日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAS 光ケーブルを使用した直接接続型 MetroCluster FC 構成での SAS ディスクシェルフのホットアド

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SAS 光ケーブルを使用して、直接接続型 MetroCluster FC 構成の SAS ディスクシェルフの既存のスタックに SAS ディスクシェルフをホットアドすることも、 SAS HBA またはコントローラ上のオンボード SAS ポートに新しいスタックとしてホットアドすることもできます。

このタスクでは、ストレージを SAS ケーブルでストレージコントローラに直接接続する MetroCluster 環境 FC 構成を行います。FC-to-SAS ブリッジまたは FC スイッチファブリックを使用する MetroCluster FC 構成には該当しません。

手順
  1. 使用しているディスクシェルフモデルの _ インストールガイド _ に記載されている SAS ディスクシェルフのホットアドの手順に従って、次のタスクを実行してディスクシェルフをホットアドします。

    1. ホットアド用のディスクシェルフを設置します。

    2. 電源装置の電源をオンにして、ホットアド用のシェルフ ID を設定します。

    3. ホットアドしたディスクシェルフをケーブル接続します。

    4. SAS 接続を確認します。