日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Astra Control Center をアンインストールします

試用版からフルバージョンの製品にアップグレードする場合は、 Astra Control Center コンポーネントの削除が必要になることがあります。Astra Control Center と Astra Control Center Operator を削除するには、この手順で説明されているコマンドを順に実行します。

必要なもの
  • Astra Control Center UI を使用して、すべての管理を解除します "クラスタ"

手順
  1. Astra Control Center を削除します。次のコマンド例は、デフォルトのインストールに基づいています。カスタム構成を作成した場合は、コマンドを変更します。

    kubectl delete -f astra_control_center_min.yaml -n netapp-acc

    結果

    astracontrolcenter.astra.netapp.io "astra" deleted
  2. 次のコマンドを使用して 'NetApp-acc' ネームスペースを削除します

    kubectl delete ns netapp-acc

    結果

    namespace "netapp-acc" deleted
  3. Astra Control Center オペレータシステムコンポーネントを削除するには、次のコマンドを使用します。

    kubectl delete -f astra_control_center_operator_deploy.yaml

    結果

    namespace "netapp-acc-operator" deleted
    customresourcedefinition.apiextensions.k8s.io "astracontrolcenters.astra.netapp.io" deleted
    role.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-leader-election-role" deleted
    clusterrole.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-manager-role" deleted
    clusterrole.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-metrics-reader" deleted
    clusterrole.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-proxy-role" deleted
    rolebinding.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-leader-election-rolebinding" deleted
    clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-manager-rolebinding" deleted
    clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io "acc-operator-proxy-rolebinding" deleted
    configmap "acc-operator-manager-config" deleted
    service "acc-operator-controller-manager-metrics-service" deleted
    deployment.apps "acc-operator-controller-manager" deleted

詳細については、こちらをご覧ください