタ間 LIF を設定しています

MetroCluster パートナークラスタ間の通信に使用するポートにクラスタ間 LIF を作成する必要があります。専用のポートを使用することも、データトラフィック用を兼ねたポートを使用することもできます。

専用ポートでのクラスタ間 LIF の設定

専用ポートにクラスタ間 LIF を設定できます。通常は、レプリケーショントラフィックに使用できる帯域幅が増加します。

手順
  1. クラスタ内のポートの一覧を表示します。

    「 network port show 」のように表示されます

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、「 cluster01 」内のネットワークポートを示しています。

    cluster01::> network port show
                                                                 Speed (Mbps)
    Node   Port      IPspace      Broadcast Domain Link   MTU    Admin/Oper
    ------ --------- ------------ ---------------- ----- ------- ------------
    cluster01-01
           e0a       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0b       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0c       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0d       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0e       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0f       Default      Default          up     1500   auto/1000
    cluster01-02
           e0a       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0b       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0c       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0d       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0e       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0f       Default      Default          up     1500   auto/1000
  2. クラスタ間通信専用に使用可能なポートを特定します。

    network interface show -fields home-port 、 curr -port

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、ポート e0e とポート e0f に LIF が割り当てられていないことを示しています。

    cluster01::> network interface show -fields home-port,curr-port
    vserver lif                  home-port curr-port
    ------- -------------------- --------- ---------
    Cluster cluster01-01_clus1   e0a       e0a
    Cluster cluster01-01_clus2   e0b       e0b
    Cluster cluster01-02_clus1   e0a       e0a
    Cluster cluster01-02_clus2   e0b       e0b
    cluster01
            cluster_mgmt         e0c       e0c
    cluster01
            cluster01-01_mgmt1   e0c       e0c
    cluster01
            cluster01-02_mgmt1   e0c       e0c
  3. 専用ポートのフェイルオーバーグループを作成します。

    「 network interface failover-groups create -vserver_system_svm 」 -failover-group_failover_group_ -targets_physical_or_logical_ports_`

    次の例は、ポート「 e0e 」と「 e0f 」を、システム「 SVMcluster01 」上のフェイルオーバーグループ「 intercluster01 」に割り当てます。

    cluster01::> network interface failover-groups create -vserver cluster01 -failover-group
    intercluster01 -targets
    cluster01-01:e0e,cluster01-01:e0f,cluster01-02:e0e,cluster01-02:e0f
  4. フェイルオーバーグループが作成されたことを確認します。

    「 network interface failover-groups show 」と表示されます

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    cluster01::> network interface failover-groups show
                                      Failover
    Vserver          Group            Targets
    ---------------- ---------------- --------------------------------------------
    Cluster
                     Cluster
                                      cluster01-01:e0a, cluster01-01:e0b,
                                      cluster01-02:e0a, cluster01-02:e0b
    cluster01
                     Default
                                      cluster01-01:e0c, cluster01-01:e0d,
                                      cluster01-02:e0c, cluster01-02:e0d,
                                      cluster01-01:e0e, cluster01-01:e0f
                                      cluster01-02:e0e, cluster01-02:e0f
                     intercluster01
                                      cluster01-01:e0e, cluster01-01:e0f
                                      cluster01-02:e0e, cluster01-02:e0f
  5. システム SVM にクラスタ間 LIF を作成して、フェイルオーバーグループに割り当てます。

    ONTAP バージョン

    コマンドを実行します

    9.6 以降

    「 network interface create -vserver system_svm _ -lif_lif_name_service-policy default -intercluster -home-node _-home-port _ -port_IP_address _port_ip-netmask netmask _ -failover-group _` 」のようになります

    9.5 以前

    「 network interface create -vserver_system_SVM_lif_lif_name — ロール intercluster -home-node node_name のクラスタ間ホームポートポート _port-address port_ip-netmask netmask_—​failover-group_failover_group_name 」

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、フェイルオーバーグループ「 intercluster01 」にクラスタ間 LIF 「 cluster01_icl01 」と「 cluster01_icl02 」を作成します。

    cluster01::> network interface create -vserver cluster01 -lif cluster01_icl01 -service-
    policy default-intercluster -home-node cluster01-01 -home-port e0e -address 192.168.1.201
    -netmask 255.255.255.0 -failover-group intercluster01
    
    cluster01::> network interface create -vserver cluster01 -lif cluster01_icl02 -service-
    policy default-intercluster -home-node cluster01-02 -home-port e0e -address 192.168.1.202
    -netmask 255.255.255.0 -failover-group intercluster01
  6. クラスタ間 LIF が作成されたことを確認します。

    * ONTAP 9.6 以降: *

    「 network interface show -service -policy default -intercluster 」のように表示されます

    * ONTAP 9.5 以前: *

    「 network interface show -role intercluster 」の略

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    cluster01::> network interface show -service-policy default-intercluster
                Logical    Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    cluster01
                cluster01_icl01
                           up/up      192.168.1.201/24   cluster01-01  e0e     true
                cluster01_icl02
                           up/up      192.168.1.202/24   cluster01-02  e0f     true
  7. クラスタ間 LIF が冗長構成になっていることを確認します。

    * ONTAP 9.6 以降: *

    「 network interface show -service -policy default -intercluster-failover 」のように入力します

    * ONTAP 9.5 以前: *

    「 network interface show -role intercluster-failover 」の略

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、「 SVM0e 」ポートのクラスタ間 LIF 「 cluster01_icl01 」と「 cluster01_icl02 」が「 e0f 」ポートにフェイルオーバーされることを示しています。

    cluster01::> network interface show -service-policy default-intercluster –failover
             Logical         Home                  Failover        Failover
    Vserver  Interface       Node:Port             Policy          Group
    -------- --------------- --------------------- --------------- --------
    cluster01
             cluster01_icl01 cluster01-01:e0e   local-only      intercluster01
                                Failover Targets:  cluster01-01:e0e,
                                                   cluster01-01:e0f
             cluster01_icl02 cluster01-02:e0e   local-only      intercluster01
                                Failover Targets:  cluster01-02:e0e,
                                                   cluster01-02:e0f

共有データポートでのクラスタ間 LIF の設定

データネットワークと共有するポートにクラスタ間 LIF を設定できます。これにより、クラスタ間ネットワークに必要なポート数を減らすことができます。

手順
  1. クラスタ内のポートの一覧を表示します。

    「 network port show 」のように表示されます

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、「 cluster01 」内のネットワークポートを示しています。

    cluster01::> network port show
                                                                 Speed (Mbps)
    Node   Port      IPspace      Broadcast Domain Link   MTU    Admin/Oper
    ------ --------- ------------ ---------------- ----- ------- ------------
    cluster01-01
           e0a       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0b       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0c       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0d       Default      Default          up     1500   auto/1000
    cluster01-02
           e0a       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0b       Cluster      Cluster          up     1500   auto/1000
           e0c       Default      Default          up     1500   auto/1000
           e0d       Default      Default          up     1500   auto/1000
  2. システム SVM にクラスタ間 LIF を作成します。

    * ONTAP 9.6 以降: *

    「 network interface create -vserver system_svm _ -lif_lif_name_service-policy default -intercluster -home-node _-home-port _ -address_port_ip-netmask_`

    * ONTAP 9.5 以前: *

    「 network interface create -vserver system_svm _ -lif LIF_name -role intercluster -home-node _node _-home-port _ -address_port_ip-netmask netmask _ 」のようになります

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、クラスタ間 LIF 「 cluster01_icl01 」と「 cluster01_icl02 」を作成します。

    cluster01::> network interface create -vserver cluster01 -lif cluster01_icl01 -service-
    policy default-intercluster -home-node cluster01-01 -home-port e0c -address 192.168.1.201
    -netmask 255.255.255.0
    
    cluster01::> network interface create -vserver cluster01 -lif cluster01_icl02 -service-
    policy default-intercluster -home-node cluster01-02 -home-port e0c -address 192.168.1.202
    -netmask 255.255.255.0
  3. クラスタ間 LIF が作成されたことを確認します。

    * ONTAP 9.6 以降: *

    「 network interface show -service -policy default -intercluster 」のように表示されます

    * ONTAP 9.5 以前: *

    「 network interface show -role intercluster 」の略

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    cluster01::> network interface show -service-policy default-intercluster
                Logical    Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    cluster01
                cluster01_icl01
                           up/up      192.168.1.201/24   cluster01-01  e0c     true
                cluster01_icl02
                           up/up      192.168.1.202/24   cluster01-02  e0c     true
  4. クラスタ間 LIF が冗長構成になっていることを確認します。

