日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FC SAN ワークロードを MetroCluster FC ノードから MetroCluster IP ノードに移動する

寄稿者 netapp-martyh NetAppZacharyWambold ntap-bmegan このページの PDF をダウンロード

MetroCluster FC ノードから IP ノードへの無停止移行時は、 FC SAN ホストオブジェクトを MetroCluster FC ノードから IP ノードに無停止で移動する必要があります。

  1. MetroCluster IP ノードで新しい FC インターフェイス( LIF )をセットアップします。

    1. 必要に応じて、 MetroCluster IP ノードで、 FC ターゲットパーソナリティへのクライアント接続に使用する FC ポートを変更します。

      ノードのリブートが必要になる場合があります。

    2. すべての SAN SVM の IP ノードに FC LIF / インターフェイスを作成します。必要に応じて、新しく作成した FC LIF の WWPN が FC SAN スイッチにログインすることを確認します

  2. MetroCluster IP ノードに新しく追加した FC LIF の SAN ゾーニング設定を更新します。

    FC SAN クライアントにデータをアクティブに提供している LUN を含むボリュームを移動しやすいように、既存の FC スイッチゾーンを更新して、 FC SAN クライアントが MetroCluster IP ノード上の LUN にアクセスできるようにします。

    1. FC SAN スイッチ( Cisco または Brocade )で、新しく追加した FC SAN LIF の WWPN をゾーンに追加します。

    2. ゾーニングの変更を更新、保存、コミットします。

    3. クライアントから、 MetroCluster IP ノード上の新しい SAN LIF への FC イニシエータログインを確認します。「 svmluns lun show -p

      この時点で、クライアントは MetroCluster FC ノードと MetroCluster IP ノードの両方の FC インターフェイスを認識し、ログインしている必要があります。LUN とボリュームは引き続き MetroCluster FC ノードで物理的にホストされます。

      MetroCluster は FC ノードインターフェイスでのみ報告されるため、クライアントには FC ノード経由のパスのみが表示されます。この値は、 sanlun lun show -p コマンドおよび multipath -ll -d コマンドの出力に表示されます。

    [root@stemgr]# sanlun lun show -p
    ONTAP Path: vsa_1:/vol/vsa_1_vol6/lun_linux_12
     LUN: 4
     LUN Size: 2g
     Product: cDOT
     Host Device: 3600a098038304646513f4f674e52774b
     Multipath Policy: service-time 0
     Multipath Provider: Native
    --------- ---------- ------- ------------ ----------------------------------------------
    host vserver
    path path /dev/ host vserver
    state type node adapter LIF
    --------- ---------- ------- ------------ ----------------------------------------------
    up primary sdk host3 iscsi_lf__n2_p1_
    up secondary sdh host2 iscsi_lf__n1_p1_
    
    [root@stemgr]# multipath -ll -d
    3600a098038304646513f4f674e52774b dm-5 NETAPP ,LUN C-Mode
    size=2.0G features='4 queue_if_no_path pg_init_retries 50 retain_attached_hw_handle' hwhandler='1 alua' wp=rw
    |-+- policy='service-time 0' prio=50 status=active
    | `- 3:0:0:4 sdk 8:160 active ready running
    `-+- policy='service-time 0' prio=10 status=enabled
     `- 2:0:0:4 sdh 8:112 active ready running
  3. レポートノードを変更して MetroCluster IP ノードを追加します

    1. SVM 上の LUN のレポートノードを一覧表示します。 lun mapping show -vserver vserver-name -fields reporting-nodes -ostype linux

      表示されるレポートノードはローカルノードで、 LUN は FC ノード A_1 および a_2 に物理的に配置されています。

      cluster_A::> lun mapping show -vserver vsa_1 -fields reporting-nodes -ostype linux
      
