日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster FC ノードを移行します

寄稿者 netapp-martyh NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

既存の MetroCluster FC ノードから情報を収集し、メンテナンスの開始を通知する AutoSupport メッセージを送信し、ノードを移行する必要があります。

移行前に既存のコントローラモジュールから情報を収集

移行の前に、各ノードの情報を収集する必要があります。

このタスクは既存のノードで実行します。

  • node_A_1 - FC

  • node_B_1 - FC

    1. 次の表に示すコマンドの出力を収集します。

カテゴリ コマンド 注:

使用許諾

system license show コマンドを実行します

各シェルフおよびフラッシュストレージのディスクシェルフとディスク数、およびメモリと NVRAM とネットワークカード

system node run -node node_name sysconfig

クラスタネットワーク LIF とノード管理 LIF

system node run -node node_name sysconfig network interface show -role 「 cluster 、 node-mgmt 、 data 」

SVM 情報

vserver show のコマンドです

プロトコル情報

nfs show iscsi show cifs show のように表示されます

物理ポート

network port show -node node_name -type 物理ネットワークポート show

フェイルオーバーグループ

network interface failover-groups show -vserver vserver_name

clusterwide 以外のフェイルオーバーグループの名前とポートを記録します。

VLAN の設定

network port vlan show -node node_name

各ネットワークポートと VLAN ID のペアを記録します。

インターフェイスグループの設定

ネットワークポート ifgrp show -node node_name -instance

インターフェイスグループの名前と割り当てられているポートを記録します。

ブロードキャストドメイン

network port broadcast-domain show

表示されます

network ipspace show のコマンド

ボリューム情報

volume show フィールドと volume show フィールドの暗号化

アグリゲート情報

storage aggregate show および storage aggr encryption show と storage aggregate object-store show の 2 つのコマンドを実行します

ディスク所有権情報

storage aggregate show および storage aggr encryption show と storage aggregate object-store show の 2 つのコマンドを実行します

暗号化

storage failover mailbox-disk show および security key-manager backup show の 2 つのコマンドがあります

key-manager を有効にするときに使用したパスフレーズはそのままにしておきます。外部キー管理ツールの場合は、クライアントとサーバの認証情報が必要です。

暗号化

security key-manager show のコマンド

暗号化

security key-manager external show のコマンド

暗号化

システムシェルローカルの kenv kmip.init.ipaddr ip-address

暗号化

システムシェルローカルの kenv kmip.init.netmask ネットマスク

暗号化

システムシェルローカルの kenv kmip.init.gateway ゲートウェイ

暗号化

システムシェルのローカル kenv kmip.init.interface インターフェイス

カスタム AutoSupport メッセージをメンテナンス前に送信する

メンテナンスを実行する前に、 AutoSupport an 問題 message to notify NetApp technical support that maintenance is maintenancing (メンテナンスが進行中であることをネットアップテクニカルサポートに通知する)を実行これにより、システム停止が発生したとみなしてユーザがケースをオープンすることを防止できます。

このタスクは MetroCluster サイトごとに実行する必要があります。

  1. サポートケースが自動で生成されないようにするには、メンテナンスが進行中であることを示す AutoSupport メッセージを送信します。

    1. 問題次のコマンドを実行します。「 system node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT= maintenance-window-in-hours 」

      maintenance-window-in-hours にはメンテナンス時間の長さを指定します。最大値は 72 時間です。この時間が経過する前にメンテナンスが完了した場合は、メンテナンス期間の終了を通知する AutoSupport メッセージ「 'System node AutoSupport invoke -node * -type all -message MAINT=end` 」を起動できます

    2. パートナークラスタに対してこのコマンドを繰り返します。

MetroCluster FC ノードの移行、シャットダウン、削除

MetroCluster FC ノードに対してコマンドを実行するだけでなく、このタスクには、各サイトでのコントローラモジュールの物理的なケーブル接続の解除と削除が含まれます。

このタスクは、古いノードごとに実行する必要があります。

  • node_A_1 - FC

  • node_B_1 - FC

    1. すべてのクライアントトラフィックを停止します。

    2. いずれかの MetroCluster FC ノード(例: node_A_1 )で、移行を有効にします。

      1. advanced 権限レベル「 set -priv advanced 」を設定します

      2. イネーブル移行 : MetroCluster transition enable-transition-mode disruptive

      3. admin モードに戻ります。 'set-priv admin'

    3. ルートアグリゲートのリモートプレックスを削除して、ルートアグリゲートのミラーを解除します。

      1. ルートアグリゲートを特定します。「 storage aggregate show -root true 」

      2. プール 1 のアグリゲート「 storage aggregate plex show -pool 1 」を表示します

      3. ルートアグリゲートのローカルプレックスを削除します。 aggr plex delete aggr-name -plex plex-name

      4. ルートアグリゲートのリモートプレックスをオフラインにします。「 aggr plex offline root-aggregate -plex remote-plex-for -root-aggregate

        例:

