日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco FC スイッチのファームウェアをアップグレードまたはダウングレードする

寄稿者

Cisco FC スイッチのファームウェアをアップグレードまたはダウングレードするには、 Cisco 固有のコマンドを使用してスイッチを無効にし、アップグレードを実行および確認し、スイッチをリブートして再度有効にする必要があります。

  • システムが正しくケーブル接続されている必要があります。

  • ストレージシェルフへのすべてのパスが使用可能である必要があります。

  • ディスクシェルフスタックが安定した状態である必要があります。

  • FC スイッチファブリックが健全な状態である必要があります。

  • システムのすべてのコンポーネントが正常である必要があります。

  • システムが正常に動作している必要があります。

  • 管理パスワードと FTP サーバまたは SCP サーバへのアクセスが必要です。

ファームウェアのアップグレードまたはダウングレード中はスイッチファブリックが無効になり、 MetroCluster 構成は 2 つ目のファブリックを使用して運用を継続します。

各スイッチファブリックでこのタスクを順に実行し、すべてのスイッチで同じファームウェアバージョンが実行されていることを確認する必要があります。

ファームウェアファイルが必要です。

注記 これはシステムの停止を伴わない手順であり、完了までに約 1 時間かかります。
手順
  1. ファブリック内の各スイッチにログインします。

    この例で使用するスイッチは FC_switch_A_1 および FC_switch_B_1 です。

  2. 各スイッチの bootflash ディレクトリに十分なスペースがあるかどうかを確認します。

    「 * dir bootflash*` 」

    それ以外の場合は、「 Delete bootflash: file_name 」コマンドを使用して不要なファームウェアファイルを削除します。

  3. Kickstart ファイルとシステムファイルをスイッチにコピーします。

    'copy_source_filetarget_file_

    次の例では、キックスタートファイル (m 9200-s2ek9-mz.5.2.1.bin') とシステムファイル (/firmware/`path の FTP サーバ 10.10.10.55 にあります。

    次の例は、 FC_switch_A_1 で実行するコマンドを示しています。

    FC_switch_A_1# copy ftp://10.10.10.55/firmware/m9200-s2ek9-kickstart-mz.5.2.1.bin bootflash:m9200-s2ek9-kickstart-mz.5.2.1.bin
    FC_switch_A_1# copy ftp://10.10.10.55/firmware/m9200-s2ek9-mz.5.2.1.bin bootflash:m9200-s2ek9-mz.5.2.1.bin
  4. このファブリック内の両方のスイッチで、すべてのVSANを無効にします。

    VSANをディセーブルにするには、次の手順 を使用します。

    1. 設定端末を開きます。

      'config t`

    2. 「*VSAN database *'」と入力します

    3. VSANの状態を確認します。

      show vsan

      すべてのVSANがアクティブである必要があります。

    4. VSANを一時停止します。

      VSAN_vsan-num_suspend

      例:'VSAN 10 suspend

    5. VSANの状態を再度確認します。

      show vsan+all VSANを一時停止する必要があります

    6. 設定ターミナルを終了します。

      「* end *」と入力します

    7. 設定を保存します。

      '*copy running-config startup-config *

      次の例は、FC_switch_A_1の出力を表示します。

    FC_switch_A_1# config t
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    FC_switch_A_1(config)# vsan database
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# show vsan
    vsan 1 information
             name:VSAN0001  state:active
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:up
    
    vsan 30 information
             name:MC1_FCVI_2_30  state:active
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id
             operational state:up
    
    vsan 40 information
             name:MC1_STOR_2_40  state:active
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:up
    
    vsan 70 information
             name:MC2_FCVI_2_70  state:active
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id
             operational state:up
    
    vsan 80 information
             name:MC2_STOR_2_80  state:active
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:up
    
    vsan 4079:evfp_isolated_vsan
    
    vsan 4094:isolated_vsan
    
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# vsan 1 suspend
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# vsan 30 suspend
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# vsan 40 suspend
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# vsan 70 suspend
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# vsan 80 suspend
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# end
    FC_switch_A_1#
    FC_switch_A_1# show vsan
    vsan 1 information
             name:VSAN0001  state:suspended
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:down
    
    vsan 30 information
             name:MC1_FCVI_2_30  state:suspended
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id
             operational state:down
    
    vsan 40 information
             name:MC1_STOR_2_40  state:suspended
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:down
    
    vsan 70 information
             name:MC2_FCVI_2_70  state:suspended
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id
             operational state:down
    
    vsan 80 information
             name:MC2_STOR_2_80  state:suspended
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:down
    
    vsan 4079:evfp_isolated_vsan
    
    vsan 4094:isolated_vsan
  5. 必要なファームウェアをスイッチにインストールします。

    すべてのシステムブートフラッシュをインストールします :__ systemfile_name _kickstart bootflash:_kickstartfile_name _*`

