日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アプリケーションのリストア

寄稿者

Astra Control を使用すると、スナップショットまたはバックアップからアプリケーションをリストアできます。同じクラスタにアプリケーションをリストアする場合、既存の Snapshot からのリストアは高速です。Astra Control UI またはを使用できます "Astra Control API" アプリを復元するには、

このタスクについて
  • 最初にアプリを保護する:復元する前に、アプリケーションのスナップショットを取るか、バックアップすることを強くお勧めします。リストアに失敗した場合に、Snapshotまたはバックアップからクローニングできます。

  • デスティネーションストレージクラスを確認:別のクラスタにリストアする場合は、デスティネーションクラスタのストレージクラスがソースクラスタのストレージクラスと同じ永続ボリュームアクセスモード(ReadWriteManyなど)を使用していることを確認してください。デスティネーションの永続ボリュームアクセスモードが異なると、リストア処理は失敗します。

手順
  1. 「 * アプリケーション」を選択し、アプリケーションの名前を選択します。

  2. 「 * データ保護 * 」を選択します。

  3. Snapshot からリストアする場合は、「 * Snapshot * 」を選択したままにします。それ以外の場合は、「 * Backups * 」を選択してバックアップからリストアします。

  4. リストア元のスナップショットまたはバックアップの [* アクション * ] 列の [ オプション ] メニューから、 [ * アプリケーションのリストア * ] を選択します。

  5. リストアタイプを選択します。

    • 元のネームスペースにリストア:この手順 を使用して、アプリケーションを元のクラスタにインプレースでリストアします。

      注意

      リソースを共有するアプリケーションでIn Placeリストア処理を実行すると、予期しない結果が生じる可能性があります。アプリケーション間で共有されているリソースは、いずれかのアプリケーションでインプレースリストアが実行されると置き換えられます。

      1. アプリをインプレースで復元するために使用するスナップショットを選択します。これにより、アプリは以前のバージョンのに戻ります。

      2. 「 * 次へ * 」を選択します。

        注記 以前に削除したネームスペースにリストアすると、同じ名前の新しいネームスペースがリストアプロセスで作成されます。以前に削除したネームスペースでアプリケーションを管理する権限を持つユーザは、新しく作成したネームスペースに手動で権限を復元する必要があります。
      3. リストア操作の詳細を確認し、「restore」と入力して、「* Restore *」を選択します。

    • 新しい名前空間に復元:この手順 を使用して、アプリを別のクラスタまたはソースとは異なる名前空間で別のクラスタに復元します。

      1. リストアするアプリケーションのデスティネーションクラスタを選択します。

      2. アプリケーションに関連付けられている各ソースネームスペースのデスティネーションネームスペースを入力します。

        注記 Astra Controlは、このリストアオプションの一部として新しいデスティネーションネームスペースを作成します。指定するデスティネーションネームスペースがデスティネーションクラスタに存在していないことを確認してください。
      3. 「 * 次へ * 」を選択します。

      4. アプリケーションのリストアに使用するスナップショットを選択します。

      5. 「 * 次へ * 」を選択します。

      6. リストア処理の詳細を確認し、* Restore *を選択します。

結果

Astra Control は、指定した情報に基づいてアプリケーションを復元します。アプリケーションをインプレースでリストアした場合、既存の永続ボリュームのコンテンツが、リストアしたアプリケーションの永続ボリュームのコンテンツに置き換えられます。

注記 ネームスペースの名前/ IDまたはネームスペースのラベルでネームスペースの制約を受けているメンバーユーザは、同じクラスタの新しいネームスペース、または組織のアカウントに含まれる他のクラスタにアプリケーションをクローニングまたはリストアできます。ただし、同じユーザが、クローニングまたはリストアされたアプリケーションに新しいネームスペースからアクセスすることはできません。クローンまたはリストア処理によって新しいネームスペースが作成されると、アカウントの管理者 / 所有者はメンバーユーザアカウントを編集し、該当するユーザに新しいネームスペースへのアクセスを許可するロールの制限を更新できます。