       # aggr plex offline aggr0_node_A_1-FC_01 -plex plex4
    4. 各コントローラで次のコマンドを使用して処理を進める前に、メールボックス数、ディスクの自動割り当て、および移行モードを確認します。

      1. advanced 権限レベル「 set -priv advanced 」を設定します

      2. 各コントローラモジュールに表示されるメールボックスドライブが「 storage failover mailbox-disk show 」の 3 つだけであることを確認します

      3. admin モードに戻ります。 'set-priv admin'

      4. 移行モードが停止を伴うことを確認します。 MetroCluster transition show

    5. 破損ディスクがないかどうかを確認します

    6. 破損ディスクを取り外すか交換します。

    7. node_A_1 の FC と node_B_1 の FC に対するコマンド「 storage aggregate show 」を使用して、アグリゲートが正常であることを確認します

      storage aggregate show コマンドは、ルートアグリゲートがミラーされていないことを示します。

    8. VLAN またはインターフェイスグループがないか確認します。「 network port ifgrp show network port vlan show

      何も表示されない場合は、次の 2 つの手順をスキップします。

    9. VLAN または ifgrp を使用して LIF のリストを表示します。「 network interface show -fields home-port 、 Curr -port 」 network port show -type if-group | vlan

    10. VLAN とインターフェイスグループを削除します。

      この手順は、サフィックスが -mc の SVM を含むすべての SVM のすべての LIF で実行する必要があります。

      1. VLAN またはインターフェイスグループを使用している LIF を使用可能なポートに移動します。「 network interface modify -vserver vserver-name -lif lif_name -home-port port

      2. ホームポートにない LIF を表示します。「 network interface show -is-home false 」

      3. すべての LIF をそれぞれのホームポートにリバートします。「 network interface revert -vserver vserver_name -lif lif_name

      4. すべての LIF がそれぞれのホームポートにあることを確認します。「 network interface show -is-home false 」

        出力に LIF が表示されません。

      5. ブロードキャストドメインから VLAN ポートと ifgrp ポートを削除します。:「 network port broadcast-domain remove-ports -ipspace ipspace-broadcast-domain broadcast-domain-name-ports nodename : portname 、 nodename : portname 、 .

      6. すべての VLAN ポートと ifgrp ポートがブロードキャストドメインに割り当てられていないことを確認します。「 network port show -type if-group | vlan

      7. すべての VLAN を削除します。「 network port vlan delete -node nodename -vlan-name vlan-name 」

      8. インターフェイスグループを削除します。「 network port ifgrp delete -node nodename -ifgrp ifgrp_name 」

    11. MetroCluster の IP インターフェイスポートとの競合を解決するために、必要に応じて LIF をすべて移動します。

      特定された LIF は、の手順 1 に移動する必要があります MetroCluster FC ノードから MetroCluster IP ノードへのポートのマッピング

      1. 目的のポートでホストされている LIF を別のポートに移動します。「 network interface modify -lif lifname -vserver vserver-name -home-port new -homeport ` network interface revert -lif lifname -vserver vservername 」

      2. 必要に応じて、デスティネーションポートを適切な IPspace とブロードキャストドメインに移動します。network port broadcast-domain remove-ports -ipspace current-ipspace current-broadcast-domain current-broadcast-domain -ports controller-name : current-port `network port broadcast-domain add-ports -ipspace new-ipspace-broadcast-domain new-broadcast-domain new-broadcast-domain-ports controller-name : new-port ’

    12. MetroCluster FC コントローラ( node_A_1 -FC および node_B_1 - FC )を停止します。「 system node halt

    13. LOADER プロンプトで、 FC コントローラモジュールと IP コントローラモジュールのハードウェアクロックを同期します。

      1. 古い MetroCluster FC ノード( node_A_1 -FC )で ' 日付を表示します 'how date

      2. 新しい MetroCluster IP コントローラ( node_A_1 の IP および node_B_1 の IP )で、元のコントローラに表示される日付を設定します。 'et date mm/dd/yy

      3. 新しい MetroCluster IP コントローラ( node_A_1 の IP および node_B_1 の IP )で、日付を「日付」で確認します

    14. MetroCluster FC コントローラモジュール( node_A_1 の FC と node_B_1 の FC )、 FC-to-SAS ブリッジ(存在する場合)、 FC スイッチ(存在する場合)、およびそれらのノードに接続されている各ストレージシェルフを停止し、電源をオフにします。

    15. MetroCluster FC コントローラからシェルフを切断し、各クラスタにローカルストレージとして使用するシェルフを文書化します。

      FC-to-SAS ブリッジまたは FC バックエンドスイッチを使用する構成の場合は、接続を解除して取り外します。

    16. MetroCluster FC ノード( node_A_1 の FC と node_B_1 の FC )のメンテナンスモードで、ディスクが接続されていないことを確認します。「ディスク show -v 」

    17. MetroCluster FC ノードの電源をオフにして取り外します。

この時点で、 MetroCluster FC コントローラが取り外され、シェルフがすべてのコントローラから切断されています。

移行 2n は FC ノードを削除します