日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しいノードの設定と移行の完了

寄稿者 netapp-martyh netapp-thomi NetAppZacharyWambold netapp-aherbin ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

新しいノードを追加したら、移行手順を完了して、 MetroCluster IP ノードを設定する必要があります。

MetroCluster IP ノードを設定し、移行を無効にします

MetroCluster IP 接続を実装し、 MetroCluster 構成を更新し、移行モードを無効にする必要があります。

  1. コントローラ node_A_1 の IP MetroCluster 構成設定 DR-group create -partner-cluster peer-cluster -name local-node local-controller-name -remote-controller -name ````m etrocluster 構成設定 DR-group show から次のコマンドを実行して、新しいノードを DR グループに構成します

  2. MetroCluster IP インターフェイスを作成します( node_A_1 、 node_B_2 IP 、 node_B_1 IP 、 node_B_2 IP 、 node_B_2 IP ):コントローラごとに 2 つのインターフェイスを作成する必要があります。合計 8 つのインターフェイスが作成されている必要があります。 MetroCluster 「 vlan configuration settings interface create -cluster -name cluster-name -home-node controller-name -port -id-center-name -port -id

    ONTAP 9.9..1 以降では、レイヤ 3 設定を使用している場合、 MetroCluster IP インターフェイスを作成するときに -gateway パラメータも指定する必要があります。を参照してください "レイヤ 3 ワイドエリアネットワークに関する考慮事項"

    vlan-id パラメータを指定する必要があるのは、デフォルトの VLAN ID を使用しない場合だけです。デフォルト以外の VLAN ID は、一部のシステムでのみサポートされます。

    • ONTAP 9.8 以降では、特定のプラットフォームで MetroCluster IP インターフェイスに VLAN が使用されます。デフォルトでは、 2 つのポートでそれぞれ 10 と 20 の異なる VLAN が使用されます。また、 MetroCluster 設定設定インターフェイス create コマンドの「 -vlan-id 」パラメータを使用して、 100 ( 101 ~ 4095 )より大きい(デフォルト以外の) VLAN を指定することもできます。

    • ONTAP 9.9..1 以降では、レイヤ 3 設定を使用している場合、 MetroCluster IP インターフェイスを作成するときに -gateway パラメータも指定する必要があります。を参照してください "レイヤ 3 ワイドエリアネットワークに関する考慮事項"

    次のプラットフォームモデルでは VLAN を使用し、デフォルト以外の VLAN ID を設定できます。

    AFF プラットフォーム

    FAS プラットフォーム

    • AFF A220

    • AFF A250

    • AFF A400

    • FAS2750

    • FAS500f

    • FAS8300

    • FAS8700 の場合

  3. コントローラ node_A_1 の IP から MetroCluster 接続処理を実行して MetroCluster サイトを接続 - この処理には数分かかることがあります。MetroCluster 構成設定接続接続

  4. リモートクラスタディスクが、 iSCSI 接続を介して各コントローラから認識できることを確認します。「 Disk show

    構成内の他のノードに属するリモートディスクが表示されます。

  5. node_A_1 の IP および node_B_1 の IP のルートアグリゲートをミラーします。「 aggregate mirror -aggregate root-aggr 」というコマンドを実行します

  6. node_B_2 の IP と node_B_2 の IP のディスクを割り当て

    ブートメニューで boot_after_MCC_transtion コマンドを実行した場合に、 node_A_1 と node_B_1 に対してすでに作成されているプール 1 のディスク割り当て

    1. 問題 node-a_2-IP で次のコマンドを実行します :`disk assign disk1disk2disk3...diskn -sysid node_B_2-ip-control-sysid -pool 1-force-`

    2. 問題 node_B_2 の次のコマンド:ディスク・割り当て disk1disk2disk3…​ diskn -sysid node-a_2 -ip-controller-sysid -pool 1 -force

  7. リモートディスクの所有権が更新されたことを確認します。「 Disk show 」

  8. 必要に応じて、次のコマンドを使用して所有権情報を更新します。

    1. advanced 権限モードに切り替えて、続行するかどうかを尋ねられたら「 y 」と入力します。「 set priv advanced

    2. ディスク所有権の更新 : 「ディスクの更新所有権のコントローラ名」

    3. admin モードに戻ります。 'set priv admin'

  9. node_B_2 IP および node_B_2 IP のルートアグリゲートをミラーリング:アグリゲートミラーアグリゲートルートアグリゲート

  10. ルートアグリゲートとデータアグリゲートのアグリゲートの再同期が完了したことを確認します。 aggr show aggr plex show

    再同期には時間がかかることがありますが、完了してから次の手順に進んでください。

  11. MetroCluster 構成を更新して新しいノードを組み込みます。

    1. advanced 権限モードに切り替えて、続行するかどうかを尋ねられたら「 y 」と入力します。「 set priv advanced

    2. 構成を更新します。

      設定内容 問題コマンド

      各クラスタにアグリゲートが 1 つあります。

      「 MetroCluster configure -refresh true -allow-with-one-aggregate true 」

      各クラスタに複数のアグリゲートがあります

      MetroCluster configure -refresh true

    3. admin モードに戻ります。 'set priv admin'

  12. MetroCluster 移行モードを無効にします。

    1. advanced 権限モードに切り替えて、続行するかどうかを尋ねられたら「 y 」と入力します。「 set priv advanced

    2. 移行モードを無効にします : MetroCluster transition disable

    3. admin モードに戻ります。 'set priv admin'