    * ONTAP 9.6 以降: *

    「 network interface show – service-policy default-intercluster-failover 」と表示されます

    * ONTAP 9.5 以前: *

    「 network interface show -role intercluster-failover 」の略

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、「 e0c 」ポート上のクラスタ間 LIF 「 cluster01_icl01 」と「 cluster01_icl02 」が「 e0d 」ポートにフェイルオーバーされることを示しています。

    cluster01::> network interface show -service-policy default-intercluster –failover
             Logical         Home                  Failover        Failover
    Vserver  Interface       Node:Port             Policy          Group
    -------- --------------- --------------------- --------------- --------
    cluster01
             cluster01_icl01 cluster01-01:e0c   local-only      192.168.1.201/24
                                Failover Targets: cluster01-01:e0c,
                                                  cluster01-01:e0d
             cluster01_icl02 cluster01-02:e0c   local-only      192.168.1.201/24
                                Failover Targets: cluster01-02:e0c,
                                                  cluster01-02:e0d

クラスタピア関係を作成

cluster peer create コマンドを使用すると、ローカルクラスタとリモートクラスタ間のピア関係を作成できます。ピア関係が作成されたら、リモートクラスタで cluster peer create を実行して、ローカルクラスタに対してピア関係を認証できます。

このタスクについて
  • ピア関係にあるクラスタ内の各ノードでクラスタ間 LIF を作成しておく必要があります。

  • クラスタで ONTAP 9.3 以降が実行されている必要があります。

手順
  1. デスティネーションクラスタで、ソースクラスタとのピア関係を作成します。

    cluster peer create -generate-passphrase -offer-expiration_mm/dd/YYYY HH : MM : SS|1…​7days | 1…​168hours_-peer-addrs_peer_lif_ips_-ipspace_ips_`

    「 -generate-passphrase 」と「 -peer-addrs 」の両方を指定した場合、生成されたパスワードを使用できるのは、「 -peer-addrs 」にクラスタ間 LIF が指定されているクラスタだけです。

    カスタム IPspace を使用しない場合は、 -ipspace オプションを無視してかまいません。コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、リモートクラスタを指定せずにクラスタピア関係を作成します。

    cluster02::> cluster peer create -generate-passphrase -offer-expiration 2days
    
                         Passphrase: UCa+6lRVICXeL/gq1WrK7ShR
                    Expiration Time: 6/7/2017 08:16:10 EST
      Initial Allowed Vserver Peers: -
                Intercluster LIF IP: 192.140.112.101
                  Peer Cluster Name: Clus_7ShR (temporary generated)
    
    Warning: make a note of the passphrase - it cannot be displayed again.
  2. ソースクラスタで、ソースクラスタをデスティネーションクラスタに対して認証します。

    'cluster peer create -peer-addrs_peer_lif_ips_-ipspace_`

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、クラスタ間 LIF の IP アドレス「 192.140.112.101 」および「 192.140.112.102 」でローカルクラスタをリモートクラスタに対して認証します。

    cluster01::> cluster peer create -peer-addrs 192.140.112.101,192.140.112.102
    
    Notice: Use a generated passphrase or choose a passphrase of 8 or more characters.
            To ensure the authenticity of the peering relationship, use a phrase or sequence of characters that would be hard to guess.
    
    Enter the passphrase:
    Confirm the passphrase:
    
    Clusters cluster02 and cluster01 are peered.

    プロンプトが表示されたら、ピア関係のパスフレーズを入力します。

  3. クラスタピア関係が作成されたことを確認します。

    「 cluster peer show -instance 」のように表示されます

    cluster01::> cluster peer show -instance
    
                                   Peer Cluster Name: cluster02
                       Remote Intercluster Addresses: 192.140.112.101, 192.140.112.102
                  Availability of the Remote Cluster: Available
                                 Remote Cluster Name: cluster2
                                 Active IP Addresses: 192.140.112.101, 192.140.112.102
                               Cluster Serial Number: 1-80-123456
                      Address Family of Relationship: ipv4
                Authentication Status Administrative: no-authentication
                   Authentication Status Operational: absent
                                    Last Update Time: 02/05 21:05:41
                        IPspace for the Relationship: Default
  4. ピア関係にあるノードの接続状態とステータスを確認します。

    cluster peer health show

    cluster01::> cluster peer health show
    Node       cluster-Name                Node-Name
                 Ping-Status               RDB-Health Cluster-Health  Avail…
    ---------- --------------------------- ---------  --------------- --------
    cluster01-01
               cluster02                   cluster02-01
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true
                                           cluster02-02
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true
    cluster01-02
               cluster02                   cluster02-01
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true
                                           cluster02-02
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true

DR グループを作成します

クラスタ間にディザスタリカバリ( DR )グループ関係を作成する必要があります。

この手順は、 MetroCluster 構成の一方のクラスタで実行します。これにより、両方のクラスタのノード間に DR 関係が作成されます。

注記
DR グループを作成したあとに DR 関係を変更することはできません。
MCC DR グループ 4 ノード
手順
  1. 各ノードで次のコマンドを入力して、 DR グループを作成する準備ができていることを確認します。

    MetroCluster の構成設定はステータスを表示します

    コマンドの出力に、ノードの準備が完了していることが示されます。

    cluster_A::> metrocluster configuration-settings show-status
    Cluster                    Node          Configuration Settings Status
    -------------------------- ------------- --------------------------------
    cluster_A                  node_A_1      ready for DR group create
                               node_A_2      ready for DR group create
    2 entries were displayed.
    cluster_B::> metrocluster configuration-settings show-status
    Cluster                    Node          Configuration Settings Status
    -------------------------- ------------- --------------------------------
    cluster_B                  node_B_1      ready for DR group create
                               node_B_2      ready for DR group create
    2 entries were displayed.
  2. DR グループを作成します。

    MetroCluster の構成設定 dr-group create -partner-cluster_partner-cluster-name_local-node-local-node-name-remote-node-remote_node-name_

    このコマンドは 1 回だけ実行します。パートナークラスタで繰り返す必要はありません。コマンドでは、リモートクラスタの名前、および 1 つのローカルノードとパートナークラスタの 1 つのノードの名前を指定します。

    指定した 2 つのノードが DR パートナーとして設定され、他の 2 つのノード(コマンドで指定していないノード)が DR グループの 2 つ目の DR ペアとして設定されます。このコマンドの入力後にこれらの関係を変更することはできません。

    次のコマンドでは、次の DR ペアが作成されます。

    • node_A_1 と node_B_1

    • Node_a_2 と Node_B_2

    Cluster_A::> metrocluster configuration-settings dr-group create -partner-cluster cluster_B -local-node node_A_1 -remote-node node_B_1
    [Job 27] Job succeeded: DR Group Create is successful.

MetroCluster IP インターフェイスの設定と接続

各ノードのストレージと不揮発性キャッシュのレプリケーションに使用する MetroCluster IP インターフェイスを設定する必要があります。その後、 MetroCluster IP インターフェイスを使用して接続を確立します。これにより、ストレージレプリケーション用の iSCSI 接続が作成されます。

このタスクについて
注記
MetroCluster の IP アドレスは初期設定後は変更できないため、慎重に選択する必要があります。
  • ノードごとに 2 つのインターフェイスを作成する必要があります。インターフェイスは、 MetroCluster RCF ファイルで定義されている VLAN に関連付ける必要があります。

  • すべての MetroCluster IP インターフェイス「 A 」ポートを同じ VLAN に作成し、すべての MetroCluster IP インターフェイス「 B 」ポートをもう一方の VLAN に作成する必要があります。を参照してください "MetroCluster IP 構成に関する考慮事項"

[+]

注記
  • ONTAP 9.8 以降では、特定のプラットフォームで MetroCluster IP インターフェイスに VLAN が使用されます。デフォルトでは、 2 つのポートでそれぞれ 10 と 20 の異なる VLAN が使用されます。また、 MetroCluster 設定設定インターフェイス create コマンドの「 -vlan-id 」パラメータを使用して、 100 ( 101 ~ 4095 )より大きい(デフォルト以外の) VLAN を指定することもできます。

  • ONTAP 9.9..1 以降では、レイヤ 3 設定を使用している場合、 MetroCluster IP インターフェイスを作成するときに -gateway パラメータも指定する必要があります。を参照してください "レイヤ 3 ワイドエリアネットワークに関する考慮事項"

+ 次のプラットフォームモデルでは VLAN を使用し、デフォルト以外の VLAN ID を設定できます。

[+]

AFF プラットフォーム

FAS プラットフォーム

  • AFF A220

  • AFF A250

  • AFF A400

  • FAS2750

  • FAS500f

  • FAS8300

  • FAS8700 の場合

この例では、次の IP アドレスとサブネットを使用しています。

ノード

インターフェイス

IP アドレス

サブネット

node_A_1

MetroCluster IP インターフェイス 1

10.1.1.1

10.1.1/24

MetroCluster IP インターフェイス 2

10.1.2.1

10.1.2/24

Node_a_2

MetroCluster IP インターフェイス 1

10.1.1.2

10.1.1/24

MetroCluster IP インターフェイス 2

10.1.2.2

10.1.2/24

node_B_1

MetroCluster IP インターフェイス 1

10.1.1.3 の場合

10.1.1/24

MetroCluster IP インターフェイス 2

10.1.2.3

10.1.2/24

node_B_2

MetroCluster IP インターフェイス 1

10.1.1.4

10.1.1/24

MetroCluster IP インターフェイス 2

10.1.2.4

10.1.2/24

次の表に示すように、 MetroCluster IP インターフェイスで使用される物理ポートはプラットフォームモデルによって異なります。

プラットフォームモデル

MetroCluster の IP ポート

VLAN ID

AFF A800

e0b

使用されません

e1b

AFF A700 および FAS9000

e5

e5b

AFF A400

e3a の場合

e3b

AFF A320

e0g

E0h

AFF A300 および FAS8200

E1A

e1b

AFF A220 および FAS2750

e0a

10.

