日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster IP 構成に必要な環境変数を設定します

寄稿者 netapp-thomi netapp-martyh netapp-pcarriga このページの PDF をダウンロード

MetroCluster IP 構成では、イーサネットポートの MetroCluster インターフェイスの IP アドレスを取得し、そのアドレスを使用して交換用コントローラモジュールのインターフェイスを設定する必要があります。

このタスクを実行する必要があるのは、 MetroCluster IP 構成の場合だけです。

このタスクのコマンドは、サバイバーサイトのクラスタプロンプトおよびディザスタサイトのノードの LOADER プロンプトから実行します。

これらの例のノードの MetroCluster IP 接続には、次の IP アドレスが使用されます。

注記 以下は AFF A700 システムまたは FAS9000 システムの例です。インターフェイスはプラットフォームモデルによって異なります。

ノード

ポート

IP アドレス

node_A_1

e5

172.17.26.10

e5b

172.17.27.10

Node_a_2

e5

172.17.26.11

e5b

172.17.27.11

node_B_1

e5

172.17.26.13

e5b

172.17.27.13

node_B_2

e5

172.17.26.12

次の表は、ノードと各ノードの MetroCluster IP アドレスの関係をまとめたものです。

ノード

HA パートナー

DR パートナー

DR 補助パートナー

node_A_1

  • e5a : 172.17.26.10

  • e5b : 172.17.27.10

Node_a_2

  • e51:172.17.26.11

  • e5b : 172.17.27.11

node_B_1

  • e51:172.17.26.13

  • e5b : 172.17.27.13

node_B_2

  • e5a : 172.17.26.12

  • e5b : 172.17.27.12

Node_a_2

  • e51:172.17.26.11

  • e5b : 172.17.27.11

node_A_1

  • e5a : 172.17.26.10

  • e5b : 172.17.27.10

node_B_2

  • e5a : 172.17.26.12

  • e5b : 172.17.27.12

node_B_1

  • e51:172.17.26.13

  • e5b : 172.17.27.13

node_B_1

  • e51:172.17.26.13

  • e5b : 172.17.27.13

node_B_2

  • e5a : 172.17.26.12

  • e5b : 172.17.27.12

node_A_1

  • e5a : 172.17.26.10

  • e5b : 172.17.27.10

Node_a_2

  • e51:172.17.26.11

  • e5b : 172.17.27.11

node_B_2

  • e5a : 172.17.26.12

  • e5b : 172.17.27.12

node_B_1

  • e51:172.17.26.13

  • e5b : 172.17.27.13

Node_a_2

  • e51:172.17.26.11

  • e5b : 172.17.27.11

node_A_1

  • e5a : 172.17.26.10

  • e5b : 172.17.27.10

次の表に、 MetroCluster IP インターフェイスで VLAN ID を使用するプラットフォームモデルを示します。デフォルトの VLAN ID を使用しない場合、これらのモデルでは追加の手順が必要になることがあります。

MetroCluster IP インターフェイスで VLAN ID を使用するプラットフォームモデル

  • AFF A220

  • AFF A250

  • AFF A400

  • FAS500f

  • FAS2750

  • FAS8300

  • FAS8700 の場合

手順
  1. サバイバーサイトから、ディザスタサイトの MetroCluster インターフェイスの IP アドレスを収集します。

    「 MetroCluster configurion-settings connection show 」を参照してください

    必要なアドレスは、「 * Destination Network Address * 」列に表示されている DR パートナーのアドレスです。

    次の出力は、 AFF A700 システムと FAS9000 システムを使用した構成で MetroCluster IP インターフェイスがポート e5a および e5b にある場合の IP アドレスを示しています。インターフェイスはプラットフォームのタイプによって異なります。

