日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Brocade FC スイッチの RCF ファイルをインストールします

寄稿者 netapp-thomi netapp-martyh netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

Brocade FC スイッチを設定する際には、特定の構成のスイッチ設定がすべて定義されたスイッチ構成ファイルをインストールできます。

この手順は、 MetroCluster ファブリック構成内の各 Brocade FC スイッチで実行する必要があります。

手順
  1. ダウンロードと設定のプロセスを開始します。

    「 configDownload 」

    次の例に示すようにプロンプトに応答します。

    FC_switch_A_1:admin> configDownload
    Protocol (scp, ftp, sftp, local) [ftp]:
    Server Name or IP Address [host]: <user input>
    User Name [user]:<user input>
    Path/Filename [<home dir>/config.txt]:path to configuration file
    Section (all|chassis|switch [all]): all
    .
    .
    .
    Do you want to continue [y/n]: y
    Password: <user input>

    パスワードを入力すると、スイッチはコンフィギュレーションファイルをダウンロードして実行します。

  2. スイッチを永続的に有効にします。

    'witchcfgpersistentenable

    次の例は、 FC switch_A_1 を永続的に有効にします。

    FC_switch_A_1:admin> switchcfgpersistentenable
  3. 次のコマンドを実行して、構成ファイルでスイッチドメインが設定されたことを確認します。

    'witchshow'

    スイッチが使用する構成ファイルに応じて、各スイッチに異なるドメイン番号が割り当てられます。

    FC_switch_A_1:admin> switchShow
    switchName: FC_switch_A_1
    switchType: 109.1
    switchState: Online
    switchMode: Native
    switchRole: Subordinate
    switchDomain: 5
  4. 次の表に示すように、スイッチに正しいドメイン値が割り当てられていることを確認します。

    ファブリック

    スイッチ

    スイッチドメイン

    1.

    A_1

    5.

    B_1.

    7.

    2.

    A_2

    6.

    B_2

  5. ポート速度を変更します。

    「 portcfgspeed 」

    FC_switch_A_1:admin> portcfgspeed port number port speed

    デフォルトでは、すべてのポートが 16Gbps で動作するように設定されています。ポート速度は次のような理由で変更される可能性があります。

    • 8 Gbps の FC-VI アダプタを使用し、スイッチポート速度を 8Gbps に設定している場合、インターコネクトスイッチポート速度を変更する必要があります。

    • ATTO FibreBridge 6500N に 8 Gbps HBA アダプタを使用している場合は、スイッチポート速度を変更する必要があります。

    • ISL が 16Gbps で実行されない場合は、 ISL ポートの速度を変更する必要があります。

  6. ISL の距離を計算します。

    FC-VI の動作により、この距離を 10 ( LE )以上の実際の距離の 1.5 倍に設定する必要があります。ISL の距離は次のように計算され、 km 単位に切り上げられます。 1.5 × 実際の距離 = 距離です。

    距離が 3km の場合は、 1.5 × 3 km = 4.5 となります。これは 10 より小さいため、 ISL は LE の距離レベルに設定する必要があります。

    この距離は 20km の場合は、 20km × 1.5 = 30 となり、ISL は LS 距離レベルに設定する必要があります。

  7. ISL ポートごとに距離を設定します。

    longdistance_port level vc_link_init__ distance_ddistance value

    vc_link_init の値が 1 の場合は、デフォルトで fillword 「 ARB 」が使用されます。0 の値は、 fillword "idle" を使用します。必要な値は、使用するリンクによって異なる場合があります。この例では、デフォルトが設定され、距離は 20 km と想定されていますしたがって、設定は「 30 」で、 VC_link_init の値は「 1 」、 ISL ポートは「 21 」です。

    例: ls

    FC_switch_A_1:admin> portcfglongdistance 21 LS 1 -distance 30

    例: LE

    FC_switch_A_1:admin> portcfglongdistance 21 LE 1
  8. IP アドレスが正しく設定されていることを確認します。

    ipaddrshow

    FC_switch_A_1:admin> ipAddrshow

    必要に応じて、次のコマンドで IP アドレスを設定できます。

    ipAddrSet

  9. スイッチのプロンプトでタイムゾーンを設定します。

    tstimezone — 対話型

    プロンプトに対してと入力します。

    FC_switch_A_1:admin>  tstimezone --interactive
  10. スイッチをリブートします。

    「再起動」

    次の例は、 FC switch_A_1 をリブートします。

    FC_switch_A_1:admin> reboot
  11. 距離設定を確認します。

    portbuffershow

    LE の距離設定は 10 km と表示されます

    FC_Switch_A_1:admin> portbuffershow
    User Port Lx   Max/Resv Buffer Needed  Link     Remaining
    Port Type Mode Buffers  Usage  Buffers Distance Buffers
    ---- ---- ---- ------- ------ ------- --------- ----------
    ...
    21    E    -      8      67     67      30 km
    22    E    -      8      67     67      30 km
    ...
    23    -    8      0       -      -      466
  12. ISL ケーブルを、取り外したスイッチのポートに再接続します。

    工場出荷時の設定にリセットすると、 ISL ケーブルは切断されています。

  13. 構成を検証

    1. スイッチが 1 つのファブリックを形成することを確認します。

      'witchshow'

      次の例は、ポート 20 とポート 21 上の ISL を使用する構成の出力です。

      FC_switch_A_1:admin> switchshow
      switchName: FC_switch_A_1
      switchType: 109.1
      switchState:Online
      switchMode: Native
      switchRole: Subordinate
      switchDomain:       5
      switchId:   fffc01
      switchWwn:  10:00:00:05:33:86:89:cb
      zoning:             OFF
      switchBeacon:       OFF
      
      Index Port Address Media Speed State  Proto
      ===========================================
      ...
      20   20  010C00   id    16G  Online FC  LE E-Port  10:00:00:05:33:8c:2e:9a "FC_switch_B_1" (downstream)(trunk master)
      21   21  010D00   id    16G  Online FC  LE E-Port  (Trunk port, master is Port 20)
      ...
    2. ファブリックの設定を確認します。

      「 fabricshow` 」

      FC_switch_A_1:admin> fabricshow
         Switch ID   Worldwide Name      Enet IP Addr FC IP Addr Name
      -----------------------------------------------------------------
      1: fffc01 10:00:00:05:33:86:89:cb 10.10.10.55  0.0.0.0    "FC_switch_A_1"
      3: fffc03 10:00:00:05:33:8c:2e:9a 10.10.10.65  0.0.0.0   >"FC_switch_B_1"
    3. ISL が機能していることを確認します。

      「 islshow` 」

      FC_switch_A_1:admin> islshow
    4. ゾーニングが正しくレプリケートされたことを確認します。

      「 cfgshow 」+「 zoneshow 」と入力します

    両方の出力に、両方のスイッチの同じ設定情報とゾーニング情報が表示されます。

    1. トランキングが使用されている場合は、次のコマンドでトランキングを確認できます。 trunkShow'

      FC_switch_A_1:admin> trunkshow