このようなシステムでは、これらの物理ポートがクラスタインターフェイスとしても使用されます。

e0b

20

AFF A250 および FAS500f

e0c

10.

e0d

20

FAS8300 と FAS8700

e0c

e0d

この例で使用するポートは、 AFF A700 または FAS9000 システムの場合のものです。

手順
  1. 各ノードでディスクの自動割り当てが有効になっていることを確認します。

    「 storage disk option show 」をクリックします

    ディスクの自動割り当てでは、シェルフ単位でプール 0 とプール 1 のディスクが割り当てられます。

    Auto Assign 列は、ディスクの自動割り当てが有効になっているかどうかを示します。

    Node        BKg. FW. Upd.  Auto Copy   Auto Assign  Auto Assign Policy
    ----------  -------------  ----------  -----------  ------------------
    node_A_1             on           on           on           default
    node_A_2             on           on           on           default
    2 entries were displayed.
  2. ノードに MetroCluster IP インターフェイスを作成できることを確認します。

    MetroCluster の構成設定はステータスを表示します

    すべてのノードの準備が完了していることを確認

    Cluster       Node         Configuration Settings Status
    ----------    -----------  ---------------------------------
    cluster_A
                  node_A_1     ready for interface create
                  node_A_2     ready for interface create
    cluster_B
                  node_B_1     ready for interface create
                  node_B_2     ready for interface create
    4 entries were displayed.
  3. node_A_1 にインターフェイスを作成します。

    注記
    • 次の例では、ポートは AFF A700 または FAS9000 システム( e5a および e5b )に使用されています。上記の手順に従って、プラットフォームモデルに対応する正しいポートでインターフェイスを設定する必要があります。

    • ONTAP 9.9..1 以降では、レイヤ 3 設定を使用している場合、 MetroCluster IP インターフェイスを作成するときに -gateway パラメータも指定する必要があります。を参照してください "レイヤ 3 ワイドエリアネットワークに関する考慮事項"

    • MetroCluster IP インターフェイスの VLAN をサポートするプラットフォームモデルでは、デフォルトの VLAN ID を使用しない場合に -vlan-id パラメータを指定できます。

    1. 「 node_A_1 」のポート「 e5a 」にインターフェイスを設定します。

      MetroCluster の設定 - settings interface create -cluster-name_cluster-node-name-home_node_name -home-node e5a-address_ip-address_-netmask netmask_ `

      次の例は、「 node_A_1 」のポート「 e5a 」に IP アドレスが「 10.1.1.1 」のインターフェイスを作成する例を示しています。

      cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_A_1 -home-port e5a -address 10.1.1.1 -netmask 255.255.255.0
      [Job 28] Job succeeded: Interface Create is successful.
      cluster_A::>
    2. 「 node_A_1 」のポート「 e5b 」にインターフェイスを設定します。

      MetroCluster の構成設定インターフェイス create -cluster -cluster_name _ -home-node_name _ -home-port e5b -address IP_address -netmask netmask `

      次の例は、「 node_A_1 」のポート「 e5b 」に IP アドレスが「 10.1.2.1 」のインターフェイスを作成する例を示しています。

      cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_A_1 -home-port e5b -address 10.1.2.1 -netmask 255.255.255.0
      [Job 28] Job succeeded: Interface Create is successful.
      cluster_A::>
    注記
    これらのインターフェイスが存在することを確認するには、「 MetroCluster configurion-settings interface show 」コマンドを使用します。
  4. node_A_1 にインターフェイスを作成します。

    注記
    • 次の例では、ポートは AFF A700 または FAS9000 システム( e5a および e5b )に使用されています。上記の手順に従って、プラットフォームモデルに対応する正しいポートでインターフェイスを設定する必要があります。

    • ONTAP 9.9..1 以降では、レイヤ 3 設定を使用している場合、 MetroCluster IP インターフェイスを作成するときに -gateway パラメータも指定する必要があります。を参照してください "レイヤ 3 ワイドエリアネットワークに関する考慮事項"

    • MetroCluster IP インターフェイスの VLAN をサポートするプラットフォームモデルでは、デフォルトの VLAN ID を使用しない場合に -vlan-id パラメータを指定できます。

    1. 「 node_A_2 」のポート「 e5a 」にインターフェイスを設定します。

      MetroCluster の設定 - settings interface create -cluster-name_cluster-node-name-home_node_name -home-node e5a-address_ip-address_-netmask netmask_ `

      次の例は、「 node_A_2 」のポート「 e5a 」に IP アドレスが「 10.1.1.2 」のインターフェイスを作成する例を示しています。

      cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_A_2 -home-port e5a -address 10.1.1.2 -netmask 255.255.255.0
      [Job 28] Job succeeded: Interface Create is successful.
      cluster_A::>

      MetroCluster IP インターフェイスの VLAN をサポートするプラットフォームモデルでは、デフォルトの VLAN ID を使用しない場合に -vlan-id パラメータを指定できます。次の例は、 VLAN ID が 120 の AFF A220 システムに対するコマンドを示しています。

      cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_A_2 -home-port e0a -address 10.1.1.2 -netmask 255.255.255.0 -vlan-id 120
      [Job 28] Job succeeded: Interface Create is successful.
      cluster_A::>
    2. 「 node_A_2 」のポート「 e5b 」にインターフェイスを設定します。

      MetroCluster の構成設定インターフェイス create -cluster -cluster_name _ -home-node_name _ -home-port e5b -address IP_address -netmask netmask `

      次の例は、「 node_A_2 」のポート「 e5b 」に IP アドレスが「 10.1.2.2 」のインターフェイスを作成する例を示しています。

      cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_A_2 -home-port e5b -address 10.1.2.2 -netmask 255.255.255.0
      [Job 28] Job succeeded: Interface Create is successful.
      cluster_A::>

      MetroCluster IP インターフェイスの VLAN をサポートするプラットフォームモデルでは、デフォルトの VLAN ID を使用しない場合に -vlan-id パラメータを指定できます。次の例は、 VLAN ID が 220 の AFF A220 システムに対するコマンドを示しています。

    cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_A_2 -home-port e0b -address 10.1.2.2 -netmask 255.255.255.0 -vlan-id 220
    [Job 28] Job succeeded: Interface Create is successful.
    cluster_A::>
  5. 「 node_B_1 」にインターフェイスを作成します。

    注記
    • 次の例では、ポートは AFF A700 または FAS9000 システム( e5a および e5b )に使用されています。上記の手順に従って、プラットフォームモデルに対応する正しいポートでインターフェイスを設定する必要があります。

    • ONTAP 9.9..1 以降では、レイヤ 3 設定を使用している場合、 MetroCluster IP インターフェイスを作成するときに -gateway パラメータも指定する必要があります。を参照してください "レイヤ 3 ワイドエリアネットワークに関する考慮事項"

    • MetroCluster IP インターフェイスの VLAN をサポートするプラットフォームモデルでは、デフォルトの VLAN ID を使用しない場合に -vlan-id パラメータを指定できます。

    1. 「 node_B_1 」のポート「 e5a 」にインターフェイスを設定します。

      MetroCluster の設定 - settings interface create -cluster-name_cluster-node-name-home_node_name -home-node e5a-address_ip-address_-netmask netmask_ `

      次の例は、「 node_B_1 」のポート「 e5a 」に IP アドレスが「 10.1.1.3 」のインターフェイスを作成する例を示しています。

      cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_B_1 -home-port e5a -address 10.1.1.3 -netmask 255.255.255.0
      [Job 28] Job succeeded: Interface Create is successful.cluster_A::>
    2. 「 node_B_1 」のポート「 e5b 」にインターフェイスを設定します。

      MetroCluster の設定 - settings interface create -cluster-name_cluster-node-name-home_node_name -home-node e5a-address_ip-address_-netmask netmask_ `

      次の例は、「 node_B_1 」のポート「 e5b 」に IP アドレスが「 10.1.2.3 」のインターフェイスを作成する例を示しています。

    cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_B_1 -home-port e5b -address 10.1.2.3 -netmask 255.255.255.0
    [Job 28] Job succeeded: Interface Create is successful.cluster_A::>
  6. 「 node_B_2 」にインターフェイスを作成