      vserver  path                        igroup         reporting-nodes
      -------  --------------------------- ------------   -------------------------------------
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol1/lun_linux_2 igroup_linux   A_1,A_2
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol1/lun_linux_3 igroup_linux   A_1,A_2
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol2/lun_linux_4 igroup_linux   A_1,A_2
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol3/lun_linux_7 igroup_linux   A_1,A_2
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol4/lun_linux_8 igroup_linux   A_1,A_2
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol4/lun_linux_9 igroup_linux   A_1,A_2
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol6/lun_linux_12 igroup_linux  A_1,A_2
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol6/lun_linux_13 igroup_linux  A_1,A_2
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol7/lun_linux_14 igroup_linux  A_1,A_2
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol8/lun_linux_17 igroup_linux  A_1,A_2
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol9/lun_linux_18 igroup_linux  A_1,A_2
      vsa_1    /vol/vsa_1_vol9/lun_linux_19 igroup_linux  A_1,A_2
      12 entries were displayed.
    2. MetroCluster IP ノードを追加してレポートノードを追加します。

      cluster_A::> lun mapping add-reporting-nodes -vserver vsa_1 -path /vol/vsa_1_vol*/lun_linux_* -nodes B_1,B_2 -igroup igroup_linux
      
      12 entries were acted on.
    3. レポートノードをリストし、新しいノードが存在することを確認します。

      cluster_A::> lun mapping show -vserver vsa_1 -fields reporting-nodes -ostype linux
      
      vserver path                          igroup          reporting-nodes
      ------- ---------------------------   ------------    -------------------------------------------------------------------------------
      
      vsa_1   /vol/vsa_1_vol1/lun_linux_2   igroup_linux    A_1,A_2,B_1,B_2
      vsa_1   /vol/vsa_1_vol1/lun_linux_3   igroup_linux    A_1,A_2,B_1,B_2
      vsa_1   /vol/vsa_1_vol2/lun_linux_4   igroup_linux    A_1,A_2,B_1,B_2
      vsa_1   /vol/vsa_1_vol3/lun_linux_7   igroup_linux    A_1,A_2,B_1,B_2
      ...
      
      12 entries were displayed.
    4. ホスト上の SCSI バスを再スキャンして ' 新しく追加されたパスを検出します :/usr/bin/rescan-scsi-bus.sh -a

      [root@stemgr]# /usr/bin/rescan-scsi-bus.sh -a
      Scanning SCSI subsystem for new devices
      Scanning host 0 for SCSI target IDs 0 1 2 3 4 5 6 7, all LUNs
      Scanning host 1 for SCSI target IDs 0 1 2 3 4 5 6 7, all LUNs
      Scanning host 2 for SCSI target IDs 0 1 2 3 4 5 6 7, all LUNs
       Scanning for device 2 0 0 0 ...
      .
      .
      .
      OLD: Host: scsi5 Channel: 00 Id: 00 Lun: 09
       Vendor: NETAPP Model: LUN C-Mode Rev: 9800
       Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 05
      0 new or changed device(s) found.
      0 remapped or resized device(s) found.
      0 device(s) removed.
    5. 新しく追加されたパス「 'lun lun lun lun show -p 」を表示します

      各 LUN には 4 つのパスがあります。

      [root@stemgr]# sanlun lun show -p
      ONTAP Path: vsa_1:/vol/vsa_1_vol6/lun_linux_12
       LUN: 4
       LUN Size: 2g
       Product: cDOT
       Host Device: 3600a098038304646513f4f674e52774b
       Multipath Policy: service-time 0
       Multipath Provider: Native
      --------- ---------- ------- ------------ ----------------------------------------------
      host vserver
      path path /dev/ host vserver
      state type node adapter LIF
      --------- ---------- ------- ------------ ----------------------------------------------
      up primary sdk host3 iscsi_lf__n2_p1_
      up secondary sdh host2 iscsi_lf__n1_p1_
      up secondary sdag host4 iscsi_lf__n4_p1_
      up secondary sdah host5 iscsi_lf__n3_p1_
    6. コントローラで、 LUN が含まれているボリュームを MetroCluster FC から MetroCluster IP ノードに移動します。

      cluster_A::> vol move start -vserver vsa_1 -volume vsa_1_vol1 -destination-aggregate A_1_htp_005_aggr1
      [Job 1877] Job is queued: Move "vsa_1_vol1" in Vserver "vsa_1" to aggregate "A_1_htp_005_aggr1". Use the "volume move show -vserver vsa_1 -volume vsa_1_vol1"
      command to view the status of this operation.
      cluster_A::> volume move show
      Vserver    Volume    State    Move Phase   Percent-Complete Time-To-Complete
      --------- ---------- -------- ----------   ---------------- ----------------
      vsa_1     vsa_1_vol1 healthy  initializing
       - -
    7. FC SAN クライアントで、 LUN 情報「 lun lun show -p 」を表示します

