日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新機能とアップデート

寄稿者 netapp-rlithman

RSS サブスクライブ

今回のリリースの NetApp SaaS Backup for Microsoft 365 には、次の新機能と更新が追加されています。

2021年11月

Microsoft 365 は、 2021 年 10 月を Exchange Online の基本認証の廃止を目標としています。詳細については、を参照してください "Basic Authentication and Exchange Online - 2021 年 9 月の更新です"。廃止後、 Microsoft 365 グループ、および共有メールボックスとアーカイブメールボックスで検出エラーが発生する可能性があります。これらのエラーを回避するために、いつでも最新の認証を有効にすることができます。

新規のお客様の場合、サインアップ時に [ 最新の認証 ] が有効になります。対処は不要です。

既存のお客様で、最新の認証を有効にしていない場合は、対処する必要があります。を参照してください "現代の認証を有効にします"

2020年12月

Microsoft Azure を米国で導入した場合、お客様のデータは Microsoft 環境から移動しません。SaaS Backup for Microsoft 365 のサインアッププロセスでは、 Azure BLOB ストレージまたは独自のストレージを使用できます。

2020年11月

  • この月からは、すべてのサービスのユーザデータを監視できます。この新機能を使用すると、 Excel ファイルをダウンロードして、電子メールまたは URL アドレス、メールボックスの種類、ライセンスの使用、検出状態、前回の検出、バックアップステータス、バックアップ階層など、複数のユーザーデータの種類を監視できます。

  • Microsoft Office 365 グループを別のグループに復元できるようになりました。

  • OneDrive for Business のライセンス所有者は、制限なくライセンスをリリースし、ユーザーをパージできます。

  • ジョブ履歴ログで検索する際に、ジョブタイプ、サービス、開始時間、終了時間に加えて、ジョブの完了ステータスでフィルタリングできるようになりました。

2020 年 6 月

  • SaaS Backup for Microsoft 365 で、 Exchange Online ユーザー向けの高度な検索機能がサポートされるようになりました。Advanced Search * を有効にした後で、バックアップ・データの過去 6 か月間で、個人、共有、アーカイブのメールボックス・アイテムを検索できます。

    この機能を有効にするには、に進みます "サポート" をクリックしてリクエストを送信します。

    SaaS Backup のサポートチームには、 saasbackupsupport@netapp.com から E メールでお問い合わせいただくこともできます。

2020 年 3 月 / 4 月

  • 次に、保護対象のユーザの Microsoft 365 Exchange 、 SharePoint 、 OneDrive for Business 、およびグループのバックアップを参照する時間範囲を選択します。

    バックアップを参照するための時間範囲オプションを示す図

  • SaaS Backup for Microsoft 365 で、 Microsoft TeamsChat へのバックアップがサポートされるようになりました。この新機能を使用すると、 Microsoft TeamsChat の会話、チャネル、タブ、添付ファイル、メンバー、および設定をバックアップして復元できます。

    この機能を有効にするには、に進みます "サポート" をクリックしてリクエストを送信します。

    SaaS Backup のサポートチームには、 saasbackupsupport@netapp.com から E メールでお問い合わせいただくこともできます。

2020年1月

2019 年 9 月

  • SaaS Backup の有料サブスクリプションのサポートをアクティブ化できるようになりました。サポートをアクティブにすると、電話、オンラインチャット、または Web チケット発行システム経由でテクニカルサポートにアクセスできます。

2019 年 6 月

  • SaaS Backup for Microsoft 365 で、 Microsoft SharePoint Online と Microsoft OneDrive for Business のコピー先機能を使用して作成したアイテムのバックアップとリストアがサポートされるようになりました。

  • リストアのサイズ、リストア先、およびその他のコメントなど、リストア統計の詳細情報を追加するための機能拡張が行われました。

2019 年 5 月

2019年4月

  • SaaS Backup for Microsoft 365 でセキュリティグループの削除がサポートされるようになりました。

  • 共有メールボックスはユーザライセンスを消費しません。

2019 年 3 月

  • SaaS Backup for Microsoft 365 で、サポートされているリージョンごとに複数のバックアップ先を使用できるようになりました。

    データバックアップのサイトとして、選択したリージョン内の使用可能な場所を選択できるようになりました。データの場所に地理的に最も近い場所を選択することを推奨します。SaaS Backup で推奨される場所は、オプションのリストで「 * preferred * 」とマークされています。

    注記 試用版からアップグレードしていて、試用版で使用されている場所とは異なるバックアップの場所を選択した場合、試用版のデータは保持されません。
  • ユーザライセンスをリリースして、他のユーザが使用できるようにすることができるようになりました。"ユーザーライセンスをリリースします"

2019年2月

  • SaaS Backup for Microsoft 365 では、次の機能がサポートされるようになりました。

    • アーカイブメールボックスのバックアップとリストア

    • Microsoft Office Exchange Online 、 SharePoint 、 OneDrive for Business のバックアップとリストアに関する統計情報が強化されました。

アーカイブ済み

をクリックします "こちらをご覧ください" をクリックします