    注記
    • 次の例では、ポートは AFF A700 または FAS9000 システム( e5a および e5b )に使用されています。上記の手順に従って、プラットフォームモデルに対応する正しいポートでインターフェイスを設定する必要があります。

    • ONTAP 9.9..1 以降では、レイヤ 3 設定を使用している場合、 MetroCluster IP インターフェイスを作成するときに -gateway パラメータも指定する必要があります。を参照してください "レイヤ 3 ワイドエリアネットワークに関する考慮事項"

    • MetroCluster IP インターフェイスの VLAN をサポートするプラットフォームモデルでは、デフォルトの VLAN ID を使用しない場合に -vlan-id パラメータを指定できます。

    1. node_B_2 のポート e5a でインターフェイスを設定します。

      MetroCluster の設定 - settings interface create -cluster-name_cluster-node-name-home_node_name -home-node e5a-address_ip-address_-netmask netmask_ `

      次の例は、「 node_B_2 」のポート「 e5a 」に IP アドレスが「 10.1.1.4 」のインターフェイスを作成する例を示しています。

      cluster_B::>metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_B -home-node node_B_2 -home-port e5a -address 10.1.1.4 -netmask 255.255.255.0
      [Job 28] Job succeeded: Interface Create is successful.cluster_A::>
    2. 「 node_B_2 」のポート「 e5b 」にインターフェイスを設定します。

      MetroCluster の構成設定インターフェイス create -cluster -cluster_name _ -home-node_name _ -home-port e5b -address IP_address -netmask netmask `

      次の例は、「 node_B_2 」のポート「 e5b 」に IP アドレスが「 10.1.2.4 」のインターフェイスを作成する例を示しています。

    cluster_B::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_B -home-node node_B_2 -home-port e5b -address 10.1.2.4 -netmask 255.255.255.0
    [Job 28] Job succeeded: Interface Create is successful.
    cluster_A::>
  7. インターフェイスが設定されたことを確認します。

    「 MetroCluster configurion-settings interface show 」を参照してください

    次に、各インターフェイスの設定状態が completed になっている例を示します。

    cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface show
    DR                                                              Config
    Group Cluster Node    Network Address Netmask         Gateway   State
    ----- ------- ------- --------------- --------------- --------- ----------
    1     cluster_A  node_A_1
                     Home Port: e5a
                          10.1.1.1     255.255.255.0   -         completed
                     Home Port: e5b
                          10.1.2.1     255.255.255.0   -         completed
                     node_A_2
                     Home Port: e5a
                          10.1.1.2     255.255.255.0   -         completed
                     Home Port: e5b
                          10.1.2.2     255.255.255.0   -         completed
          cluster_B  node_B_1
                     Home Port: e5a
                          10.1.1.3     255.255.255.0   -         completed
                     Home Port: e5b
                          10.1.2.3     255.255.255.0   -         completed
                     node_B_2
                     Home Port: e5a
                          10.1.1.4     255.255.255.0   -         completed
                     Home Port: e5b
                          10.1.2.4     255.255.255.0   -         completed
    8 entries were displayed.
    cluster_A::>
  8. ノードで MetroCluster インターフェイスの接続準備が完了していることを確認します。

    MetroCluster の構成設定はステータスを表示します

    次の例は、「 ready for connection 」状態のすべてのノードを示しています。

    Cluster       Node         Configuration Settings Status
    ----------    -----------  ---------------------------------
    cluster_A
                  node_A_1     ready for connection connect
                  node_A_2     ready for connection connect
    cluster_B
                  node_B_1     ready for connection connect
                  node_B_2     ready for connection connect
    4 entries were displayed.
  9. 接続を確立します MetroCluster 設定 - 接続接続接続

    このコマンドの問題実行後に IP アドレスを変更することはできません。

    次の例は、 cluster_A が正常に接続されたことを示しています。

    cluster_A::> metrocluster configuration-settings connection connect
    [Job 53] Job succeeded: Connect is successful.
    cluster_A::>
  10. 接続が確立されたことを確認します。

    MetroCluster の構成設定はステータスを表示します

    すべてのノードの構成設定ステータスが completed になっていることを確認します。

    Cluster       Node         Configuration Settings Status
    ----------    -----------  ---------------------------------
    cluster_A
                  node_A_1     completed
                  node_A_2     completed
    cluster_B
                  node_B_1     completed
                  node_B_2     completed
    4 entries were displayed.
  11. iSCSI 接続が確立されたことを確認します。

    1. advanced 権限レベルに切り替えます。

      「 advanced 」の権限が必要です

      アドバンス・モードに進むかどうかを確認するプロンプトが表示されたら 'y' で応答する必要があります advanced モードのプロンプト( *>` )が表示されます

    2. 接続を表示します。

      「 storage iscsi-initiator show 」のように表示されます

      ONTAP 9.5 を実行しているシステムでは、クラスタごとに 8 つの MetroCluster IP イニシエータが出力に表示されます。

      ONTAP 9.4 以前を実行しているシステムでは、各クラスタに MetroCluster IP イニシエータが 4 つあり、出力に表示されます。

      次の例は、 ONTAP 9.5 を実行しているクラスタの 8 つの MetroCluster IP イニシエータを示しています。

    cluster_A::*> storage iscsi-initiator show
    Node Type Label    Target Portal           Target Name                      Admin/Op
    ---- ---- -------- ------------------      -------------------------------- --------
    
    cluster_A-01
         dr_auxiliary
                  mccip-aux-a-initiator
                       10.227.16.113:65200     prod506.com.company:abab44       up/up
                  mccip-aux-a-initiator2
                       10.227.16.113:65200     prod507.com.company:abab44       up/up
                  mccip-aux-b-initiator
                       10.227.95.166:65200     prod506.com.company:abab44       up/up
                  mccip-aux-b-initiator2
                       10.227.95.166:65200     prod507.com.company:abab44       up/up
         dr_partner
                  mccip-pri-a-initiator
                       10.227.16.112:65200     prod506.com.company:cdcd88       up/up
                  mccip-pri-a-initiator2
                       10.227.16.112:65200     prod507.com.company:cdcd88       up/up
                  mccip-pri-b-initiator
                       10.227.95.165:65200     prod506.com.company:cdcd88       up/up
                  mccip-pri-b-initiator2
                       10.227.95.165:65200     prod507.com.company:cdcd88       up/up
    cluster_A-02
         dr_auxiliary
                  mccip-aux-a-initiator
                       10.227.16.112:65200     prod506.com.company:cdcd88       up/up
                  mccip-aux-a-initiator2
                       10.227.16.112:65200     prod507.com.company:cdcd88       up/up
                  mccip-aux-b-initiator
                       10.227.95.165:65200     prod506.com.company:cdcd88       up/up
                  mccip-aux-b-initiator2
                       10.227.95.165:65200     prod507.com.company:cdcd88       up/up
         dr_partner
                  mccip-pri-a-initiator
                       10.227.16.113:65200     prod506.com.company:abab44       up/up
                  mccip-pri-a-initiator2
                       10.227.16.113:65200     prod507.com.company:abab44       up/up
                  mccip-pri-b-initiator
                       10.227.95.166:65200     prod506.com.company:abab44       up/up
                  mccip-pri-b-initiator2
                       10.227.95.166:65200     prod507.com.company:abab44       up/up
    16 entries were displayed.
    1. admin 権限レベルに戻ります。

      「特権管理者」

  12. ノードで MetroCluster 構成の最終的な実装準備が完了していることを確認します。

    MetroCluster node show

    cluster_A::> metrocluster node show
    DR                               Configuration  DR
    Group Cluster Node               State          Mirroring Mode
    ----- ------- ------------------ -------------- --------- ----
    -     cluster_A
                  node_A_1           ready to configure -     -
                  node_A_2           ready to configure -     -
    2 entries were displayed.
    cluster_A::>
    cluster_B::> metrocluster node show
    DR                               Configuration  DR
    Group Cluster Node               State          Mirroring Mode
    ----- ------- ------------------ -------------- --------- ----
    -     cluster_B
                  node_B_1           ready to configure -     -
                  node_B_2           ready to configure -     -
    2 entries were displayed.
    cluster_B::>

プール 1 ドライブの割り当てを検証または手動で実行する

ストレージ構成に応じて、 MetroCluster IP 構成の各ノードのプール 1 のドライブ割り当てを確認するか、ドライブを手動で割り当てる必要があります。使用する手順は、使用する ONTAP のバージョンによって異なります。