    次の例は、 FC_switch_A_1 で実行するコマンドを示しています。

    FC_switch_A_1# install all system bootflash:m9200-s2ek9-mz.5.2.1.bin kickstart bootflash:m9200-s2ek9-kickstart-mz.5.2.1.bin
    Enter Yes to confirm the installation.
  6. 各スイッチのファームウェアのバージョンをチェックして、正しいバージョンがインストールされていることを確認します。

    *show version *`

  7. このファブリック内の両方のスイッチで、すべてのVSANを有効にします。

    VSANをイネーブルにするには、次の手順 を使用します。

    1. 設定端末を開きます。

      'config t`

    2. 「*VSAN database *'」と入力します

    3. VSANの状態を確認します。

      show vsan

      VSANは一時停止する必要があります。

    4. VSANをアクティブにします。

      'no vsan_vsan-num_suspend

      *例:*no vsan 10 suspend`

    5. VSANの状態を再度確認します。

      show vsan

      すべてのVSANがアクティブである必要があります。

    6. 設定ターミナルを終了します。

      「* end *」と入力します

    7. 設定を保存します。

      '*copy running-config startup-config *

      次の例は、FC_switch_A_1の出力を表示します。

    FC_switch_A_1# config t
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    FC_switch_A_1(config)# vsan database
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# show vsan
    vsan 1 information
             name:VSAN0001  state:suspended
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:down
    
    vsan 30 information
             name:MC1_FCVI_2_30  state:suspended
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id
             operational state:down
    
    vsan 40 information
             name:MC1_STOR_2_40  state:suspended
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:down
    
    vsan 70 information
             name:MC2_FCVI_2_70  state:suspended
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id
             operational state:down
    
    vsan 80 information
             name:MC2_STOR_2_80  state:suspended
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:down
    
    vsan 4079:evfp_isolated_vsan
    
    vsan 4094:isolated_vsan
    
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# no vsan 1 suspend
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# no vsan 30 suspend
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# no vsan 40 suspend
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# no vsan 70 suspend
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# no vsan 80 suspend
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)#
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# show vsan
    vsan 1 information
             name:VSAN0001  state:active
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:up
    
    vsan 30 information
             name:MC1_FCVI_2_30  state:active
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id
             operational state:up
    
    vsan 40 information
             name:MC1_STOR_2_40  state:active
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:up
    
    vsan 70 information
             name:MC2_FCVI_2_70  state:active
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id
             operational state:up
    
    vsan 80 information
             name:MC2_STOR_2_80  state:active
             interoperability mode:default
             loadbalancing:src-id/dst-id/oxid
             operational state:up
    
    vsan 4079:evfp_isolated_vsan
    
    vsan 4094:isolated_vsan
    
    FC_switch_A_1(config-vsan-db)# end
    FC_switch_A_1#
  8. ONTAP で MetroCluster 構成の動作を確認します。

    1. システムがマルチパスかどうかを確認します。

      '*node run -node node_name sysconfig -a *

    2. ヘルスアラートがないかどうかを両方のクラスタで確認します。

      「 * system health alert show * 」というメッセージが表示されます

    3. MetroCluster 構成と運用モードが正常な状態であることを確認します。

      「 * MetroCluster show * 」と入力します

    4. MetroCluster チェックを実行します。

      「 * MetroCluster check run * 」のようになります

    5. MetroCluster チェックの結果を表示します。

      「 * MetroCluster check show * 」と表示されます

    6. スイッチにヘルスアラートがないかどうかを確認します(ある場合)。

      「 * storage switch show * 」と表示されます

    7. Config Advisor を実行します。

    8. Config Advisor の実行後、ツールの出力を確認し、推奨される方法で検出された問題に対処します。

  9. 2 つ目のスイッチファブリックに対してこの手順を繰り返します。