    cluster_B::*> metrocluster configuration-settings connection show
    DR                    Source          Destination
    DR                    Source          Destination
    Group Cluster Node    Network Address Network Address Partner Type Config State
    ----- ------- ------- --------------- --------------- ------------ ------------
    1     cluster_B
                  node_B_1
                     Home Port: e5a
                          172.17.26.13    172.17.26.12    HA Partner   completed
                     Home Port: e5a
                          172.17.26.13    172.17.26.10    DR Partner   completed
                     Home Port: e5a
                          172.17.26.13    172.17.26.11    DR Auxiliary completed
                     Home Port: e5b
                          172.17.27.13    172.17.27.12    HA Partner   completed
                     Home Port: e5b
                          172.17.27.13    172.17.27.10    DR Partner   completed
                     Home Port: e5b
                          172.17.27.13    172.17.27.11    DR Auxiliary completed
                  node_B_2
                     Home Port: e5a
                          172.17.26.12    172.17.26.13    HA Partner   completed
                     Home Port: e5a
                          172.17.26.12    172.17.26.11    DR Partner   completed
                     Home Port: e5a
                          172.17.26.12    172.17.26.10    DR Auxiliary completed
                     Home Port: e5b
                          172.17.27.12    172.17.27.13    HA Partner   completed
                     Home Port: e5b
                          172.17.27.12    172.17.27.11    DR Partner   completed
                     Home Port: e5b
                          172.17.27.12    172.17.27.10    DR Auxiliary completed
    12 entries were displayed.
  2. インターフェイスの VLAN ID またはゲートウェイアドレスを確認する必要がある場合は、サバイバーサイトから VLAN ID を確認します。

    「 MetroCluster configurion-settings interface show 」を参照してください

    • プラットフォームモデルで VLAN ID を使用している場合(上記のリストを参照)、およびデフォルトの VLAN ID を使用していない場合は、 VLAN ID が必要です。

    • を使用する場合は、ゲートウェイアドレスが必要です "レイヤ 3 ワイドエリアネットワーク"

      VLAN ID は、出力の * Network Address * 列に含まれています。[Gateway] 列には、ゲートウェイ IP アドレスが表示されます。

      次の例では、 VLAN ID が 120 の e0a と、 VLAN ID が 130 の e0b がインターフェイスです。

    Cluster-A::*> metrocluster configuration-settings interface show
    DR                                                                     Config
    Group Cluster Node     Network Address Netmask         Gateway         State
    ----- ------- ------- --------------- --------------- --------------- ---------
    1
          cluster_A
                  node_A_1
                      Home Port: e0a-120
                              172.17.26.10  255.255.255.0  -            completed
                      Home Port: e0b-130
                              172.17.27.10  255.255.255.0  -            completed
  3. ディザスタサイトのノードで VLAN ID を使用している場合(上記の一覧を参照)は、各ディザスタサイトのノードの LOADER プロンプトで次の bootarg を設定します。

    setenv bootarg.mcc.port_a_ip_config local-IP-address/local-IP-mask,gateway-IP-address,HA-partner-IP-address,DR-partner-IP-address,DR-aux-partnerIP-address,vlan-id
    
    setenv bootarg.mcc.port_b_ip_config local-IP-address/local-IP-mask,gateway-IP-address,HA-partner-IP-address,DR-partner-IP-address,DR-aux-partnerIP-address,vlan-id
    注記
    • インターフェイスがデフォルト VLAN を使用している場合、またはプラットフォームモデルが VLAN を必要としない場合(上記のリストを参照)、 vlan-id は必要ありません。

    • 構成が使用していない場合 "レイヤ 3 広域ネットワーク"、 _gateway-ip-address_is * 0 * (ゼロ)の値。

    • インターフェイスがデフォルト VLAN を使用している場合、またはプラットフォームモデルが VLAN を必要としない場合(上記のリストを参照)、 vlan-id は必要ありません。

