日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コントローラ間およびコントローラとストレージシェルフのケーブル接続

寄稿者 netapp-ivanad netapp-jtures netapp-martyh ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

コントローラの FC-VI アダプタどうしを直接ケーブル接続する必要があります。コントローラの SAS ポートは、リモートとローカルの両方のストレージスタックにケーブル接続する必要があります。

このタスクは両方の MetroCluster サイトで実行する必要があります。

手順
  1. FC-VI ポートをケーブル接続します。

    MCC ケーブル接続、 fc vi コントローラからパートナーへ

    上の図は、一般的なケーブル接続を示しています。FC-VI ポートはコントローラモジュールによって異なります。

    • FAS8200 および AFF A300 コントローラモジュールでは、発注時に FC-VI 接続のオプションとして次のいずれかを選択できます。

      • オンボードポート 0e と 0f は、 FC-VI モードで設定します。

      • FC-VI カードのポート 1a および 1b は、スロット 1 に装着します。

    • AFF A700 および FAS9000 ストレージシステムのコントローラモジュールは、それぞれ FC-VI ポートを 4 つ使用します。

    • AFF A400 および FAS8300 ストレージシステムコントローラモジュールは、 FC-VI ポート 2a および 2b を使用します。

  2. SAS ポートをケーブル接続します。

    次の図は接続を示しています。使用するポートは、コントローラモジュールの利用可能な SAS ポートと FC-VI ポートによって異なることがあります。

    MCC 2 ノードの光ファイバ SAS スペース構成