日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

4 ノード MetroCluster IP 構成から 8 ノード構成への拡張

寄稿者 netapp-thomi netapp-martyh netapp-aherbin このページの PDF をダウンロード

ONTAP 9.9.9..1 以降では、 4 つの新しいノードを 2 つ目の DR グループとして MetroCluster IP 構成に追加できます。これにより、 8 ノード MetroCluster 構成が作成されます。

作業を開始する前に
  • 古いノードと新しいノードで同じバージョンの ONTAP を実行する必要があります。

  • プラットフォームの混在をサポートするプラットフォームモデルについては、新旧がサポートされることを確認する必要があります。

  • 古いプラットフォームモデルと新しいプラットフォームモデルの両方が IP スイッチでサポートされていることを確認する必要があります。

  • 新しいノードには、古いノードのデータを格納するための十分なストレージと、ルートアグリゲートとスペアディスク用の十分なディスクが必要です。

この手順での命名例

この手順では、全体的な名前の例を使用して、 DR グループ、ノード、および関連するスイッチを特定します。

DR グループ

site_A で cluster_A

site_B ( site_B

dr_group_1 - 古い

  • node_A_1 - 古い

  • Node_a_2-old

  • node_B_1 - 古い

  • node_B_2 - 古い

dr_group_2 - 新規

  • Node_a_3 - 新規

  • Node_a_4 - 新規

  • node_B_2 - 新規

  • node_B_2 - 新規

カスタム AutoSupport メッセージをメンテナンス前に送信する

メンテナンスを実行する前に、 AutoSupport an 問題 message to notify NetApp technical support that maintenance is maintenancing (メンテナンスが進行中であることをネットアップテクニカルサポートに通知する)を実行システム停止が発生したとみなしてテクニカルサポートがケースをオープンしないように、メンテナンスが進行中であることを通知する必要があります。

このタスクは MetroCluster サイトごとに実行する必要があります。

手順
  1. サポートケースが自動で生成されないようにするには、アップグレードが進行中であることを示す AutoSupport メッセージを送信します。

    1. 次のコマンドを問題に設定します。

      「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message 」 MAINT=10h Upgrading _old-model_to _new-model 」に変更します

      この例では、 10 時間のメンテナンス時間を指定しています。プランによっては、さらに時間をかけたい場合もあります。

      この時間が経過する前にメンテナンスが完了した場合は、メンテナンス期間が終了したことを通知する AutoSupport メッセージを起動できます。

    「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT= end 」というメッセージが表示されます

    1. パートナークラスタに対してこのコマンドを繰り返します。

MetroCluster 構成の健全性の確認

移行を実行する前に、 MetroCluster 構成の健全性と接続を確認する必要があります

手順
  1. ONTAP で MetroCluster 構成の動作を確認します。

    1. システムがマルチパスかどうかを確認します。

      'node run -node _node-name_sysconfig -a

    2. ヘルスアラートがないかどうかを両方のクラスタで確認します。

      「 system health alert show 」というメッセージが表示されます

    3. MetroCluster 構成と運用モードが正常な状態であることを確認します。

      「 MetroCluster show 」

    4. MetroCluster チェックを実行します。

      「 MetroCluster check run 」のようになります

    5. MetroCluster チェックの結果を表示します。

      MetroCluster チェックショー

    6. Config Advisor を実行します。

    7. Config Advisor の実行後、ツールの出力を確認し、推奨される方法で検出された問題に対処します。

  2. クラスタが正常であることを確認します。

    cluster show -vserver Cluster

    cluster_A::> cluster show -vserver Cluster
    Node           Health  Eligibility   Epsilon
    -------------- ------  -----------   -------
    node_A_1    true    true          false
    node_A_2    true    true          false
    
    cluster_A::>
  3. すべてのクラスタポートが動作していることを確認します。

    「 network port show -ipspace cluster 」のように表示されます

    cluster_A::> network port show -ipspace cluster
    
    Node: node_A_1-old
    
                                                      Speed(Mbps) Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- --------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    
    Node: node_A_2-old
    
                                                      Speed(Mbps) Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- --------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
    