構成タイプ

手順

自動ドライブ割り当ての要件を満たしているシステム、または ONTAP 9.3 を実行している工場出荷時の状態のシステム

3 台のシェルフ、またはそれ以上の 4 の倍数でない奇数個( 7 台など)のシェルフを含む、 ONTAP 9.5 を実行している構成。

各サイトにストレージシェルフが 4 台ない構成で ONTAP 9.4 を実行している

工場出荷時の状態ではないシステムで、工場出荷時に割り当てられたドライブが搭載された ONTAP 9.3 システムを実行しています。

プール 1 ディスクのディスク割り当てを確認しています

リモートディスクがノードに認識され、正しく割り当てられていることを確認する必要があります。

MetroCluster IP インタフェースと接続を MetroCluster configurion-settings connection connect コマンドで作成した後 ' ディスクの自動割り当てが完了するまで 10 分以上待つ必要があります

コマンドの出力には、ディスク名が: node-name : 0m.i1.0L1 の形式で表示されます

手順
  1. プール 1 のディスクが自動で割り当てられていることを確認します。

    「ディスクショー」

    次の出力は、外付けシェルフがない AFF A800 システムについての出力を示しています。

    ドライブの自動割り当てにより、 4 分の 1 ( 8 ドライブ)が「 node_A_1 」に、 4 分の 1 が「 node_A_2 」に割り当てられています。残りのドライブは、「 node_B_1 」と「 node_B_2 」のリモート(プール 1 )のディスクになります。

    cluster_B::> disk show -host-adapter 0m -owner node_B_2
                        Usable     Disk              Container   Container
    Disk                Size       Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ----------------    ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    node_B_2:0m.i0.2L4  894.0GB    0     29  SSD-NVM shared      -         node_B_2
    node_B_2:0m.i0.2L10 894.0GB    0     25  SSD-NVM shared      -         node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L3  894.0GB    0     28  SSD-NVM shared      -         node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L9  894.0GB    0     24  SSD-NVM shared      -         node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L11 894.0GB    0     26  SSD-NVM shared      -         node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L12 894.0GB    0     27  SSD-NVM shared      -         node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L15 894.0GB    0     30  SSD-NVM shared      -         node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L16 894.0GB    0     31  SSD-NVM shared      -         node_B_2
    8 entries were displayed.
    
    cluster_B::> disk show -host-adapter 0m -owner node_B_1
                        Usable     Disk              Container   Container
    Disk                Size       Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ----------------    ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    node_B_1:0m.i2.3L19 1.75TB     0     42  SSD-NVM shared      -         node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L20 1.75TB     0     43  SSD-NVM spare       Pool1     node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L23 1.75TB     0     40  SSD-NVM shared       -        node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L24 1.75TB     0     41  SSD-NVM spare       Pool1     node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L29 1.75TB     0     36  SSD-NVM shared       -        node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L30 1.75TB     0     37  SSD-NVM shared       -        node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L31 1.75TB     0     38  SSD-NVM shared       -        node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L32 1.75TB     0     39  SSD-NVM shared       -        node_B_1
    8 entries were displayed.
    
    cluster_B::> disk show
                        Usable     Disk              Container   Container
    Disk                Size       Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ----------------    ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    node_B_1:0m.i1.0L6  1.75TB     0     1   SSD-NVM shared      -         node_A_2
    node_B_1:0m.i1.0L8  1.75TB     0     3   SSD-NVM shared      -         node_A_2
    node_B_1:0m.i1.0L17 1.75TB     0     18  SSD-NVM shared      -         node_A_1
    node_B_1:0m.i1.0L22 1.75TB     0     17 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0m.i1.0L25 1.75TB     0     12 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0m.i1.2L2  1.75TB     0     5 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0m.i1.2L7  1.75TB     0     2 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0m.i1.2L14 1.75TB     0     7 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0m.i1.2L21 1.75TB     0     16 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0m.i1.2L27 1.75TB     0     14 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0m.i1.2L28 1.75TB     0     15 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0m.i2.1L1  1.75TB     0     4 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0m.i2.1L5  1.75TB     0     0 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0m.i2.1L13 1.75TB     0     6 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0m.i2.1L18 1.75TB     0     19 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0m.i2.1L26 1.75TB     0     13 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0m.i2.3L19 1.75TB     0 42 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L20 1.75TB     0 43 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L23 1.75TB     0 40 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L24 1.75TB     0 41 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L29 1.75TB     0 36 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L30 1.75TB     0 37 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L31 1.75TB     0 38 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_B_1:0m.i2.3L32 1.75TB     0 39 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_B_1:0n.12      1.75TB     0 12 SSD-NVM shared aggr0 node_B_1
    node_B_1:0n.13      1.75TB     0 13 SSD-NVM shared aggr0 node_B_1
    node_B_1:0n.14      1.75TB     0 14 SSD-NVM shared aggr0 node_B_1
    node_B_1:0n.15      1.75TB 0 15 SSD-NVM shared aggr0 node_B_1
    node_B_1:0n.16      1.75TB 0 16 SSD-NVM shared aggr0 node_B_1
    node_B_1:0n.17      1.75TB 0 17 SSD-NVM shared aggr0 node_B_1
    node_B_1:0n.18      1.75TB 0 18 SSD-NVM shared aggr0 node_B_1
    node_B_1:0n.19      1.75TB 0 19 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_B_1:0n.24      894.0GB 0 24 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0n.25      894.0GB 0 25 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0n.26      894.0GB 0 26 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0n.27      894.0GB 0 27 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0n.28      894.0GB 0 28 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0n.29      894.0GB 0 29 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0n.30      894.0GB 0 30 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0n.31      894.0GB 0 31 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_B_1:0n.36      1.75TB 0 36 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0n.37      1.75TB 0 37 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0n.38      1.75TB 0 38 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0n.39      1.75TB 0 39 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0n.40      1.75TB 0 40 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0n.41      1.75TB 0 41 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0n.42      1.75TB 0 42 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_1:0n.43      1.75TB 0 43 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_B_2:0m.i0.2L4  894.0GB 0 29 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_B_2:0m.i0.2L10 894.0GB 0 25 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L3  894.0GB 0 28 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L9  894.0GB 0 24 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L11 894.0GB 0 26 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L12 894.0GB 0 27 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L15 894.0GB 0 30 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_B_2:0m.i0.3L16 894.0GB 0 31 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_B_2:0n.0       1.75TB 0 0 SSD-NVM shared aggr0_rha12_b1_cm_02_0 node_B_2
    node_B_2:0n.1 1.75TB 0 1 SSD-NVM shared aggr0_rha12_b1_cm_02_0 node_B_2
    node_B_2:0n.2 1.75TB 0 2 SSD-NVM shared aggr0_rha12_b1_cm_02_0 node_B_2
    node_B_2:0n.3 1.75TB 0 3 SSD-NVM shared aggr0_rha12_b1_cm_02_0 node_B_2
    node_B_2:0n.4 1.75TB 0 4 SSD-NVM shared aggr0_rha12_b1_cm_02_0 node_B_2
    node_B_2:0n.5 1.75TB 0 5 SSD-NVM shared aggr0_rha12_b1_cm_02_0 node_B_2
    node_B_2:0n.6 1.75TB 0 6 SSD-NVM shared aggr0_rha12_b1_cm_02_0 node_B_2
    node_B_2:0n.7 1.75TB 0 7 SSD-NVM shared - node_B_2
    64 entries were displayed.
    
