日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Astra Control Service から Kubernetes クラスタの管理を開始します

寄稿者 netapp-bcammett netapp-mwallis

環境のセットアップが完了したら、 Kubernetes クラスタを作成し、 Astra Control Service に追加することができます。

Kubernetes クラスタを作成

まだクラスタがない場合は、を満たすクラスタを作成します "Google Kubernetes Engine ( GKE )用 Astra Control Service の要件" または 。

Kubernetes クラスタの管理を開始します

Astra Control Service にログインしたら、最初にクラスタの管理を開始します。

必要なもの
手順
  1. ダッシュボードで、 * Kubernetes クラスタの管理 * をクリックします。

    プロンプトに従ってクラスタを追加します。

  2. * プロバイダ * :クラウドプロバイダを選択し、必要なクレデンシャルを入力します。

    1. * Microsoft Azure * : JSON ファイルをアップロードするか、クリップボードからその JSON ファイルの内容を貼り付けて、 Azure サービスプリンシパルの詳細を指定します。

      JSON ファイルに、サービスプリンシパルの作成時に Azure CLI からの出力が含まれている必要があります。サブスクリプション ID を含めることで、 Astra に自動的に追加されるようにすることもできます。ID が必要な場合は、 JSON の指定後に手動で ID を入力する必要があります。

    2. * Google Cloud Platform * :ファイルをアップロードするか、クリップボードからコンテンツを貼り付けて、サービスアカウントのキーファイルを提供します。

      Astra Control Service は、サービスアカウントを使用して、 Google Kubernetes Engine で実行されているクラスタを検出します。

  3. * クラスタ * :追加するクラスタを選択します。

    [Eligible] タブに注意してください。警告が表示された場合は、警告にカーソルを合わせて、クラスタに問題があるかどうかを確認します。たとえば、クラスタにワーカーノードがないことがわかります。

  4. * ストレージ * :このクラスタに Kubernetes アプリケーションを導入してデフォルトで使用するストレージクラスを選択します。

    各ストレージクラスが使用します "Cloud Volumes Service for Google Cloud" または。

  5. * 確認と承認 * :構成の詳細を確認し、 * クラスタの追加 * をクリックします。

    "[ レビューと承認 ページを示すスクリーンショット。管理対象アプリケーションで選択した構成の概要が表示されます。"]

次のビデオでは、 GKE クラスタでの各手順を示しています。

Astra Control Service を使用すると、アプリケーションのバックアップ用のオブジェクトストアを作成し、クラスタに管理者アカウントを作成して、指定したデフォルトのストレージクラスを設定できます。この処理には最大 5 分かかることがあります。