    4 entries were displayed.
    
    cluster_A::>
  4. すべてのクラスタ LIF が動作していることを確認します。

    「 network interface show -vserver Cluster 」のように表示されます

    各クラスタ LIF で、 Is Home には true 、 Status Admin/Oper には up/up と表示されるはずです

    cluster_A::> network interface show -vserver cluster
    
                Logical      Status     Network          Current       Current Is
    Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- -----
    Cluster
                node_A_1-old_clus1
                           up/up      169.254.209.69/16  node_A_1   e0a     true
                node_A_1-old_clus2
                           up/up      169.254.49.125/16  node_A_1   e0b     true
                node_A_2-old_clus1
                           up/up      169.254.47.194/16  node_A_2   e0a     true
                node_A_2-old_clus2
                           up/up      169.254.19.183/16  node_A_2   e0b     true
    
    4 entries were displayed.
    
    cluster_A::>
  5. すべてのクラスタ LIF で自動リバートが有効になっていることを確認します。

    network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert を実行します

    cluster_A::> network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert
    
              Logical
    Vserver   Interface     Auto-revert
    --------- ------------- ------------
    Cluster
               node_A_1-old_clus1
                            true
               node_A_1-old_clus2
                            true
               node_A_2-old_clus1
                            true
               node_A_2-old_clus2
                            true
    
        4 entries were displayed.
    
    cluster_A::>

監視アプリケーションから構成を削除します

ONTAP Tiebreaker ソフトウェア、 MetroCluster メディエーター、またはスイッチオーバーを開始できるその他の他社製アプリケーション( ClusterLion など)で既存の構成を監視している場合は、アップグレードの前に、監視ソフトウェアから MetroCluster 構成を削除する必要があります。

手順
  1. Tiebreaker 、メディエーター、またはスイッチオーバーを開始できるその他のソフトウェアから既存の MetroCluster 構成を削除します。

    使用するポート

    使用する手順

    Tiebreaker

    "MetroCluster 設定の削除" MetroCluster Tiebreaker インストールおよび設定ガイドのを参照してください

    メディエーター

    ONTAP プロンプトで次のコマンドを問題に設定します。

    MetroCluster 構成設定のメディエーターが削除されました

    サードパーティ製アプリケーション

    製品マニュアルを参照してください。

  2. スイッチオーバーを開始できるサードパーティ製アプリケーションから既存の MetroCluster 構成を削除します。

    アプリケーションのマニュアルを参照してください。

新しいコントローラモジュールの準備を行います

4 つの新しい MetroCluster ノードを準備し、正しいバージョンの ONTAP をインストールする必要があります。

このタスクは新しい各ノードで実行する必要があります。

  • Node_a_3 - 新規

  • Node_a_4 - 新規

  • node_B_2 - 新規

  • node_B_2 - 新規

この手順では、ノードの設定をクリアし、新しいドライブのメールボックスのリージョンをクリアします。

手順
  1. 新しいコントローラをラックに設置します。

  2. 新しい MetroCluster IP ノードを IP スイッチにケーブル接続します。これについては、 MetroCluster インストールおよび設定ガイドを参照してください。 _

  3. MetroCluster インストールおよび設定ガイドの以降のセクションを使用して、 MetroCluster IP ノードを設定します。 _

  4. 保守モードから問題 the halt コマンドを実行して保守モードを終了し、 boot_ontap コマンドを問題してシステムをブートしてクラスタセットアップを開始します。

    このとき、クラスタウィザードやノードウィザードを実行しないでください。

新しいノードのクラスタへの追加

4 つの新しい MetroCluster IP ノードを既存の MetroCluster 構成に追加する必要があります。

このタスクは両方のクラスタで実行する必要があります。

手順
  1. 新しい MetroCluster IP ノードを既存の MetroCluster 構成に追加

    1. 最初の新しい MetroCluster IP ノード( node_A_1 の新しいノード)を既存の MetroCluster IP 構成に追加します。

      Welcome to the cluster setup wizard.
      