      LUN が配置された MetroCluster IP ノードの FC インターフェイスは、プライマリパスとして更新されます。ボリューム移動後にプライマリパスが更新されない場合は、 /usr/bin/rescan-scsi-bus.sh -a を実行するか、マルチパスの再スキャンが実行されるのを待ちます。

      次の例のプライマリパスは、 MetroCluster IP ノード上の LIF です。

    [root@localhost ~]# sanlun lun show -p
    
                        ONTAP Path: vsa_1:/vol/vsa_1_vol1/lun_linux_2
                               LUN: 22
                          LUN Size: 2g
                           Product: cDOT
                       Host Device: 3600a098038302d324e5d50305063546e
                  Multipath Policy: service-time 0
                Multipath Provider: Native
    --------- ---------- ------- ------------ ----------------------------------------------
    host      vserver
    path      path       /dev/   host         vserver
    state     type       node    adapter      LIF
    --------- ---------- ------- ------------ ----------------------------------------------
    up        primary    sddv    host6        fc_5
    up        primary    sdjx    host7        fc_6
    up        secondary  sdgv    host6        fc_8
    up        secondary  sdkr    host7        fc_8
    1. FC SAN ホストに属するすべてのボリューム、 LUN 、および FC インターフェイスについて、上記の手順を繰り返します。

      完了したら、特定の SVM および FC SAN ホストのすべての LUN を MetroCluster IP ノードに配置する必要があります。

  4. レポートノードを削除し、クライアントからパスを再スキャンします。

    1. Linux LUN のリモートレポートノード( MetroCluster FC ノード)を削除します。「 lun mapping remove-reporting-nodes -vserver vsA_1-path * -igroup igroup_linux-remote-nodes true

      cluster_A::> lun mapping remove-reporting-nodes -vserver vsa_1 -path * -igroup igroup_linux -remote-nodes true
      12 entries were acted on.
    2. LUN のレポートノードを確認します。「 lun mapping show -vserver vsA_1 -fields reporting-nodes - ostype linux

      cluster_A::> lun mapping show -vserver vsa_1 -fields reporting-nodes -ostype linux
      
      vserver path igroup reporting-nodes
      ------- --------------------------- ------------ -----------------------------------------
      vsa_1 /vol/vsa_1_vol1/lun_linux_2 igroup_linux B_1,B_2
      vsa_1 /vol/vsa_1_vol1/lun_linux_3 igroup_linux B_1,B_2
      vsa_1 /vol/vsa_1_vol2/lun_linux_4 igroup_linux B_1,B_2
      ...
      
      12 entries were displayed.
    3. クライアントの SCSI バスを再スキャンします :/usr/bin/rescan-scsi-bus.sh -r

      MetroCluster FC ノードからパスが削除されます。

    [root@stemgr]# /usr/bin/rescan-scsi-bus.sh -r
    Syncing file systems
    Scanning SCSI subsystem for new devices and remove devices that have disappeared
    Scanning host 0 for SCSI target IDs 0 1 2 3 4 5 6 7, all LUNs
    Scanning host 1 for SCSI target IDs 0 1 2 3 4 5 6 7, all LUNs
    Scanning host 2 for SCSI target IDs 0 1 2 3 4 5 6 7, all LUNs
    sg0 changed: LU not available (PQual 1)
    REM: Host: scsi2 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
    DEL: Vendor: NETAPP Model: LUN C-Mode Rev: 9800
     Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 05
    sg2 changed: LU not available (PQual 1)
    .
    .
    .
    OLD: Host: scsi5 Channel: 00 Id: 00 Lun: 09
     Vendor: NETAPP Model: LUN C-Mode Rev: 9800
     Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 05
    0 new or changed device(s) found.
    0 remapped or resized device(s) found.
    24 device(s) removed.
     [2:0:0:0]
     [2:0:0:1]
    ...
    1. MetroCluster IP ノードからのパスだけがホストから認識されていることを確認します。 'lun lun lun show -p

    2. 必要に応じて、 MetroCluster FC ノードから iSCSI LIF を削除します。

      他のクライアントにマッピングされたノード上に他の LUN がない場合に実施する必要があります。