新しいノードにデータ LIF をセットアップ

新しいノード、 node_B_2 の IP および node_B_2 の IP にデータ LIF を設定する必要があります。

新しいコントローラで使用可能な新しいポートがブロードキャストドメインに割り当てられていない場合は、そのドメインに追加する必要があります。必要に応じて、新しいポートに VLAN またはインターフェイスグループを作成します。『ネットワーク管理ガイド』を参照してください。

  1. 次のコマンドを実行して、現在のポート使用状況およびブロードキャストドメインを確認します。「 network port show 」「 network port broadcast-domain show 」

  2. 必要に応じて、ブロードキャストドメインと VLAN にポートを追加します。

    1. IP スペースを表示します。「 network ipspace show 」

    2. IP スペースを作成し、必要に応じてデータポートを割り当てます。

    3. ブロードキャストドメインを表示します。「 network port broadcast-domain show 」

    4. 必要に応じて、ブロードキャストドメインにデータポートを追加します。

    5. 必要に応じて、 VLAN とインターフェイスグループを再作成します。

      VLAN およびインターフェイスグループのメンバーシップは、古いノードと異なる場合があります。

  3. 必要に応じて、 MetroCluster IP ノード( -mc を備えた SVM を含む)の適切なノードとポートで LIF がホストされていることを確認します。

    で収集した情報を参照してください ネットワーク設定を作成しています

    1. 次のコマンドを実行して、 LIF のホームポートを確認します。「 network interface show field home-port

    2. 必要に応じて、 LIF の設定を変更します。 vserver config override-command "network interface modify -vserver vserver_name -home-port active_port_after_upgrade -lif lif_name -home-node new_node_name ""

    3. LIF をそれぞれのホームポートにリバートします。「 network interface revert * -vserver vserver_name

SVM を起動する

LIF の設定が変更されたため、新しいノードで SVM を再起動する必要があります。

  1. MetroCluster vserver show で SVM の状態を確認します

  2. 「 vserver start -vserver svm_name -force true 」というサフィックスがない cluster_A の SVM を再起動します

  3. パートナークラスタで上記の手順を繰り返します。

  4. すべての SVM が「 MetroCluster vserver show 」の状態であることを確認します

  5. すべてのデータ LIF がオンラインであることを確認します。「 network interface show 」

新しいノードへのシステムボリュームの移動

耐障害性を高めるには、システムボリュームを controller_A_1 から IP コントローラ node_A_1 に、さらに node_B_1 から node_B_2 の IP に移動する必要があります。システムボリュームのデスティネーションノードにミラーされたアグリゲートを作成する必要があります。

システムボリュームの名前の形式は MDV_CRS_*A または MDV_CRS*B です_A と _B は、このセクション全体で使用される site_A と site_B の参照とは関係がありません。たとえば、 MDV_CRS*_A は site_A と関連付けられていません

  1. 必要に応じて、コントローラ node_A_1 の IP および node_B_2 の IP に少なくとも 3 本のプール 0 と 3 本のプール 1 ディスクを割り当てます。

  2. ディスクの自動割り当てを有効にします。

  3. site_A から次の手順を実行して、 _B システムボリュームを node_A_1 の IP から node_B_2 の IP に移動します

    1. システムボリュームを格納するためのミラーアグリゲートを controller_A_2 の IP に作成します。 aggr create -aggregate new_node_a_2 -ip_aggr -diskcount 10 -mirror true -node nodename _node_a_2 -ip `aggr show

      ミラーされたアグリゲートには、 5 つのプール 0 と 5 つのプール 1 スペアディスクが必要です。これらのディスクはコントローラ node_A_1 のコントローラ node_A_1 の IP で所有されます。

    ディスクが不足している場合は、 advanced オプションの「 -force-small-aggregate true 」を使用して、プール 0 とプール 1 のディスクを 3 本に制限できます。

    1. 管理 SVM に関連付けられているシステムボリュームの一覧を表示します。 vserver show `volume show -vserver admin -vserver-name

      site_A が所有するアグリゲートに含まれているボリュームを特定しますsite_B のシステムボリュームも表示されます。

  4. site_A 用の MDV_CRS_*_B システムボリュームを、コントローラ node_A_1 で作成されたミラーアグリゲートに移動します

    1. デスティネーションアグリゲートが存在するかどうかを確認します。 'volume move target-aggr show -vserver admin -vserver-name -volume system_vMDV_B'

      node_A_1 に作成されたアグリゲートが表示されます。

    2. ボリュームを、新たに作成した node_A_1 のアグリゲート、「 Set advanced 」の「 volume move start -vserver admin -vserver -vserver -volume system_volMDV_B -destination -aggregate new_node_A_1 -ip_aggr-cutover-window 40 」に移動します

    3. 移動操作のステータスを確認します。 'volume move show -vserver admin -vserver-name -volume system_vMDV_B'

    4. 移動処理が完了したら、 MDV_CRS_*_B システムが、 node_A_1 の新しいアグリゲート「 Set admin 」「 volume show -vserver admin -vserver admin -vserver 」に含まれていることを確認します

  5. site_B ( node_B_1 - IP と node_B_2 - IP )で上記の手順を繰り返します。