      You can enter the following commands at any time:
        "help" or "?" - if you want to have a question clarified,
        "back" - if you want to change previously answered questions, and
        "exit" or "quit" - if you want to quit the cluster setup wizard.
           Any changes you made before quitting will be saved.
      
      You can return to cluster setup at any time by typing "cluster setup".
      To accept a default or omit a question, do not enter a value.
      
      This system will send event messages and periodic reports to NetApp Technical
      Support. To disable this feature, enter
      autosupport modify -support disable
      within 24 hours.
      
      Enabling AutoSupport can significantly speed problem determination and
      resolution, should a problem occur on your system.
      For further information on AutoSupport, see:
      http://support.netapp.com/autosupport/
      
      Type yes to confirm and continue {yes}: yes
      
      Enter the node management interface port [e0M]: 172.17.8.93
      
      172.17.8.93 is not a valid port.
      
      The physical port that is connected to the node management network. Examples of
      node management ports are "e4a" or "e0M".
      
      You can type "back", "exit", or "help" at any question.
      
      
      Enter the node management interface port [e0M]:
      Enter the node management interface IP address: 172.17.8.93
      Enter the node management interface netmask: 255.255.254.0
      Enter the node management interface default gateway: 172.17.8.1
      A node management interface on port e0M with IP address 172.17.8.93 has been created.
      
      Use your web browser to complete cluster setup by accessing https://172.17.8.93
      
      Otherwise, press Enter to complete cluster setup using the command line
      interface:
      
      
      Do you want to create a new cluster or join an existing cluster? {create, join}:
      join
      
      
      Existing cluster interface configuration found:
      
      Port    MTU     IP              Netmask
      e0c     9000    169.254.148.217 255.255.0.0
      e0d     9000    169.254.144.238 255.255.0.0
      
      Do you want to use this configuration? {yes, no} [yes]: yes
      .
      .
      .
    2. 2 つ目の新しい MetroCluster IP ノード( node_A_1 の新しいノード)を既存の MetroCluster IP 構成に追加します。

  2. 同じ手順を繰り返して、 node_B_1 の新規クラスタ B に node_B_2 を追加します

クラスタ間 LIF の設定、 MetroCluster インターフェイスの作成、およびルートアグリゲートのミラーリングを行います

クラスタピア LIF を作成し、新しい MetroCluster IP ノードに MetroCluster インターフェイスを作成する必要があります。

例で使用しているホームポートはプラットフォーム固有です。MetroCluster IP ノードプラットフォームに固有の適切なホームポートを使用する必要があります。

手順
  1. 新しい MetroCluster IP ノードで、 MetroCluster IP インストールおよび設定ガイドの手順に従ってクラスタ間 LIF を設定します。

  2. 各サイトで、クラスタピアリングが設定されていることを確認します。

    cluster peer show

    次の例は、 cluster_A のクラスタピアリング設定を示しています。

    cluster_A:> cluster peer show
    Peer Cluster Name         Cluster Serial Number Availability   Authentication
    ------------------------- --------------------- -------------- --------------
    cluster_B                 1-80-000011           Available      ok

    次の例は、 cluster_B でのクラスタピアリング設定を示しています。

    cluster_B:> cluster peer show
    Peer Cluster Name         Cluster Serial Number Availability   Authentication
    ------------------------- --------------------- -------------- --------------
    cluster_A                 1-80-000011           Available      ok
    cluster_B::>
  3. MetroCluster IP ノードの DR グループを作成します。

    MetroCluster 構成設定 dr-group create -partner-cluster

    MetroCluster の設定と接続の詳細については、 MetroCluster IP インストールおよび設定ガイドを参照してください。

    cluster_A::> metrocluster configuration-settings dr-group create -partner-cluster
    cluster_B -local-node node_A_1-new -remote-node node_B_1-new
    [Job 259] Job succeeded: DR Group Create is successful.
    cluster_A::>
  4. DR グループが作成されたことを確認します。

