日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ディスクとアレイ LUN を使用する 2 ノードストレッチ MetroCluster 構成の例

寄稿者 ntap-bmegan netapp-jtures netapp-martyh netapp-ranuk netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ネイティブディスクおよびアレイ LUN を使用するストレッチ MetroCluster 構成では、 FC-to-SAS ブリッジまたは SAS 光ケーブルのいずれかを使用して ONTAP システムをディスクシェルフに接続する必要があります。また、 ONTAP システムにアレイ LUN を接続するためには、 FC スイッチを使用する必要があります。

ONTAP システムをネイティブディスクとアレイ LUN の両方に接続するには、 HBA ポートが 8 個以上必要です。

ディスクとアレイ LUN を使用する 2 ノードストレッチ MetroCluster 構成の次の例では、 HBA ポート 0a~0d をアレイ LUN との接続に使用します。HBA ポート 1a~1d を使用してネイティブディスクに接続されています。

次の図は、ネイティブディスクを SAS 光ケーブルで ONTAP システムに接続した 2 ノードストレッチ MetroCluster 構成の例です。

2 ノード MCC 、 Glowworm を組み合わせた

次の図は、ネイティブディスクを FC-to-SAS ブリッジで ONTAP システムに接続した 2 ノードストレッチ MetroCluster 構成の例です。

2 ノード MCC の合計は armadillo です

次の図は、アレイ LUN 接続を使用する 2 ノードストレッチ MetroCluster 構成の例です。

2 ノード MCC の統合アレイ LUN
必要に応じて、同じ FC スイッチを使用してネイティブディスクとアレイ LUN の両方を MetroCluster 構成のコントローラに接続することもできます。