日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Brocade FC スイッチを工場出荷時のデフォルトにリセット

寄稿者 netapp-thomi netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

新しいソフトウェアバージョンと RCF ファイルをインストールする前に、現在のスイッチの設定を消去し、基本的な設定を完了する必要があります。

この手順は、 MetroCluster ファブリック構成内の各 FC スイッチで実行する必要があります。

手順
  1. 管理者としてスイッチにログインします。

  2. Brocade Virtual Fabric ( VF )機能を無効にします。

    「 fosconfig options 」を参照してください

    FC_switch_A_1:admin> fosconfig --disable vf
    WARNING:  This is a disruptive operation that requires a reboot to take effect.
    Would you like to continue  [Y/N]: y
  3. スイッチのポートから ISL ケーブルを外します。

  4. スイッチを無効にします。

    'witchcfgpersistentdisable

    FC_switch_A_1:admin> switchcfgpersistentdisable
  5. 設定を無効にします。

    「 cfgDisable 」

    FC_switch_A_1:admin> cfgDisable
    You are about to disable zoning configuration. This action will disable any previous zoning configuration enabled.
    Do you want to disable zoning configuration? (yes, y, no, n): [no] y
    Updating flash ...
    Effective configuration is empty. "No  Access" default zone mode is ON.
  6. 設定をクリアします。

    「 cfgClear 」

    FC_switch_A_1:admin> cfgClear
    The Clear All action will clear all Aliases, Zones, FA Zones
    and configurations in the Defined configuration.
    Run cfgSave to commit the transaction or cfgTransAbort to
    cancel the transaction.
    Do you really want to clear all configurations?  (yes, y, no, n): [no] y
  7. 設定を保存します。

    cfgsave

    FC_switch_A_1:admin> cfgSave
    You are about to save the Defined zoning configuration. This
    action will only save the changes on Defined configuration.
    Do you want to save the Defined zoning configuration only?  (yes, y, no, n): [no] y
    Updating flash ...
  8. デフォルトの設定を行います。

    「 configDefault 」

    FC_switch_A_1:admin> configDefault
    WARNING:  This is a disruptive operation that requires a switch reboot.
    Would you like to continue [Y/N]: y
    Executing configdefault...Please wait
    2020/10/05-08:04:08, [FCR-1069], 1016, FID 128, INFO, FC_switch_A_1, The FC Routing service is enabled.
    2020/10/05-08:04:08, [FCR-1068], 1017, FID 128, INFO, FC_switch_A_1, The FC Routing service is disabled.
    2020/10/05-08:04:08, [FCR-1070], 1018, FID 128, INFO, FC_switch_A_1, The FC Routing configuration is set to default.
    Committing configuration ... done.
    2020/10/05-08:04:12, [MAPS-1113], 1019, FID 128, INFO, FC_switch_A_1, Policy dflt_conservative_policy activated.
    2020/10/05-08:04:12, [MAPS-1145], 1020, FID 128, INFO, FC_switch_A_1, FPI Profile dflt_fpi_profile is activated for E-Ports.
    2020/10/05-08:04:12, [MAPS-1144], 1021, FID 128, INFO, FC_switch_A_1, FPI Profile dflt_fpi_profile is activated for F-Ports.
    The switch has to be rebooted to allow the changes to take effect.
    2020/10/05-08:04:12, [CONF-1031], 1022, FID 128, INFO, FC_switch_A_1, configDefault completed successfully for switch.
  9. すべてのポートについて、ポートの設定を default に設定します。

    portcfgdefault_port-number_

    FC_switch_A_1:admin> portcfgdefault <port number>

    この手順はポートごとに実行する必要があります。

  10. スイッチが Dynamic Port On Demand ( PoD ;動的ポートオンデマンド)方式を使用していることを確認します。

    注記 バージョン 8.0 より前の Brocade Fabric OS では、次のコマンドを admin として実行し、バージョン 8.0 以降では root として実行します。
    1. ライセンスコマンドを実行します。

      「 licensePort — show 」を入力します

      FC_switch_A_1:admin> licenseport -show
      24 ports are available in this switch
      Full POD license is installed
      Dynamic POD method is in use
    2. Brocade によって root ユーザが無効にされている場合は、有効にします。

      FC_switch_A_1:admin> userconfig --change root -e yes
      FC_switch_A_1:admin> rootaccess --set consoleonly
    3. ライセンスコマンドを実行します。

      「 licensePort — show 」を入力します

      FC_switch_A_1:root> licenseport -show
      24 ports are available in this switch
      Full POD license is installed
      Dynamic POD method is in use
    4. ライセンス方式を動的な方式に変更します。

      licenseport — メソッドの動的

      注記 動的な POD メソッドが使用されていない場合( POD メソッドが静的の場合)は、ライセンスの割り当て方法を dynamic に変更する必要があります。動的な POD メソッドを使用している場合は、この手順を省略します。
    FC_switch_A_1:admin> licenseport --method dynamic
    The POD method has been changed to dynamic.
    Please reboot the switch now for this change to take effect
  11. スイッチをリブートします。

    「 Fastboot 」を参照してください

    FC_switch_A_1:admin> fastboot
    Warning: This command would cause the switch to reboot
    and result in traffic disruption.
    Are you sure you want to reboot the switch [y/n]?y
  12. デフォルト設定が実装されたことを確認します。

    'witchshow'

  13. IP アドレスが正しく設定されていることを確認します。

    ipAddrShow

    必要に応じて、次のコマンドで IP アドレスを設定できます。

    ipAddrSet