    「 MetroCluster configurion-settings dr-group show 」を参照してください

    cluster_A::> metrocluster configuration-settings dr-group show
    
    DR Group ID Cluster                    Node               DR Partner Node
    ----------- -------------------------- ------------------ ------------------
    1           cluster_A
                                           node_A_1-old        node_B_1-old
                                           node_A_2-old        node_B_2-old
                cluster_B
                                           node_B_1-old        node_A_1-old
                                           node_B_2-old        node_A_2-old
    2           cluster_A
                                           node_A_1-new        node_B_1-new
                                           node_A_2-new        node_B_2-new
                cluster_B
                                           node_B_1-new        node_A_1-new
                                           node_B_2-new        node_A_2-new
    8 entries were displayed.
    
    cluster_A::>
  5. 新しく参加した MetroCluster IP ノードの MetroCluster IP インターフェイスを設定します。

    MetroCluster 構成設定インターフェイス create-cluster-name

    注記
    • ONTAP 9.8 以降では、特定のプラットフォームで MetroCluster IP インターフェイスに VLAN が使用されます。デフォルトでは、 2 つのポートでそれぞれ 10 と 20 の異なる VLAN が使用されます。また、 MetroCluster 設定設定インターフェイス create コマンドの「 -vlan-id 」パラメータを使用して、 100 ( 101 ~ 4095 )より大きい(デフォルト以外の) VLAN を指定することもできます。

    • ONTAP 9.9..1 以降では、レイヤ 3 設定を使用している場合、 MetroCluster IP インターフェイスを作成するときに -gateway パラメータも指定する必要があります。を参照してください "レイヤ 3 ワイドエリアネットワークに関する考慮事項"

    次のプラットフォームモデルでは VLAN を使用し、デフォルト以外の VLAN ID を設定できます。

    AFF プラットフォーム

    FAS プラットフォーム

    • AFF A220

    • AFF A250

    • AFF A400

    • FAS2750

    • FAS500f

    • FAS8300

    • FAS8700 の場合

    注記 どちらのクラスタからも MetroCluster IP インターフェイスを設定できます。また、 ONTAP 9.1.1 以降では、レイヤ 3 構成を使用している場合、 MetroCluster IP インターフェイスを作成するには、 -gateway パラメータも指定する必要があります。を参照してください "レイヤ 3 ワイドエリアネットワークに関する考慮事項"
    cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_A_1-new -home-port e1a -address 172.17.26.10 -netmask 255.255.255.0
    [Job 260] Job succeeded: Interface Create is successful.
    
    cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_A_1-new -home-port e1b -address 172.17.27.10 -netmask 255.255.255.0
    [Job 261] Job succeeded: Interface Create is successful.
    
    cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_A_2-new -home-port e1a -address 172.17.26.11 -netmask 255.255.255.0
    [Job 262] Job succeeded: Interface Create is successful.
    
    cluster_A::> :metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_A -home-node node_A_2-new -home-port e1b -address 172.17.27.11 -netmask 255.255.255.0
    [Job 263] Job succeeded: Interface Create is successful.
    
    cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_B -home-node node_B_1-new -home-port e1a -address 172.17.26.12 -netmask 255.255.255.0
    [Job 264] Job succeeded: Interface Create is successful.
    
    cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_B -home-node node_B_1-new -home-port e1b -address 172.17.27.12 -netmask 255.255.255.0
    [Job 265] Job succeeded: Interface Create is successful.
    
    cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_B -home-node node_B_2-new -home-port e1a -address 172.17.26.13 -netmask 255.255.255.0
    [Job 266] Job succeeded: Interface Create is successful.
    
    cluster_A::> metrocluster configuration-settings interface create -cluster-name cluster_B -home-node node_B_2-new -home-port e1b -address 172.17.27.13 -netmask 255.255.255.0
    [Job 267] Job succeeded: Interface Create is successful.
  6. MetroCluster IP インターフェイスが作成されたことを確認します。

