日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

既知の問題

寄稿者

ストレージクラスを設定してアプリケーションを導入すると、アプリケーションのクローンが失敗する

ストレージクラスを明示的に設定してアプリケーションをデプロイした後 ( たとえば、「 helm install…​-set global.storageClass=NetApp-cvs-perf-extreme 」 ) 、アプリケーションのクローンを作成しようとすると、ターゲットクラスタに最初に指定されたストレージクラスが必要になります。ストレージクラスを明示的に設定したアプリケーションを、同じストレージクラスを含まないクラスタにクローニングすると、失敗します。このシナリオではリカバリ手順はありません。

削除されたクラスタに属するアプリケーションをリストアしようとすると、アプリケーションページが無期限にロードされます

アプリケーションページから削除されたクラスタからアプリケーションを復元しようとしても、アプリケーションページの読み込みは完了しません。回避策 として、アプリケーションリストページのアプリケーションのアクションメニューからアプリケーションを復元します。

削除および再作成されたネームスペースにアプリケーションを定義できません

ネームスペースを使用してアプリケーションを定義し、ネームスペースを削除してから、同じネームスペースにアプリケーションを再インストールすると、409エラーコードで処理が失敗します。再作成した名前空間を使用してアプリケーションを定義するには、最初に古いアプリケーションインスタンスを削除します。

アプリケーションをリストアすると、 PV のサイズが元の PV よりも大きくなります

バックアップの作成後に永続ボリュームのサイズを変更し、そのバックアップからリストアすると、永続ボリュームのサイズはバックアップのサイズではなく PV の新しいサイズと一致します。

特定のバージョンの PostgreSQL を使用すると、アプリケーションクローンが失敗します

Bitnami PostgreSQL 11.5.0 チャートを使用すると、同じクラスタ内のアプリケーションクローンは一貫して失敗します。正常にクローニングするには、以前のバージョンのグラフを使用してください。

クラスタの管理後にボリュームnapshotclassを追加すると、アプリケーションのバックアップとSnapshotが失敗します

このシナリオでは、UI 500エラーでバックアップとSnapshotが失敗します。回避策 として、アプリリストを更新します。

外部スナップショットバージョン 4.2.0 を使用している場合、スナップショットは最終的に失敗します

Kubernetes 1.20 または 1.21 で Kubernetes snapshot-controller (別名 external-snapshotter )バージョン 4.2.0 を使用すると、 Snapshot が失敗することがあります。これを防ぐには、別のを使用してください "サポートされているバージョン" バージョン 4.2.1 などの外部 Snapshot データ。 Kubernetes バージョン 1.20 または 1.21 で使用。

Astra Trident がオフラインの場合、 Internal Service Error ( 500 )によりアプリケーションデータ管理処理が失敗する

アプリケーションクラスタの Astra Trident がオフラインになり(オンラインに戻った)、 500 件の内部サービスエラーが発生した場合に、アプリケーションデータ管理を試みると、アプリケーションクラスタ内のすべての Kubernetes ノードを再起動して機能を復旧します。