日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

2 ノード SAS 接続ストレッチ構成の MetroCluster に必要なハードウェアコンポーネントと命名ガイドライン

寄稿者 ntap-bmegan netapp-jtures netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

MetroCluster 構成にはさまざまなハードウェアコンポーネントが必要です。わかりやすいように、 MetroCluster のドキュメント全般をとおして標準的なコンポーネント名を使用します。一方のサイトをサイト A と呼び、もう一方のサイトをサイト B と呼びます

サポートされているソフトウェアおよびハードウェア

ハードウェアとソフトウェアは、 MetroCluster FC 構成でサポートされている必要があります。

AFF システムを使用する場合は、 MetroCluster 構成内のすべてのコントローラモジュールを AFF システムとして構成する必要があります。

MetroCluster 構成でのハードウェアの冗長性

MetroCluster 構成ではハードウェアの冗長性が確保されるため、サイトには各コンポーネントが 2 つずつあります。コンポーネントの名前には、サイトを表す A または B 、および 2 つあるコンポーネントのうちどちらかを表す番号として 1 または 2 を使用します。

シングルノード ONTAP クラスタ × 2

SAS 接続ストレッチ MetroCluster 構成には、シングルノード ONTAP クラスタが 2 つ必要です。

名前は MetroCluster 構成内で一意である必要があります。

名前の例:

  • サイト A : cluster_A

  • サイト B : cluster_B

ストレージコントローラモジュール × 2

SAS 接続ストレッチ MetroCluster 構成には、ストレージコントローラモジュールが 2 つ必要です。

  • 名前は MetroCluster 構成内で一意である必要があります。

  • MetroCluster 構成のすべてのコントローラモジュールで同じバージョンの ONTAP が実行されている必要があります。

  • 1 つの DR グループ内のすべてのコントローラモジュールのモデルが同じであることが必要です。

  • 1 つの DR グループのすべてのコントローラモジュールで同じ FC-VI 構成を使用する必要があります。

    一部のコントローラモジュールは、次の 2 つのオプションに対応しています。

    • オンボードの FC-VI ポート

    • スロット 1 の FC-VI カード

      オンボードの FC-VI ポートを使用するコントローラモジュールとアドオンの FC-VI カードを使用するコントローラモジュールは混在できません。たとえば、あるノードでオンボードの FC-VI 構成を使用する場合は、 DR グループの他のすべてのノードでもオンボードの FC-VI 構成を使用する必要があります。

名前の例:

  • サイト A : controller_A_1

  • サイト B : controller_B_1

SAS ディスクシェルフ × 4 台以上(推奨)

SAS 接続ストレッチ MetroCluster 構成には、 SAS ディスクシェルフが少なくとも 2 台必要です。推奨される SAS ディスクシェルフ数は 4 台です。

シェルフ単位でのディスク割り当てを可能にするために、各サイトにシェルフを 2 台配置することを推奨します。各サイトにシェルフ 1 台の最小構成もサポートされます。

名前の例:

  • サイト A :

    • shelf_A_1_1

    • shelf_A_1_2

  • サイト B :

    • shelf_B_1_1

    • shelf_B_1_2

IOM12 モジュールと IOM 6 モジュールをスタック内に混在させる

使用している ONTAP のバージョンでシェルフの混在がサポートされている必要がお使いのバージョンの ONTAP でシェルフの混在がサポートされているかどうかを確認するには、 Interoperability Matrix Tool ( IMT )を参照してください。 "ネットアップの相互運用性"