    「 MetroCluster configurion-settings interface show 」を参照してください

    cluster_A::>metrocluster configuration-settings interface show
    
    DR                                                                    Config
    Group Cluster Node    Network Address Netmask         Gateway         State
    ----- ------- ------- --------------- --------------- --------------- ---------
    1     cluster_A
                 node_A_1-old
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.10    255.255.255.0   -               completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.10    255.255.255.0   -               completed
                  node_A_2-old
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.11    255.255.255.0   -               completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.11    255.255.255.0   -               completed
          cluster_B
                 node_B_1-old
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.13    255.255.255.0   -               completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.13    255.255.255.0   -               completed
                  node_B_1-old
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.12    255.255.255.0   -               completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.12    255.255.255.0   -               completed
    2     cluster_A
                 node_A_3-new
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.10    255.255.255.0   -               completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.10    255.255.255.0   -               completed
                  node_A_3-new
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.11    255.255.255.0   -               completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.11    255.255.255.0   -               completed
          cluster_B
                 node_B_3-new
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.13    255.255.255.0   -               completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.13    255.255.255.0   -               completed
                  node_B_3-new
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.12    255.255.255.0   -               completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.12    255.255.255.0   -               completed
    8 entries were displayed.
    
    cluster_A>
  7. MetroCluster IP インターフェイスを接続します。

    MetroCluster 構成設定接続接続

    注記 このコマンドの実行には数分かかることがあります。
    cluster_A::> metrocluster configuration-settings connection connect
    
    cluster_A::>
  8. 接続が正しく確立されていることを確認します MetroCluster configurion-settings connection show

    cluster_A::> metrocluster configuration-settings connection show
    
    DR                    Source          Destination
    Group Cluster Node    Network Address Network Address Partner Type Config State
    ----- ------- ------- --------------- --------------- ------------ ------------
    1     cluster_A
                  node_A_1-old
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.10    172.17.28.11    HA Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.10    172.17.28.12    DR Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.10    172.17.28.13    DR Auxiliary completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.10    172.17.29.11    HA Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.10    172.17.29.12    DR Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.10    172.17.29.13    DR Auxiliary completed
                  node_A_2-old
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.11    172.17.28.10    HA Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.11    172.17.28.13    DR Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.11    172.17.28.12    DR Auxiliary completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.11    172.17.29.10    HA Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.11    172.17.29.13    DR Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.11    172.17.29.12    DR Auxiliary completed
    
    DR                    Source          Destination
    Group Cluster Node    Network Address Network Address Partner Type Config State
    ----- ------- ------- --------------- --------------- ------------ ------------
    1     cluster_B
                  node_B_2-old
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.13    172.17.28.12    HA Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.13    172.17.28.11    DR Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.13    172.17.28.10    DR Auxiliary completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.13    172.17.29.12    HA Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.13    172.17.29.11    DR Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.13    172.17.29.10    DR Auxiliary completed
                  node_B_1-old
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.12    172.17.28.13    HA Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.12    172.17.28.10    DR Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.28.12    172.17.28.11    DR Auxiliary completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.12    172.17.29.13    HA Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.12    172.17.29.10    DR Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.29.12    172.17.29.11    DR Auxiliary completed
    
    DR                    Source          Destination
    Group Cluster Node    Network Address Network Address Partner Type Config State
    ----- ------- ------- --------------- --------------- ------------ ------------
    2     cluster_A
                  node_A_1-new**
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.10    172.17.26.11    HA Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.10    172.17.26.12    DR Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.10    172.17.26.13    DR Auxiliary completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.10    172.17.27.11    HA Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.10    172.17.27.12    DR Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.10    172.17.27.13    DR Auxiliary completed
                  node_A_2-new
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.11    172.17.26.10    HA Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.11    172.17.26.13    DR Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.11    172.17.26.12    DR Auxiliary completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.11    172.17.27.10    HA Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.11    172.17.27.13    DR Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.11    172.17.27.12    DR Auxiliary completed
    
    DR                    Source          Destination
    Group Cluster Node    Network Address Network Address Partner Type Config State
    ----- ------- ------- --------------- --------------- ------------ ------------
    2     cluster_B
                  node_B_2-new
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.13    172.17.26.12    HA Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.13    172.17.26.11    DR Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.13    172.17.26.10    DR Auxiliary completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.13    172.17.27.12    HA Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.13    172.17.27.11    DR Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.13    172.17.27.10    DR Auxiliary completed
                  node_B_1-new
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.12    172.17.26.13    HA Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.12    172.17.26.10    DR Partner   completed
                     Home Port: e1a
                          172.17.26.12    172.17.26.11    DR Auxiliary completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.12    172.17.27.13    HA Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.12    172.17.27.10    DR Partner   completed
                     Home Port: e1b
                          172.17.27.12    172.17.27.11    DR Auxiliary completed
    48 entries were displayed.
    
