日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アレイ LUN を使用する MetroCluster 構成では、ハードウェアコンポーネントをラックに搭載します

寄稿者 netapp-driley netapp-thomi netapp-ivanad

アレイ LUN を使用する MetroCluster 構成に必要なハードウェアコンポーネントがラックに適切に配置されていることを確認する必要があります。

このタスクは、 MetroCluster の両方のサイトで実行する必要があります。

手順
  1. MetroCluster コンポーネントの配置を計画します。

    ラックスペースは、ストレージコントローラのプラットフォームモデル、スイッチのタイプ、構成内のディスクシェルフスタック数によって異なります。

  2. 自身の適切な接地対策を行います

  3. ストレージコントローラをラックまたはキャビネットに設置します。

    注記 AFF システムはアレイ LUN ではサポートされません。

    #https://docs.netapp.com/us-en/ontap/[Installation お使いの AFF または FAS システムの手順 ]]>

  4. FC スイッチをラックまたはキャビネットに設置します。