    • 構成が使用していない場合 "レイヤ 3 バックエンド接続"、 _gateway-ip-address_is * 0 * (ゼロ)の値。

      次のコマンドは、最初のネットワークに VLAN 120 、 2 番目のネットワークに VLAN 130 を使用して node_A_1 の値を設定します。

    setenv bootarg.mcc.port_a_ip_config 172.17.26.10/23,0,172.17.26.11,172.17.26.13,172.17.26.12,120
    
    setenv bootarg.mcc.port_b_ip_config 172.17.27.10/23,0,172.17.27.11,172.17.27.13,172.17.27.12,130

    次の例は、 VLAN ID のない node_A_1 のコマンドを示しています。

    setenv bootarg.mcc.port_a_ip_config 172.17.26.10/23,0,172.17.26.11,172.17.26.13,172.17.26.12
    
    setenv bootarg.mcc.port_b_ip_config 172.17.27.10/23,0,172.17.27.11,172.17.27.13,172.17.27.12
  4. ディザスタサイトのノードが VLAN ID を使用するシステムでない場合は、各ディザスタノードの LOADER プロンプトで、「 local_IP/mask 、 gateway 」の形式で次の bootarg を設定します。

    setenv bootarg.mcc.port_a_ip_config local-IP-address/local-IP-mask,0,HA-partner-IP-address,DR-partner-IP-address,DR-aux-partnerIP-address
    
    
    setenv bootarg.mcc.port_b_ip_config local-IP-address/local-IP-mask,0,HA-partner-IP-address,DR-partner-IP-address,DR-aux-partnerIP-address
    注記
    • インターフェイスがデフォルト VLAN を使用している場合、またはプラットフォームモデルが VLAN を必要としない場合(上記のリストを参照)、 vlan-id は必要ありません。

    • 構成が使用していない場合 "レイヤ 3 ワイドエリアネットワーク"、 _gateway-ip-address_is * 0 * (ゼロ)の値。

    次のコマンドは、 node_A_1 の値を設定します。この例では、 _gateway-ip-address_or_vlan-id_values は使用されません。

    setenv bootarg.mcc.port_a_ip_config 172.17.26.10/23,0,172.17.26.11,172.17.26.13,172.17.26.12
    
    setenv bootarg.mcc.port_b_ip_config 172.17.27.10/23,0,172.17.27.11,172.17.27.13,172.17.27.12
  5. サバイバーサイトから、ディザスタサイトの UUID を収集します。

    MetroCluster node show -fields node-cluster.uuid 、 node-uuid

    cluster_B::> metrocluster node show -fields node-cluster-uuid, node-uuid
    
      (metrocluster node show)
    dr-group-id cluster     node     node-uuid                            node-cluster-uuid
    ----------- ----------- -------- ------------------------------------ ------------------------------
    1           cluster_A   node_A_1 f03cb63c-9a7e-11e7-b68b-00a098908039 ee7db9d5-9a82-11e7-b68b-00a098
                                                                            908039
    1           cluster_A   node_A_2 aa9a7a7a-9a81-11e7-a4e9-00a098908c35 ee7db9d5-9a82-11e7-b68b-00a098
                                                                            908039
    1           cluster_B   node_B_1 f37b240b-9ac1-11e7-9b42-00a098c9e55d 07958819-9ac6-11e7-9b42-00a098
                                                                            c9e55d
    1           cluster_B   node_B_2 bf8e3f8f-9ac4-11e7-bd4e-00a098ca379f 07958819-9ac6-11e7-9b42-00a098
                                                                            c9e55d
    4 entries were displayed.
    cluster_A::*>

    ノード

    UUID

    cluster_B

    07958819 - 9ac6-11e7-9b42 - 00a098c9e55d

    node_B_1

    f37b240b-9ac1-11e7-9b42 -00a098c9e55d

    node_B_2

    bf8e3f8f-9ac4-117-bd4e-00a098c379f です

    cluster_A

    ee7db9d5-9a82-11e7-b68b-00a098908039

    node_A_1

    f03cb63c-9a7e-11e7-b68b-00a098908039

    Node_a_2

    aa9a7a7a1-9a81-11e7-a4e9-00a098908c35

  6. 交換用ノードの LOADER プロンプトで、 UUID を設定します。

    setenv bootarg.mgwd.partner_cluster_uuid partner-cluster-UUID
    
    setenv bootarg.mgwd.cluster_uuid local-cluster-UUID
    
    setenv bootarg.mcc.pri_partner_uuid DR-partner-node-UUID
    
    setenv bootarg.mcc.aux_partner_uuid DR-aux-partner-node-UUID
    
    setenv bootarg.mcc_iscsi.node_uuid local-node-UUID`
    1. node_A_1 の UUID を設定します。

