日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アレイ LUN を使用する 8 ノード MetroCluster 構成におけるスイッチゾーニング例

寄稿者 ntap-bmegan netapp-thomi netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

スイッチゾーニングは、接続されているノード間のパスを定義しますゾーニングを設定すると、特定の ONTAP システムでどのアレイ LUN を認識できるかを定義できます。

8 ノード MetroCluster 構成は、 4 ノードの 2 つの DR グループで構成されます。最初の DR グループは、次のノードで構成されます。

  • controller_A_1

  • controller_A_2

  • controller_B_1

  • controller_B_2

2 つ目の DR グループは、次のノードで構成されます。

  • Controller_A_1

  • Controller_A_1

  • controller_B_2

  • controller_B_2

スイッチゾーニングを設定するには、最初の DR グループの 4 ノード MetroCluster 構成のゾーニング例を使用します。

2 つ目の DR グループのゾーニングを設定するには、同じ例に従い、 2 つ目の DR グループのコントローラに属する FC イニシエータポートとアレイ LUN を使用して設定します。

関連情報