    cluster_A::>
  9. ディスクの自動割り当てとパーティショニングを確認します。

    「 Disk show -pool Pool1 」

    cluster_A::> disk show -pool Pool1
                         Usable           Disk    Container   Container
    Disk                   Size Shelf Bay Type    Type        Name      Owner
    ---------------- ---------- ----- --- ------- ----------- --------- --------
    1.10.4                    -    10   4 SAS     remote      -         node_B_2
    1.10.13                   -    10  13 SAS     remote      -         node_B_2
    1.10.14                   -    10  14 SAS     remote      -         node_B_1
    1.10.15                   -    10  15 SAS     remote      -         node_B_1
    1.10.16                   -    10  16 SAS     remote      -         node_B_1
    1.10.18                   -    10  18 SAS     remote      -         node_B_2
    ...
    2.20.0              546.9GB    20   0 SAS     aggregate   aggr0_rha1_a1 node_a_1
    2.20.3              546.9GB    20   3 SAS     aggregate   aggr0_rha1_a2 node_a_2
    2.20.5              546.9GB    20   5 SAS     aggregate   rha1_a1_aggr1 node_a_1
    2.20.6              546.9GB    20   6 SAS     aggregate   rha1_a1_aggr1 node_a_1
    2.20.7              546.9GB    20   7 SAS     aggregate   rha1_a2_aggr1 node_a_2
    2.20.10             546.9GB    20  10 SAS     aggregate   rha1_a1_aggr1 node_a_1
    ...
    43 entries were displayed.
    
    cluster_A::>
  10. ルートアグリゲートをミラーします。

    「 storage aggregate mirror -aggregate aggr0_cluster1_01 -new 」という名前のアグリゲートが作成されます

    注記 この手順は MetroCluster IP ノードごとに実行する必要があります。
    cluster_A::> aggr mirror -aggregate aggr0_node_A_1-new
    
    Info: Disks would be added to aggregate "aggr0_node_A_1-new"on node "node_A_1-new"
          in the following manner:
    
          Second Plex
    
            RAID Group rg0, 3 disks (block checksum, raid_dp)
                                                                Usable Physical
              Position   Disk                      Type           Size     Size
              ---------- ------------------------- ---------- -------- --------
              dparity    4.20.0                    SAS               -        -
              parity     4.20.3                    SAS               -        -
              data       4.20.1                    SAS         546.9GB  558.9GB
    
          Aggregate capacity available forvolume use would be 467.6GB.
    
    Do you want to continue? {y|n}: y
    
    cluster_A::>
  11. ルートアグリゲートがミラーされたことを確認します。

    「 storage aggregate show

    cluster_A::> aggr show
    
    Aggregate     Size Available Used% State   #Vols  Nodes            RAID Status
    --------- -------- --------- ----- ------- ------ ---------------- ------------
    aggr0_node_A_1-old
               349.0GB   16.84GB   95% online       1 node_A_1-old      raid_dp,
                                                                       mirrored,
                                                                       normal
    aggr0_node_A_2-old
               349.0GB   16.84GB   95% online       1 node_A_2-old      raid_dp,
                                                                       mirrored,
                                                                       normal
    aggr0_node_A_1-new
               467.6GB   22.63GB   95% online       1 node_A_1-new      raid_dp,
                                                                       mirrored,
                                                                       normal
    aggr0_node_A_2-new
               467.6GB   22.62GB   95% online       1 node_A_2-new      raid_dp,
                                                                       mirrored,
                                                                       normal
    aggr_data_a1
                1.02TB    1.01TB    1% online       1 node_A_1-old      raid_dp,
                                                                       mirrored,
                                                                       normal
    aggr_data_a2
                1.02TB    1.01TB    1% online       1 node_A_2-old      raid_dp,
                                                                       mirrored,

