日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

システムを通常動作に戻します

寄稿者 netapp-martyh NetAppZacharyWambold ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

最後の設定手順を実行し、 MetroCluster の設定を通常動作に戻す必要があります。

移行後の MetroCluster 処理の検証とドライブの割り当て

MetroCluster が正しく動作していることを確認し、新しいノードの 2 つ目のペア( node_B_2 - IP と node_B_2 - IP )にドライブを割り当てる必要があります。

  1. MetroCluster の構成タイプが ip-fabric : MetroCluster show であることを確認します

  2. MetroCluster チェックを実行します。

    1. 問題次のコマンドを実行します MetroCluster check run

    2. MetroCluster チェックの結果を表示します。「 MetroCluster check show 」

  3. MetroCluster IP ノードを持つ DR グループが構成されていることを確認します MetroCluster node show

  4. 必要に応じて、各サイトでコントローラの node_B_2 IP および node_B_2 の IP 用に追加のデータアグリゲートを作成してミラーリング

新しいコントローラモジュール用のライセンスをインストールしています

標準(ノードロック)ライセンスが必要な ONTAP サービスがある場合は、新しいコントローラモジュールにライセンスを追加する必要があります。標準ライセンスを使用する機能では、クラスタ内の各ノードにその機能用のキーが必要です。

ライセンスの詳細については、ネットアップサポートサイトの技術情報アーティクル 3013749 :「 Data ONTAP 8.2 Licensing Overview and References 」と「 System Administration Reference」 を参照してください。

  1. 必要に応じて、ネットアップサポートサイトの「ソフトウェアライセンス」の下の「 My Support 」セクションで新しいノードのライセンスキーを取得します。

    必要なライセンスキーがサイトにない場合は、営業またはサポート担当者にお問い合わせください。

  2. 問題各ライセンスキーをインストールするには、次のコマンドを実行します。 'system license add license-code license_key'

    license_key は 28 桁の数字です。

    必要な標準(ノードロック)ライセンスごとにこの手順を繰り返します。

ノードの設定を完了します

手順を完了する前に実行できるその他の設定手順があります。これらの手順の一部はオプションです。

  1. サービスプロセッサを設定します。「 system service-processor network modify 」

  2. 新しいノードで AutoSupport を設定します。「 system node AutoSupport modify 」

  3. 必要に応じて、コントローラの名前を移行時に変更できます。コントローラの名前を変更するには、「 system node rename -node <old-name> -newname <new-name> 」コマンドを使用します

    名前変更処理が完了するまでに数分かかることがあります。system show -fields node コマンドを使用して他の手順を続行する前に、名前の変更が各ノードに伝播されていることを確認します。

  4. 必要に応じて監視サービスを設定します。

    リンク: ./install-ip/concept_consideration_mediator.adoc

メンテナンス後にカスタム AutoSupport メッセージを送信する

移行が完了したら、メンテナンスの終了を通知する AutoSupport メッセージを送信してケースの自動作成を再開します。

  1. サポートケースの自動生成を再開するには、メンテナンスが完了したことを示す AutoSupport メッセージを送信します。

    1. 問題次のコマンドを実行します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=end 」

    2. パートナークラスタに対してこのコマンドを繰り返します。