日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster IP 構成の一部

寄稿者 ntap-bmegan netapp-thomi NetAppZacharyWambold netapp-martyh このページの PDF をダウンロード

MetroCluster IP 構成を計画するときは、ハードウェアコンポーネントとその相互接続について理解しておく必要があります。

主要なハードウェア要素

MetroCluster IP の設定には、次の主要なハードウェア要素が含まれます。

  • ストレージコントローラ

    ストレージコントローラは 2 つの 2 ノードクラスタとして構成されます。

  • IP ネットワーク

    このバックエンド IP ネットワークは、次の 2 つの用途に接続を提供します。

    • クラスタ内通信用の標準クラスタ接続。

      これは、 MetroCluster 以外の ONTAP スイッチクラスタで使用されるクラスタスイッチ機能と同じです。

    • ストレージデータと不揮発性キャッシュのレプリケーション用の MetroCluster バックエンド接続。

  • クラスタピアリングネットワーク

    クラスタピアリングネットワークは、 Storage Virtual Machine ( SVM )の設定を含むクラスタ構成をミラーするための接続を提供します。一方のクラスタのすべての SVM の設定が、パートナークラスタにミラーされます。

MCC IP ハードウェアアーキテクチャ MCC IP

ディザスタリカバリ( DR )グループ

MetroCluster IP 構成は、 4 つのノードからなる 1 つの DR グループで構成されます。

次の図は、 4 ノード MetroCluster 構成におけるノードの編成を示しています。

MCC DR グループ 4 ノード

MetroCluster 構成のローカル HA ペアの図

各 MetroCluster サイトは、 HA ペアとして構成されているストレージコントローラで構成されています。これによってローカルでの冗長性が実現し、一方のストレージコントローラに障害が発生した場合はローカルの HA パートナーがテイクオーバーできるようになります。このような障害には、 MetroCluster のスイッチオーバー処理は必要ありません。

ローカルの HA フェイルオーバー処理とギブバック処理は、非 MetroCluster 構成と同じように、 storage failover コマンドで実行します。

MCC IP ハードウェアアーキテクチャ HA ペア

MetroCluster IP およびクラスタインターコネクトネットワークの図

ONTAP クラスタには、通常、クラスタ内のノード間のトラフィック用にクラスタインターコネクトネットワークが含まれています。MetroCluster IP 構成では、 MetroCluster サイト間のデータレプリケーショントラフィックにもこのネットワークが使用されます。

MCC IP ハードウェアアーキテクチャ IP インターコネクト

MetroCluster IP 構成の各ノードには、バックエンド IP ネットワークへの接続用に専用の LIF があります。

  • 2 つの MetroCluster IP インターフェイス

  • 1 つのクラスタ間 LIF

これらのインターフェイスを次の図に示します。ポートの用途は AFF A700 または FAS9000 システムの場合のものです。

MCC IP LIF の用途

クラスタピアリングネットワークの図

MetroCluster 構成の 2 つのクラスタは、お客様のクラスタピアリングネットワーク経由でピアリングされています。クラスタピアリングは、サイト間の Storage Virtual Machine ( SVM 、旧 Vserver )の同期ミラーリングをサポートしています。

MetroCluster 構成の各ノードにインタークラスタ LIF が設定され、クラスタがピアリング用に設定されている必要があります。インタークラスタ LIF が設定されたポートが、お客様のクラスタピアリングネットワークに接続されます。SVM 構成は、このネットワーク経由で、 Configuration Replication Service を使用してレプリケートされます。

MCC IP ハードウェアアーキテクチャでクラスタピアリングネットワークを構築