      次の例は、 node_A_1 の UUID を設定するコマンドを示しています。

      setenv bootarg.mgwd.cluster_uuid ee7db9d5-9a82-11e7-b68b-00a098908039
      
      setenv bootarg.mgwd.partner_cluster_uuid 07958819-9ac6-11e7-9b42-00a098c9e55d
      
      setenv bootarg.mcc.pri_partner_uuid f37b240b-9ac1-11e7-9b42-00a098c9e55d
      
      setenv bootarg.mcc.aux_partner_uuid bf8e3f8f-9ac4-11e7-bd4e-00a098ca379f
      
      setenv bootarg.mcc_iscsi.node_uuid f03cb63c-9a7e-11e7-b68b-00a098908039
    2. node_A_2 の UUID を設定します。

      次の例は、 node_A_2 の UUID を設定するコマンドを示しています。

    setenv bootarg.mgwd.cluster_uuid ee7db9d5-9a82-11e7-b68b-00a098908039
    
    setenv bootarg.mgwd.partner_cluster_uuid 07958819-9ac6-11e7-9b42-00a098c9e55d
    
    setenv bootarg.mcc.pri_partner_uuid bf8e3f8f-9ac4-11e7-bd4e-00a098ca379f
    
    setenv bootarg.mcc.aux_partner_uuid f37b240b-9ac1-11e7-9b42-00a098c9e55d
    
    setenv bootarg.mcc_iscsi.node_uuid aa9a7a7a-9a81-11e7-a4e9-00a098908c35
  7. 元のシステムが ADP 用に設定されていた場合は、交換用ノードの LOADER プロンプトで ADP を有効にします。

    'etenv bootarg.me.adp_enabled true

  8. 交換用ノードの LOADER プロンプトで ONTAP 9.5 、 9.6 、または 9.7 を実行している場合は、次の変数を有効にします。

    'etenv bootarg.mf.lun_part true

    1. node_A_1 の変数を設定します。

      次の例は、 ONTAP 9.6 を実行している場合に node_A_1 の値を設定するコマンドを示しています。

      setenv bootarg.mcc.lun_part true
    2. node_A_1 の変数を設定します。

      次の例は、 ONTAP 9.6 を実行している場合に node_A_1 の値を設定するコマンドを示しています。

    setenv bootarg.mcc.lun_part true
  9. 元のシステムが ADP 用に設定されていた場合は、交換用ノードの LOADER プロンプトで、元のシステム ID (交換用コントローラモジュールのシステム ID ではなく * )とノードの DR パートナーのシステム ID を設定します。

    'setenv bootarg.me.local_config_id original-SysID

    'etenv bootarg.MCC.DR_partner DR_PARTNER -SysID

    1. node_A_1 の変数を設定します。

      次の例は、 node_A_1 のシステム ID を設定するコマンドを示しています。

      • node_A_1 の古いシステム ID は 4068741258 です。

      • node_B_1 のシステム ID は 4068741254 です。

        setenv bootarg.mcc.local_config_id 4068741258
        setenv bootarg.mcc.dr_partner 4068741254
    2. node_A_1 の変数を設定します。

      次の例は、 node_A_1 のシステム ID を設定するコマンドを示しています。

      • node_A_1 の古いシステム ID は 4068741260 です。

      • node_B_1 のシステム ID は 4068741256 です。

        setenv bootarg.mcc.local_config_id 4068741260
        setenv bootarg.mcc.dr_partner 4068741256