新しいノードの追加を完了しています

新しい DR グループを MetroCluster 構成に組み込み、新しいノードにミラーされたデータアグリゲートを作成する必要があります。

手順
  1. 新しい MetroCluster ノードのそれぞれで、ミラーされたデータアグリゲートを作成します。

    「 storage aggregate create -aggregate _aggregate-name _ -node_name_diskcount 」 - disks_no-of disks _ -mirror true 」という名前のアグリゲートが作成されます

    注記 各サイトに少なくとも 1 つのミラーされたデータアグリゲートを作成する必要があります。MetroCluster IP ノード上のサイトごとに 2 つのミラーされたデータアグリゲートを配置して MDV ボリュームをホストすることを推奨しますが、サイトごとに 1 つのアグリゲートをサポートできます(ただし推奨しません)。MetroCluster の一方のサイトにはミラーされたデータアグリゲートが 1 つあり、もう一方のサイトにはミラーされたデータアグリゲートが複数あることがサポートされます。

    次の例は、 node_A_1 で新しいアグリゲートを作成します。

    cluster_A::> storage aggregate create -aggregate data_a3 -node node_A_1-new -diskcount 10 -mirror t
    
    Info: The layout for aggregate "data_a3" on node "node_A_1-new" would be:
    
          First Plex
    
            RAID Group rg0, 5 disks (block checksum, raid_dp)
                                                                Usable Physical
              Position   Disk                      Type           Size     Size
              ---------- ------------------------- ---------- -------- --------
              dparity    5.10.15                   SAS               -        -
              parity     5.10.16                   SAS               -        -
              data       5.10.17                   SAS         546.9GB  547.1GB
              data       5.10.18                   SAS         546.9GB  558.9GB
              data       5.10.19                   SAS         546.9GB  558.9GB
    
          Second Plex
    
            RAID Group rg0, 5 disks (block checksum, raid_dp)
                                                                Usable Physical
              Position   Disk                      Type           Size     Size
              ---------- ------------------------- ---------- -------- --------
              dparity    4.20.17                   SAS               -        -
              parity     4.20.14                   SAS               -        -
              data       4.20.18                   SAS         546.9GB  547.1GB
              data       4.20.19                   SAS         546.9GB  547.1GB
              data       4.20.16                   SAS         546.9GB  547.1GB
    
          Aggregate capacity available for volume use would be 1.37TB.
    
    Do you want to continue? {y|n}: y
    [Job 440] Job succeeded: DONE
    
    cluster_A::>
  2. MetroCluster 構成を更新します。

    1. advanced 権限モードに切り替えます。

      「 advanced 」の権限が必要です

    2. 新しいノードの 1 つで MetroCluster 構成を更新します。

      MetroCluster 構成

      次の例では、両方の DR グループで MetroCluster 構成を更新しています。

    cluster_A::*> metrocluster configure -refresh true
    
    [Job 726] Job succeeded: Configure is successful.
    1. admin 権限モードに戻ります。

      「特権管理者」

  3. ノードが DR グループに追加されたことを確認します。

    cluster_A::*> metrocluster node show
    
    DR                               Configuration  DR
    Group Cluster Node               State          Mirroring Mode
    ----- ------- ------------------ -------------- --------- --------------------
    1     cluster_A
                  node_A_1-old        configured     enabled   normal
                  node_A_2-old        configured     enabled   normal
          cluster_B
                  node_B_1-old        configured     enabled   normal
                  node_B_2-old        configured     enabled   normal
    2     cluster_A
                  node_A_3-new        configured     enabled   normal
                  node_A_4-new        configured     enabled   normal
          cluster_B
                  node_B_3-new        configured     enabled   normal
                  node_B_4-new        configured     enabled   normal
    8 entries were displayed.
    