    cluster_B::>
    
    
    cluster_A::> disk show
    Usable Disk Container Container
    Disk Size Shelf Bay Type Type Name Owner
    ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    node_A_1:0m.i1.0L2 1.75TB 0 5 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0m.i1.0L8 1.75TB 0 3 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0m.i1.0L18 1.75TB 0 19 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0m.i1.0L25 1.75TB 0 12 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0m.i1.0L27 1.75TB 0 14 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0m.i1.2L1 1.75TB 0 4 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0m.i1.2L6 1.75TB 0 1 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0m.i1.2L7 1.75TB 0 2 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0m.i1.2L14 1.75TB 0 7 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0m.i1.2L17 1.75TB 0 18 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0m.i1.2L22 1.75TB 0 17 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0m.i2.1L5 1.75TB 0 0 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0m.i2.1L13 1.75TB 0 6 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0m.i2.1L21 1.75TB 0 16 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0m.i2.1L26 1.75TB 0 13 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0m.i2.1L28 1.75TB 0 15 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0m.i2.3L19 1.75TB 0 42 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_A_1:0m.i2.3L20 1.75TB 0 43 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_A_1:0m.i2.3L23 1.75TB 0 40 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_A_1:0m.i2.3L24 1.75TB 0 41 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_A_1:0m.i2.3L29 1.75TB 0 36 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_A_1:0m.i2.3L30 1.75TB 0 37 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_A_1:0m.i2.3L31 1.75TB 0 38 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_A_1:0m.i2.3L32 1.75TB 0 39 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_A_1:0n.12 1.75TB 0 12 SSD-NVM shared aggr0 node_A_1
    node_A_1:0n.13 1.75TB 0 13 SSD-NVM shared aggr0 node_A_1
    node_A_1:0n.14 1.75TB 0 14 SSD-NVM shared aggr0 node_A_1
    node_A_1:0n.15 1.75TB 0 15 SSD-NVM shared aggr0 node_A_1
    node_A_1:0n.16 1.75TB 0 16 SSD-NVM shared aggr0 node_A_1
    node_A_1:0n.17 1.75TB 0 17 SSD-NVM shared aggr0 node_A_1
    node_A_1:0n.18 1.75TB 0 18 SSD-NVM shared aggr0 node_A_1
    node_A_1:0n.19 1.75TB 0 19 SSD-NVM shared - node_A_1
    node_A_1:0n.24 894.0GB 0 24 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0n.25 894.0GB 0 25 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0n.26 894.0GB 0 26 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0n.27 894.0GB 0 27 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0n.28 894.0GB 0 28 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0n.29 894.0GB 0 29 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0n.30 894.0GB 0 30 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0n.31 894.0GB 0 31 SSD-NVM shared - node_B_2
    node_A_1:0n.36 1.75TB 0 36 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0n.37 1.75TB 0 37 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0n.38 1.75TB 0 38 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0n.39 1.75TB 0 39 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0n.40 1.75TB 0 40 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0n.41 1.75TB 0 41 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0n.42 1.75TB 0 42 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_1:0n.43 1.75TB 0 43 SSD-NVM shared - node_B_1
    node_A_2:0m.i2.3L3 894.0GB 0 28 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_A_2:0m.i2.3L4 894.0GB 0 29 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_A_2:0m.i2.3L9 894.0GB 0 24 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_A_2:0m.i2.3L10 894.0GB 0 25 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_A_2:0m.i2.3L11 894.0GB 0 26 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_A_2:0m.i2.3L12 894.0GB 0 27 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_A_2:0m.i2.3L15 894.0GB 0 30 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_A_2:0m.i2.3L16 894.0GB 0 31 SSD-NVM shared - node_A_2
    node_A_2:0n.0 1.75TB 0 0 SSD-NVM shared aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.1 1.75TB 0 1 SSD-NVM shared aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.2 1.75TB 0 2 SSD-NVM shared aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.3 1.75TB 0 3 SSD-NVM shared aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.4 1.75TB 0 4 SSD-NVM shared aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.5 1.75TB 0 5 SSD-NVM shared aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.6 1.75TB 0 6 SSD-NVM shared aggr0_node_A_2_0 node_A_2
    node_A_2:0n.7 1.75TB 0 7 SSD-NVM shared - node_A_2
    64 entries were displayed.
    
    cluster_A::>

プール 1 のドライブの手動割り当て( ONTAP 9.4 以降)

工場出荷時に事前設定されておらず、自動ドライブ割り当ての要件を満たしていないシステムでは、リモートのプール 1 ドライブを手動で割り当てる必要があります。

この手順環境構成は ONTAP 9.4 以降を実行しています。

手動でディスクを割り当てる必要があるかどうかの詳細については、を参照してください "ONTAP 9.4 以降での自動ドライブ割り当てと ADP システムに関する考慮事項"

外付けシェルフがサイトごとに 2 台しかない場合は、次の例に示すように、各サイトのプール 1 で同じシェルフのドライブを共有する必要があります。

  • node_A_1 に site_B-shelf_2 (リモート)のベイ 0~11 のドライブを割り当て

  • node_A_2 に site_B-shelf_2 (リモート)のベイ 12~23 のドライブを割り当て

手順
  1. MetroCluster IP 構成の各ノードで、リモートドライブをプール 1 に割り当てます。

    1. 未割り当てドライブのリストを表示します。

      「 Disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned 」

      cluster_A::> disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned
                           Usable           Disk    Container   Container
      Disk                   Size Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
      ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
      6.23.0                    -    23   0 SSD     unassigned  -         -
      6.23.1                    -    23   1 SSD     unassigned  -         -
      .
      .
      .
      node_A_2:0m.i1.2L51       -    21  14 SSD     unassigned  -         -
      node_A_2:0m.i1.2L64       -    21  10 SSD     unassigned  -         -
      .
      .
      .
      48 entries were displayed.
      
      cluster_A::>
    2. リモートドライブ( 0m )の所有権を最初のノード(例: node_A_1 )のプール 1 に割り当てます。

      「 disk assign -disk disk_disk-id 」 -pool 1 -owner_owner-node-name_ 」のようになります

      「 disk-id 」は、「 owner-node-name 」のリモートシェルフ上のドライブを識別する必要があります。

    3. ドライブがプール 1 に割り当てられたことを確認します。

      「 Disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned 」

      注記
      リモートドライブへのアクセスに使用される iSCSI 接続は、デバイス「 0m 」と表示されます。

      次の出力では、シェルフ 23 のドライブが割り当てられ、未割り当てドライブのリストに表示されていません。

    cluster_A::> disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned
                         Usable           Disk    Container   Container
    Disk                   Size Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    node_A_2:0m.i1.2L51       -    21  14 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L64       -    21  10 SSD     unassigned  -         -
    .
    .
    .
    node_A_2:0m.i2.1L90       -    21  19 SSD     unassigned  -         -
    24 entries were displayed.
    
    cluster_A::>
    1. 同じ手順を繰り返して、サイト A の 2 つ目のノード(「 Node_a_2 」など)にプール 1 のドライブを割り当てます。

    2. サイト B で同じ手順を繰り返します

プール 1 のディスクの手動割り当て( ONTAP 9.3 )

各ノードにディスクシェルフが複数ある場合は、 ONTAP の自動割り当て機能を使用してリモート(プール 1 )のディスクを自動的に割り当てます。

最初に、シェルフのディスクを 1 つプール 1 に割り当てる必要があります。シェルフの残りのディスクは ONTAP によって同じプールに自動的に割り当てられます。

これは、 ONTAP 9.3 を実行している手順環境構成です。

この手順は、各ノードにディスクシェルフが少なくとも 2 台あり、それによってシェルフレベルでディスクの自動割り当てが可能な場合にのみ使用できます。

シェルフレベルの自動割り当てを使用できない場合は、リモートディスクを手動で割り当てて、各ノードにディスクのリモートプール(プール 1 )を構成する必要があります。

ONTAP の自動ディスク割り当て機能は、シェルフ単位でディスクを割り当てます。例:

  • site_B-shelf_2 のすべてのディスクが node_A_1 のプール 1 に自動的に割り当てられます

  • site_B-shelf_2 のすべてのディスクが node_B_2 のプール 1 に自動的に割り当てられます

  • site_A-shelf_2 のすべてのディスクが node_B_1 のプール 1 に自動的に割り当てられます

  • site_A-shelf_2 のすべてのディスクが node_B_2 のプール 1 に自動的に割り当てられます

各シェルフでディスクを 1 つ指定して、自動割り当てを「開始」する必要があります。

手順
  1. MetroCluster IP 構成の各ノードで、リモートディスクを 1 つプール 1 に割り当てます。

    1. 未割り当てディスクのリストを表示します。

      「 Disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned 」

      cluster_A::> disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned
                           Usable           Disk    Container   Container
      Disk                   Size Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
      ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
      6.23.0                    -    23   0 SSD     unassigned  -         -
      6.23.1                    -    23   1 SSD     unassigned  -         -
      .
      .
      .
      node_A_2:0m.i1.2L51       -    21  14 SSD     unassigned  -         -
      node_A_2:0m.i1.2L64       -    21  10 SSD     unassigned  -         -
      .
      .
      .
      48 entries were displayed.
      
      cluster_A::>
    2. リモートディスク( 0m )を選択し、ディスクの所有権を最初のノード(「 node_A_1 」など)のプール 1 に割り当てます。

      「 disk assign -disk disk_disk-id 」 -pool 1 -owner_owner-node-name_ 」のようになります

      「 disk-id 」は、「 owner-node-name 」のリモートシェルフ上のディスクを識別する必要があります。

      ONTAP ディスクの自動割り当て機能により、指定したディスクを含むリモートシェルフのすべてのディスクが割り当てられます。

    3. ディスクの自動割り当てが開始されるまで少なくとも 60 秒待ってから、シェルフのリモートディスクがプール 1 に自動的に割り当てられたことを確認します。

      「 Disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned 」

      注記
      リモートディスクへのアクセスに使用される iSCSI 接続は、デバイス「 0m 」と表示されます。

      次の出力は、シェルフ 23 のディスクが割り当てられ、表示されていないことを示しています。

    cluster_A::> disk show -host-adapter 0m -container-type unassigned
                         Usable           Disk    Container   Container
    Disk                   Size Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    node_A_2:0m.i1.2L51       -    21  14 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L64       -    21  10 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L72       -    21  23 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L74       -    21   1 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L83       -    21  22 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.2L90       -    21   7 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L52       -    21   6 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L59       -    21  13 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L66       -    21  17 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L73       -    21  12 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L80       -    21   5 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L81       -    21   2 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L82       -    21  16 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i1.3L91       -    21   3 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.0L49       -    21  15 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.0L50       -    21   4 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L57       -    21  18 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L58       -    21  11 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L59       -    21  21 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L65       -    21  20 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L72       -    21   9 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L80       -    21   0 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L88       -    21   8 SSD     unassigned  -         -
    node_A_2:0m.i2.1L90       -    21  19 SSD     unassigned  -         -
    24 entries were displayed.
    
