日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アプリケーションのクローン作成と移行

寄稿者 netapp-bcammett netapp-mwallis

既存のアプリケーションをクローニングして、同じ Kubernetes クラスタまたは別のクラスタに重複するアプリケーションを作成する。Kubernetes クラスタ間でアプリケーションとストレージを移動する必要がある場合は、クローニングが役立ちます。たとえば、 CI / CD パイプラインや Kubernetes ネームスペース間でワークロードを移動できます。

Astra Control でアプリケーションをクローニングすると、アプリケーション構成と永続的ストレージのクローンが作成されます。

注記 オペレータが配置した Jenkins CI のインスタンスをクローニングする場合は、永続データを手動でリストアする必要があります。これは、アプリケーションの展開モデルの制限事項です。
注記 StorageClass が明示的に設定されたアプリケーションを展開し、そのアプリケーションをクローニングする必要がある場合、ターゲットクラスタには元の StorageClass が指定されている必要があります。明示的に StorageClass を設定したアプリケーションを、同じストレージクラスを使用しないクラスタにクローニングすると、失敗します。
手順
  1. 「 * アプリケーション * 」を選択します。

  2. 目的のアプリケーションの * アクション * 列のドロップダウンリストを選択します。

  3. 「 * Clone * 」を選択します。

    アプリページのスクリーンショット。アクション列でドロップダウンリストを選択し、クローンを選択します。

  4. * クローンの詳細 * :クローンの詳細を指定します。

    • デフォルトの名前と名前空間をそのまま使用するか、編集します。

    • クローンのデスティネーションクラスタを選択してください。

    • 既存の Snapshot からクローンを作成するかバックアップを作成するかを選択します。このオプションを選択しない場合は、 Astra Control がアプリケーションの現在の状態からクローンを作成します。

  5. * クローンの概要 * :クローンの詳細を確認し、 * クローンアプリ * を選択します。

    "元のアプリケーションおよびクローン作成されたアプリケーションに関するクローン情報を確認するために使用できる [ クローンの概要 ダイアログボックスのスクリーンショット。"]

Astra Control は、入力した情報に基づいてアプリケーションをクローニングします。