    cluster_A::*>
  4. advanced 権限で、 MDV_CRS ボリュームを古いノードから新しいノードに移動します。

    1. ボリュームを表示して MDV ボリュームを特定します。

      注記 各サイトにミラーされたデータアグリゲートが 1 つある場合、両方の MDV ボリュームをこの 1 つのアグリゲートに移動します。ミラーされたデータアグリゲートが 2 つ以上ある場合、各 MDV ボリュームを別々のアグリゲートに移動します。

      次に 'volume show 出力の MDV ボリュームの例を示します

      cluster_A::> volume show
      Vserver   Volume       Aggregate    State      Type       Size  Available Used%
      --------- ------------ ------------ ---------- ---- ---------- ---------- -----
      ...
      
      cluster_A   MDV_CRS_2c78e009ff5611e9b0f300a0985ef8c4_A
                             aggr_b1      -          RW            -          -     -
      cluster_A   MDV_CRS_2c78e009ff5611e9b0f300a0985ef8c4_B
                             aggr_b2      -          RW            -          -     -
      cluster_A   MDV_CRS_d6b0b313ff5611e9837100a098544e51_A
                             aggr_a1      online     RW         10GB     9.50GB    0%
      cluster_A   MDV_CRS_d6b0b313ff5611e9837100a098544e51_B
                             aggr_a2      online     RW         10GB     9.50GB    0%
      ...
      11 entries were displayed.mple
    2. advanced 権限レベルを設定します。

      「 advanced 」の権限が必要です

    3. MDV ボリュームを 1 つずつ移動します。

      'volume move start -volume_MDV_-destination-aggregate_aggr-on_new-node-vserver_vserver-name_`

      次の例は、「 MDV_CRS_d6b0b313ff5611e9837100a098544e51_a 」を「 node_A_1 」のアグリゲート「 node_A_1 」に移動するコマンドと出力を示しています。

      cluster_A::> vol move start -volume MDV_CRS_d6b0b313ff5611e9837100a098544e51_A -destination-aggregate data_a3 -vserver cluster_A
      
      Warning: You are about to modify the system volume
               "MDV_CRS_d6b0b313ff5611e9837100a098544e51_A". This might cause severe
               performance or stability problems. Do not proceed unless directed to
               do so by support. Do you want to proceed? {y|n}: y
      [Job 494] Job is queued: Move "MDV_CRS_d6b0b313ff5611e9837100a098544e51_A" in Vserver "cluster_A" to aggregate "data_a3". Use the "volume move show -vserver cluster_A -volume MDV_CRS_d6b0b313ff5611e9837100a098544e51_A" command to view the status of this operation.
    4. volume show コマンドを使用して、 MDV ボリュームが正常に移動されたことを確認します。

      'volume show_MDV_NAME_`

      次の出力は、 MDV ボリュームが移動されたことを示しています。

    cluster_A::> vol show MDV_CRS_d6b0b313ff5611e9837100a098544e51_B
    Vserver     Volume       Aggregate    State      Type       Size  Available Used%
    ---------   ------------ ------------ ---------- ---- ---------- ---------- -----
    cluster_A   MDV_CRS_d6b0b313ff5611e9837100a098544e51_B
                           aggr_a2      online     RW         10GB     9.50GB    0%
    1. admin モードに戻ります。

      「特権管理者」

  5. 古いノードから新しいノードにイプシロンを移動します。

    1. 現在イプシロンが設定されているノードを特定します。

      cluster show -fields epsilon

      cluster_B::> cluster show -fields epsilon
      node             epsilon
      ---------------- -------
      node_A_1-old      true
      node_A_2-old      false
      node_A_3-new      false
      node_A_4-new      false
      4 entries were displayed.
    2. 古いノード( node_A_1 古い)でイプシロンを false に設定します。

      cluster modify -node _old-node—​epsilon false *

    3. 新しいノード( node_A_1 )でイプシロンを true に設定します。

      cluster modify -node-new-node—​epsilon true

    4. イプシロンが正しいノードに移動されたことを確認します。

      cluster show -fields epsilon

    cluster_A::> cluster show -fields epsilon
    node             epsilon
    ---------------- -------
    node_A_1-old      false
    node_A_2-old      false
    node_A_3-new      true
    node_A_4-new      false
    4 entries were displayed.