    cluster_A::>
    1. 同じ手順を繰り返して、サイト A の 2 つ目のノード(「 Node_a_2 」など)にプール 1 のディスクを割り当てます。

    2. サイト B で同じ手順を繰り返します

ONTAP 9.4 での自動ドライブ割り当ての有効化

ONTAP 9.4 で手順は、自動ドライブ割り当てを前述の手順に従って無効にした場合、すべてのノードで再度有効にする必要があります。

手順
  1. 自動ドライブ割り当てを有効にします。

    「 storage disk option modify -node node_name -autoassign on

    このコマンドは、 MetroCluster IP 構成のすべてのノードで問題設定する必要があります。

ルートアグリゲートをミラーリング

データ保護を提供するには、ルートアグリゲートをミラーする必要があります。

デフォルトでは、ルートアグリゲートは RAID-DP タイプのアグリゲートとして作成されます。ルートアグリゲートのタイプは RAID-DP から RAID4 に変更することができます。次のコマンドは、ルートアグリゲートを RAID4 タイプのアグリゲートに変更します。

「 storage aggregate modify – aggregate_name _raidtype raid4 」と表示されます

注記
ADP 以外のシステムでは、ミラーリングの実行前後に、アグリゲートの RAID タイプをデフォルトの RAID-DP から RAID4 に変更できます。
手順
  1. ルートアグリゲートをミラーします。

    「 storage aggregate mirror _aggr_name _ 」のようになります

    次のコマンドでは、「 controller_A_1 」のルートアグリゲートがミラーされます。

    controller_A_1::> storage aggregate mirror aggr0_controller_A_1

    これによりアグリゲートがミラーされるため、ローカルのプレックスとリモートのプレックスがリモートの MetroCluster サイトに配置されたアグリゲートが作成されます。

  2. MetroCluster 構成の各ノードについて、同じ手順を繰り返します。

各ノードでミラーされたデータアグリゲートを作成します

DR グループの各ノードに、ミラーされたデータアグリゲートを 1 つ作成する必要があります。

このタスクについて
  • 新しいアグリゲートで使用するドライブを把握しておく必要があります。

  • 複数のドライブタイプを含むシステム(異機種混在ストレージ)の場合は、正しいドライブタイプが選択されるようにする方法を確認しておく必要があります。

  • ドライブは特定のノードによって所有されます。アグリゲートを作成する場合、アグリゲート内のすべてのドライブは同じノードによって所有される必要があります。そのノードが、作成するアグリゲートのホームノードになります。

    ADP を使用するシステムではパーティションを使用してアグリゲートが作成され、各ドライブがパーティション P1 、 P2 、 P3 に分割されます。

  • アグリゲート名は、 MetroCluster 構成を計画する際に決定した命名規則に従う必要があります。

手順
  1. 使用可能なスペアのリストを表示します。

    「 storage disk show -spare -owner node_name 」という名前になります

  2. アグリゲートを作成します。

    「 storage aggregate create -mirror true 」のようになります

    クラスタ管理インターフェイスでクラスタにログインした場合、クラスタ内の任意のノードにアグリゲートを作成できます。アグリゲートを特定のノード上に作成するには、「 -node 」パラメータを使用するか、そのノードが所有するドライブを指定します。

    次のオプションを指定できます。

    • アグリゲートのホームノード(通常運用時にアグリゲートを所有するノード)

    • アグリゲートに追加するドライブのリスト

    • 追加するドライブ数

      注記
      使用できるドライブ数が限られている最小サポート構成では、 force-small-aggregate オプションを使用して、 3 ディスクの RAID-DP アグリゲートを作成できるように設定する必要があります。
    • アグリゲートに使用するチェックサム形式

    • 使用するドライブのタイプ

    • 使用するドライブのサイズ

    • 使用するドライブの速度

    • アグリゲート上の RAID グループの RAID タイプ

    • RAID グループに含めることができるドライブの最大数

    • これらのオプションの詳細については、 storage aggregate create のマニュアルページを参照してください。

      次のコマンドでは、 10 本のディスクを含むミラーアグリゲートが作成されます。

      [+]

    cluster_A::> storage aggregate create aggr1_node_A_1 -diskcount 10 -node node_A_1 -mirror true
    [Job 15] Job is queued: Create aggr1_node_A_1.
    [Job 15] The job is starting.
    [Job 15] Job succeeded: DONE
  3. 新しいアグリゲートの RAID グループとドライブを確認します。

    「 storage aggregate show-status -aggregate _aggregate-name _ 」を参照してください

MetroCluster 構成の実装

MetroCluster 構成でデータ保護を開始するに MetroCluster は 'data configure コマンドを実行する必要があります

このタスクについて
  • ルート以外のミラーされたデータアグリゲートが各クラスタに少なくとも 2 つ必要です。

    これは「 storage aggregate show 」コマンドで確認できます。

    注記
    ミラーされた単一のデータアグリゲートを使用する場合は、を参照してください 手順 1. 手順については、を参照し
  • コントローラおよびシャーシの ha-config の状態が「 mccip 」である必要があります。

MetroCluster 構成を有効にするには ' 任意のノードで MetroCluster configure コマンドを 1 回実行します問題サイトごとまたはノードごとにコマンドを問題で実行する必要はありません。また、問題するノードまたはサイトはどれでもかまいません。

MetroCluster configure コマンドを実行すると '2 つのクラスタそれぞれのシステム ID が最も小さい 2 つのノードが 'DR (災害復旧)パートナーとして自動的にペア設定されます4 ノード MetroCluster 構成の場合は、 DR パートナーのペアは 2 組になります。2 つ目の DR ペアは、システム ID が大きい 2 つのノードで作成されます。

手順
  1. 次の形式で MetroCluster を構成します。

    MetroCluster 構成の内容

    操作

    複数のデータアグリゲート

    いずれかのノードのプロンプトで、 MetroCluster を設定します。

    MetroCluster configure_node-name_` です

    ミラーされた 1 つのデータアグリゲート

    1. いずれかのノードのプロンプトで、 advanced 権限レベルに切り替えます。

      「 advanced 」の権限が必要です

      advanced モードで続行するかどうかを尋ねられたら、「 y 」と入力して応答する必要があります。 advanced モードのプロンプト( * > )が表示されます。

    2. MetroCluster に -allow-with-one-aggregate true パラメータを設定します。

      「 MetroCluster configure -allow-with-one-aggregate true_node-name_` 」

    3. admin 権限レベルに戻ります。

      「特権管理者」

    注記
    複数のデータアグリゲートを使用することを推奨します。最初の DR グループにアグリゲートが 1 つしかなく、 1 つのアグリゲートを含む DR グループを追加する場合は、メタデータボリュームを単一のデータアグリゲートから移動する必要があります。この手順の詳細については、を参照してください "MetroCluster 構成でのメタデータボリュームの移動"

    次のコマンドは、「 controller_A_1 」を含む DR グループのすべてのノードで MetroCluster 構成を有効にします。

    cluster_A::*> metrocluster configure -node-name controller_A_1
    
    [Job 121] Job succeeded: Configure is successful.
  2. サイト A のネットワークステータスを確認します。

    「 network port show 」のように表示されます

    次の例は、 4 ノード MetroCluster 構成でのネットワークポートの用途を示しています。

    cluster_A::> network port show
                                                              Speed (Mbps)
    Node   Port      IPspace   Broadcast Domain Link   MTU    Admin/Oper
    ------ --------- --------- ---------------- ----- ------- ------------
    controller_A_1
           e0a       Cluster   Cluster          up     9000  auto/1000
           e0b       Cluster   Cluster          up     9000  auto/1000
           e0c       Default   Default          up     1500  auto/1000
           e0d       Default   Default          up     1500  auto/1000
           e0e       Default   Default          up     1500  auto/1000
           e0f       Default   Default          up     1500  auto/1000
           e0g       Default   Default          up     1500  auto/1000
    controller_A_2
           e0a       Cluster   Cluster          up     9000  auto/1000
           e0b       Cluster   Cluster          up     9000  auto/1000
           e0c       Default   Default          up     1500  auto/1000
           e0d       Default   Default          up     1500  auto/1000
           e0e       Default   Default          up     1500  auto/1000
           e0f       Default   Default          up     1500  auto/1000
           e0g       Default   Default          up     1500  auto/1000
    14 entries were displayed.
  3. MetroCluster 構成の両方のサイトから MetroCluster 構成を確認します。

