日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

各ノードでミラーされたデータアグリゲートを作成します

寄稿者 netapp-thomi netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

DR グループの各ノードに、ミラーされたデータアグリゲートを 1 つ作成する必要があります。

このタスクについて
  • 新しいアグリゲートで使用するドライブを把握しておく必要があります。

  • 複数のドライブタイプを含むシステム(異機種混在ストレージ)の場合は、正しいドライブタイプが選択されるようにする方法を確認しておく必要があります。

  • ドライブは特定のノードによって所有されます。アグリゲートを作成する場合、アグリゲート内のすべてのドライブは同じノードによって所有される必要があります。そのノードが、作成するアグリゲートのホームノードになります。

    ADP を使用するシステムではパーティションを使用してアグリゲートが作成され、各ドライブがパーティション P1 、 P2 、 P3 に分割されます。

  • アグリゲート名は、 MetroCluster 構成を計画する際に決定した命名規則に従う必要があります。

手順
  1. 使用可能なスペアのリストを表示します。

    「 storage disk show -spare -owner_node_name _ 」というように入力します

  2. アグリゲートを作成します。

    「 storage aggregate create -mirror true 」のようになります

    クラスタ管理インターフェイスでクラスタにログインした場合、クラスタ内の任意のノードにアグリゲートを作成できます。アグリゲートを特定のノード上に作成するには、「 -node 」パラメータを使用するか、そのノードが所有するドライブを指定します。

    次のオプションを指定できます。

    • アグリゲートのホームノード(通常運用時にアグリゲートを所有するノード)

    • アグリゲートに追加するドライブのリスト

    • 追加するドライブ数

      注記 使用できるドライブ数が限られている最小サポート構成では、 force-small-aggregate オプションを使用して、 3 ディスクの RAID-DP アグリゲートを作成できるように設定する必要があります。
    • アグリゲートに使用するチェックサム形式

    • 使用するドライブのタイプ

    • 使用するドライブのサイズ

    • 使用するドライブの速度

    • アグリゲート上の RAID グループの RAID タイプ

    • RAID グループに含めることができるドライブの最大数

    • RPM の異なるドライブが許可されるかどうか

      これらのオプションの詳細については 'storage aggregate create のマニュアルページを参照してください

      次のコマンドでは、 10 本のディスクを含むミラーアグリゲートが作成されます。

    cluster_A::> storage aggregate create aggr1_node_A_1 -diskcount 10 -node node_A_1 -mirror true
    [Job 15] Job is queued: Create aggr1_node_A_1.
    [Job 15] The job is starting.
    [Job 15] Job succeeded: DONE
  3. 新しいアグリゲートの RAID グループとドライブを確認します。

    「 storage aggregate show-status -aggregate _aggregate-name _ 」を参照してください