日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster 構成におけるストレージアレイと FC スイッチのケーブル接続

寄稿者 netapp-thomi netapp-ivanad ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

MetroCluster 構成では、 ONTAP システムから特定のアレイ LUN に少なくとも 2 つのパスでアクセスできるように、ストレージアレイを FC スイッチに接続する必要があります。

作業を開始する前に
  • ストレージアレイが設定され、アレイ LUN が ONTAP に提供されている必要があります。

  • ONTAP コントローラが FC スイッチに接続されている必要があります。

  • MetroCluster サイト間で FC スイッチの ISL がケーブル接続されている必要があります。

  • このタスクは、両方の MetroCluster サイトの各ストレージアレイで実行する必要があります。

  • MetroCluster 構成のコントローラとストレージアレイは FC スイッチを介して接続する必要があります。

手順
  1. ストレージアレイのポートを FC スイッチのポートに接続します。

    各サイトで、ストレージアレイの冗長ポートペアを代替ファブリックの FC スイッチに接続します。これにより、アレイ LUN にアクセスするパスの冗長性が確保されます。

関連情報