    1. サイト A から構成を確認します。

      「 MetroCluster show 」

      cluster_A::> metrocluster show
      
      Configuration: IP fabric
      
      Cluster                   Entry Name          State
      ------------------------- ------------------- -----------
       Local: cluster_A         Configuration state configured
                                Mode                normal
      Remote: cluster_B         Configuration state configured
                                Mode                normal
    2. サイト B から構成を確認します。

      「 MetroCluster show 」

    cluster_B::> metrocluster show
    
    Configuration: IP fabric
    
    Cluster                   Entry Name          State
    ------------------------- ------------------- -----------
     Local: cluster_B         Configuration state configured
                              Mode                normal
    Remote: cluster_A         Configuration state configured
                              Mode                normal
  4. 不揮発性メモリミラーリングの問題を回避するには、 4 つのノードのそれぞれをリブートします。

    node reboot -node node_name -inhibit-takeover true を指定します

  5. 構成を再度確認するには ' 両方のクラスタ上で MetroCluster show コマンドを実行します問題

8 ノード構成での 2 つ目の DR グループの設定

同じ手順を繰り返して、 2 つ目の DR グループのノードを設定します。

ミラーされていないデータアグリゲートの作成

MetroCluster 構成が提供する冗長なミラーリングを必要としないデータについては、必要に応じてミラーされていないデータアグリゲートを作成できます。

このタスクについて
  • 新しいアグリゲートで使用するドライブまたはアレイ LUN を把握しておきます。

  • 複数のドライブタイプを含むシステム(異機種混在ストレージ)の場合は、正しいドライブタイプが選択されていることを確認する方法を理解しておく必要があります。

重要
MetroCluster IP 構成では、スイッチオーバー後にミラーされていないリモートアグリゲートにアクセスできません
注記
ミラーされていないアグリゲートは、そのアグリゲートを所有するノードに対してローカルでなければなりません。
  • ドライブとアレイ LUN は特定のノードによって所有されます。アグリゲートを作成する場合、アグリゲート内のすべてのドライブは同じノードによって所有される必要があります。そのノードが、作成するアグリゲートのホームノードになります。

  • アグリゲート名は、 MetroCluster 構成を計画する際に決定した命名規則に従う必要があります。

  • アグリゲートのミラーリングの詳細については、ディスクとアグリゲートパワーガイドを参照してください。

手順
  1. ミラーされていないアグリゲートの導入を

    MetroCluster modify -enable -ミラー されていない -aggr-deployment true

  2. ディスクの自動割り当てが無効になったことを確認します。

    「ディスクオプション表示」

  3. ミラーされていないアグリゲートを格納するディスクシェルフを設置してケーブル接続します。

    使用するプラットフォームとディスクシェルフに対応した設置とセットアップのドキュメントに記載されている手順を使用できます。

  4. 新しいシェルフのすべてのディスクを適切なノードに手動で割り当てます。

    「 disk assign -disk disk_disk-id 」 -owner_owner-node-name_`

  5. アグリゲートを作成します。

    「 storage aggregate create 」

    クラスタ管理インターフェイスでクラスタにログインした場合、クラスタ内の任意のノードにアグリゲートを作成できます。特定のノードにアグリゲートが作成されたことを確認するには、 -node パラメータを使用するか、そのノードが所有するドライブを指定します。

    また、ミラーされていないシェルフのドライブだけをアグリゲートに追加する必要があります。

    次のオプションを指定できます。

    • アグリゲートのホームノード(通常運用時にアグリゲートを所有するノード)

    • アグリゲートに追加するドライブまたはアレイ LUN のリスト

    • 追加するドライブ数

    • アグリゲートに使用するチェックサム形式

    • 使用するドライブのタイプ

    • 使用するドライブのサイズ

    • 使用するドライブの速度

    • アグリゲート上の RAID グループの RAID タイプ

    • RAID グループに含めることができるドライブまたはアレイ LUN の最大数

    • RPM の異なるドライブが許可されるかどうか

      これらのオプションの詳細については、 storage aggregate create のマニュアルページを参照してください。

      次のコマンドでは、 10 本のディスクを含むミラーされていないアグリゲートが作成さ

    controller_A_1::> storage aggregate create aggr1_controller_A_1 -diskcount 10 -node controller_A_1
    [Job 15] Job is queued: Create aggr1_controller_A_1.
    [Job 15] The job is starting.
    [Job 15] Job succeeded: DONE
  6. 新しいアグリゲートの RAID グループとドライブを確認します。

    「 storage aggregate show-status -aggregate _aggregate-name _ 」を参照してください

  7. ミラーされていないアグリゲートの導入を

    MetroCluster modify -enable -ミラー されていない -aggr-deployment false

  8. ディスク自動割り当てが有効になっていることを確認します。

    「ディスクオプション表示」

MetroCluster の設定を確認しています

MetroCluster 構成内のコンポーネントおよび関係が正しく機能していることを確認できます。

チェックは、初期設定後と、 MetroCluster 設定に変更を加えたあとに実施する必要があります。

また、ネゴシエート(計画的)スイッチオーバーやスイッチバックの処理の前にも実施します。

いずれかまたは両方のクラスタに対して短時間に MetroCluster check run コマンドを 2 回発行すると ' 競合が発生し ' コマンドがすべてのデータを収集しない場合がありますそれ以降の「 MetroCluster check show 」コマンドでは、期待される出力が表示されません。

手順
  1. 構成を確認します。

    「 MetroCluster check run 」のようになります

    このコマンドはバックグラウンドジョブとして実行され、すぐに完了しない場合があります。

    cluster_A::> metrocluster check run
    The operation has been started and is running in the background. Wait for
    it to complete and run "metrocluster check show" to view the results. To
    check the status of the running metrocluster check operation, use the command,
    "metrocluster operation history show -job-id 2245"
    cluster_A::> metrocluster check show
    Last Checked On: 9/13/2018 20:41:37
    
    Component           Result
    ------------------- ---------
    nodes               ok
    lifs                ok
    config-replication  ok
    aggregates          ok
    clusters            ok
    connections         ok
    6 entries were displayed.
  2. 最新の MetroCluster check run コマンドから、より詳細な結果を表示します。

    MetroCluster check aggregate show

    MetroCluster check cluster show

    MetroCluster check config-replication show

    MetroCluster check lif show

    MetroCluster check node show

    注記
    「 MetroCluster check show 」コマンドは、最新の「 MetroCluster check run 」コマンドの結果を表示します。MetroCluster check show コマンドを使用する前に ' 必ず MetroCluster check run コマンドを実行して ' 表示されている情報が最新であることを確認してください

    次に、正常な 4 ノード MetroCluster 構成の MetroCluster check aggregate show コマンドの出力例を示します。

    cluster_A::> metrocluster check aggregate show
    
    Last Checked On: 8/5/2014 00:42:58
    
    Node                  Aggregate                  Check                      Result
    ---------------       --------------------       ---------------------      ---------
    controller_A_1        controller_A_1_aggr0
                                                     mirroring-status           ok
                                                     disk-pool-allocation       ok
                                                     ownership-state            ok
                          controller_A_1_aggr1
                                                     mirroring-status           ok
                                                     disk-pool-allocation       ok
                                                     ownership-state            ok
                          controller_A_1_aggr2
                                                     mirroring-status           ok
                                                     disk-pool-allocation       ok
                                                     ownership-state            ok
    
    
    controller_A_2        controller_A_2_aggr0
                                                     mirroring-status           ok
                                                     disk-pool-allocation       ok
                                                     ownership-state            ok
                          controller_A_2_aggr1
                                                     mirroring-status           ok
                                                     disk-pool-allocation       ok
                                                     ownership-state            ok
                          controller_A_2_aggr2
                                                     mirroring-status           ok
                                                     disk-pool-allocation       ok
                                                     ownership-state            ok
    
    18 entries were displayed.

    次の例は、正常な 4 ノード MetroCluster 構成の MetroCluster check cluster show コマンドの出力を示しています。この出力は、必要に応じてネゴシエートスイッチオーバーを実行できる状態であることを示しています。

    Last Checked On: 9/13/2017 20:47:04
    
    Cluster               Check                           Result
    --------------------- ------------------------------- ---------
    mccint-fas9000-0102
                          negotiated-switchover-ready     not-applicable
                          switchback-ready                not-applicable
                          job-schedules                   ok
                          licenses                        ok
                          periodic-check-enabled          ok
    mccint-fas9000-0304
                          negotiated-switchover-ready     not-applicable
                          switchback-ready                not-applicable
                          job-schedules                   ok
                          licenses                        ok
                          periodic-check-enabled          ok
    10 entries were displayed.

ONTAP 設定を完了しています

MetroCluster 構成の設定、有効化、確認が完了したら、必要に応じて SVM 、ネットワークインターフェイス、およびその他の ONTAP 機能を追加してクラスタの設定を完了します。