これは以前のバージョンの Cloud Manager 用ドキュメントです。
最新版のドキュメントを参照してください。
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Azure のハイアベイラビリティペア

寄稿者 netapp-bcammett

Cloud Volumes ONTAP ハイアベイラビリティ( HA )ペアは、クラウド環境で障害が発生した場合にエンタープライズクラスの信頼性と継続的な運用を実現します。Azure では、 2 つのノード間でストレージが共有されます。

HA コンポーネント

Azure の Cloud Volumes ONTAP HA 構成には、次のコンポーネントが含まれています。

「ロードバランサが Cloud Manager とクライアントからの受信トラフィックを管理する概念図。可用性セットに含まれる 2 つの Cloud Volumes ONTAP ノード、ブートデータ用の SSD ディスク、および顧客データ用のページ Blob 」

Cloud Manager で導入される Azure コンポーネントは次のとおりです。

Azure Standard Load Balancer の略

ロードバランサは、 Cloud Volumes ONTAP HA ペアへの着信トラフィックを管理します。

可用性セット

可用性セットは、ノードが異なる障害になっていることを確認し、ドメインを更新します。

ストレージ
  • ノードのブートデータは、 Premium SSD Managed Disk に格納されます。

  • ノードのルートデータは Premium Storage のページ BLOB にあります。

RPO と RTO

HA 構成では、次のようにデータの高可用性が維持されます。

  • RPO ( Recovery Point Objective :目標復旧時点)は 0 秒です。データはトランザクション的に整合性が保たれ、データ損失は発生しません。

  • RTO (目標復旧時間)は 60 秒です。システム停止が発生した場合は、 60 秒以内にデータを利用できるようにする必要があります。

ストレージのテイクオーバーとギブバック

物理 ONTAP クラスタと同様に、 Azure HA ペアのストレージはノード間で共有されます。パートナーのストレージに接続することで、 _TAKEOVER_中 に各ノードがもう一方のストレージにアクセスできるようになります。ネットワークパスのフェイルオーバーメカニズムにより、クライアントとホストは稼働しているノードと引き続き通信できます。ノードがオンラインに戻ったときに、 partner_ギ ブバック _storage を提供します。

NAS 構成の場合は、障害の発生時にデータ IP アドレスが HA ノード間で自動的に移行されます。

iSCSI の場合、 ONTAP はマルチパス I/O ( MPIO )と非対称論理ユニットアクセス( ALUA )を使用して、アクティブ最適化パスと非最適化パス間のパスフェイルオーバーを管理します。

注記 ALUA をサポートする具体的なホスト構成については、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます" およびお使いのホストオペレーティングシステムに対応した Host Utilities の『 Installation and Setup Guide 』を参照してください。

ストレージ構成

HA ペアは、アクティブ / アクティブ構成として使用できます。アクティブ / アクティブ構成では、両方のノードがクライアントにデータを提供します。アクティブ / パッシブ構成では、パッシブノードは、アクティブノードのストレージをテイクオーバーした場合にのみデータ要求に応答します。

HA の制限事項

Azure の Cloud Volumes ONTAP HA ペアに影響を及ぼす制限事項を次に示します。

  • HA ペアは、 Cloud Volumes ONTAP の Standard 、 Premium 、および BYOL でサポートされています。Explore はサポートされていません。

  • データ階層化はサポートされていません。

  • NFSv4 はサポートされていません。NFSv3 がサポートされています。

  • 一部のリージョンでは HA ペアがサポートされません。