日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

4 ノード MetroCluster IP 構成の更新( ONTAP 9.8 以降)

寄稿者 netapp-martyh netapp-thomi このページの PDF をダウンロード

ONTAP 9.8 以降では、 4 ノード MetroCluster IP 構成のコントローラとストレージをアップグレードできます。これを行うには、構成を拡張して一時的な 8 ノード構成にし、古いディザスタリカバリ( DR )グループを削除します。

このタスクについて
  • この手順は、 ONTAP 9.8 以降を実行しているシステムでサポートされています。

  • IP スイッチをアップグレードする場合は、このリフレッシュ手順を実行する前にスイッチをアップグレードする必要があります。

  • 「古いノード」とは、置き換えるノードを意味します。

  • この手順は、 Broadcom BES-53248 スイッチで構成された AFF A320 システムではサポートされていません。

手順
  1. 古いノードから情報を収集します。

    この段階では、次の図に示すように 4 ノード構成が表示されます。

    MCC DR グループ A
  2. サポートケースが自動で生成されないようにするには、アップグレードが進行中であることを示す AutoSupport メッセージを送信します。

    1. 次のコマンドを問題で実行します。 + 「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message 」 MAINT=10h Upgrading _old-model_To _new-model 」 _`

      次の例は、 10 時間のメンテナンス時間を指定します。プランによっては、さらに時間をかけたい場合もあります。

      この時間が経過する前にメンテナンスが完了した場合は、メンテナンス期間が終了したことを通知する AutoSupport メッセージを起動できます。

    「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT= end 」というメッセージが表示されます

    1. パートナークラスタに対してこのコマンドを繰り返します。

  3. Tiebreaker 、メディエーター、またはスイッチオーバーを開始できるその他のソフトウェアから既存の MetroCluster 構成を削除します。

    使用するポート

    使用する手順

    Tiebreaker

    "MetroCluster 設定の削除" MetroCluster Tiebreaker インストールおよび設定ガイドのを参照してください

    メディエーター

    ONTAP プロンプトで次のコマンドを問題に設定します。

    MetroCluster 構成設定のメディエーターが削除されました

    サードパーティ製アプリケーション

    製品マニュアルを参照してください。

  4. のすべての手順を実行します "4 ノード MetroCluster IP 構成から 8 ノード構成への拡張" をクリックして新しいノードとストレージを構成に追加してください。

    拡張手順が完了すると、次の図のような構成が表示されます。

    MCC DR グループ b
  5. CRS ボリュームを移動します。

  6. 次の手順に従って、古いノードから新しいノードにデータを移動します。 _ コントローラハードウェアアップグレードエクスプレスガイド _ 。

    1. のすべての手順を実行します "アグリゲートの作成と新しいノードへのボリュームの移動"

      注記 アグリゲートのミラーリングは、作成時または作成後に実行できます。
    2. のすべての手順を実行します "SAN 以外のデータ LIF とクラスタ管理 LIF を新しいノードに移動する"

  7. 手順の手順に従って、古い DR グループを削除します。

    古い DR グループ( DR グループ 1 )を削除すると、次の図のような構成が表示されます。

    MCC DR グループ d
  8. MetroCluster 構成の運用モードを確認し、 MetroCluster チェックを実行

    1. MetroCluster 構成と運用モードが正常な状態であることを確認します。

      「 MetroCluster show 」

    2. 想定されるすべてのノードが表示されることを確認します。

      MetroCluster node show

    3. 次のコマンドを問題に設定します。

      「 MetroCluster check run 」のようになります

    4. MetroCluster チェックの結果を表示します。

      MetroCluster チェックショー

  9. 必要に応じて、構成に応じて手順を使用してリストアを監視します。

    使用するポート

    この手順を使用します

    Tiebreaker

    "MetroCluster 構成を追加しています" MetroCluster Tiebreaker インストールおよび設定ガイドのを参照してください

    メディエーター

    "MetroCluster IP 構成での ONTAP メディエーターサービスの設定" MetroCluster IP インストールおよび設定ガイドのを参照してください

    サードパーティ製アプリケーション

    製品マニュアルを参照してください。

  10. サポートケースの自動生成を再開するには、メンテナンスが完了したことを示す AutoSupport メッセージを送信します。

    1. 次のコマンドを問題に設定します。

      「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT= end 」というメッセージが表示されます

    2. パートナークラスタに対してこのコマンドを繰り返します。