日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Astra Control Service の新機能

寄稿者 RSS

ネットアップは Astra Control Service を定期的に更新して、新機能、拡張機能、およびバグ修正を提供します。

2023年1月17日

新機能とサポート

2022年11月22日

新機能とサポート

2022年9月7日

このリリースには、Astra Control Serviceインフラストラクチャの安定性と復元力の強化が含まれています。

2022年8月10日

このリリースには、次の新機能と機能拡張が含まれています。

  • アプリケーション管理ワークフローの改善アプリケーション管理ワークフローの改善により、Astra Controlで管理するアプリケーションを定義する際の柔軟性が向上しました。

  • Amazon Web Services Cluster Astra Control Serviceのサポートにより、Amazon Elastic Kubernetes Serviceでホストされているクラスタで実行されているアプリケーションを管理できるようになりました。NetApp ONTAP 用のAmazon Elastic Block StoreまたはAmazon FSXをストレージバックエンドとして使用するようにクラスタを設定できます。

  • 実行フックの強化スナップショット実行時のフックと’スナップショット実行後のフックに加えて’次の種類の実行フックを構成できるようになりました

    • バックアップ前

    • バックアップ後

    • リストア後のPOSTコマンドです

      その他の改良点として、複数の実行フックに同じスクリプトを使用できるようになりました。

      注記 ネットアップが提供する、特定のアプリケーションのデフォルトのSnapshot実行時フックとSnapshot実行後フックは、このリリースでは削除されています。スナップショットの実行フックを独自に指定しない場合、Astra Control Serviceは、2022年8月4日以降にのみクラッシュコンシステントスナップショットを作成します。にアクセスします "NetApp Verda GitHubリポジトリ" では、環境に合わせて変更できるサンプルの実行フックスクリプトを使用できます。
  • Azure MarketplaceサポートAzure Marketplace経由でAstra Control Serviceに登録できるようになりました。

  • クラウドプロバイダの選択Astra Control Serviceのドキュメントを参照しているときに、ページの右上にあるクラウドプロバイダを選択できるようになりました。選択したクラウドプロバイダのみに関連するドキュメントが表示されます。

    クラウドプロバイダのドロップダウンメニューのスクリーンショット。クラウドプロバイダを選択して、クラウドプロバイダ固有のドキュメントを参照できます。

2022年4月26日

このリリースには、次の新機能と機能拡張が含まれています。

2021年12月14日

このリリースには、次の新機能と機能拡張が含まれています。

  • 新しいストレージバックエンドオプション

  • アプリのインプレースリストアでは、同じクラスタとネームスペースにリストアすることで、アプリのスナップショット、クローニング、バックアップをインプレースでリストアできるようになりました。

  • 実行フック付きのスクリプトイベントAstra Controlは、アプリケーションのスナップショットを作成する前または後に実行できるカスタムスクリプトをサポートします。これにより、データベーストランザクションの中断などのタスクを実行して、データベースアプリケーションのスナップショットの整合性を保つことができます。

  • オペレータが配置したアプリケーションAstra Controlは、一部のアプリケーションをオペレータとともに展開するときにサポートします。

  • リソースグループスコープAstra Control Serviceのサービスプリンシパルが、リソースグループスコープを使用するサービスプリンシパルをサポートするようになりました。

2021 年 8 月 5 日

このリリースには、次の新機能と機能拡張が含まれています。

  • Astra Control Center Astra Controlが、新しい導入モデルで利用できるようになりました。Astra Control Center は、データセンターにインストールして運用する自己管理ソフトウェアで、オンプレミスの Kubernetes クラスタで Kubernetes アプリケーションのライフサイクル管理を管理できます。

  • 独自のバケットを用意バックアップとクローンに使用するバケットを管理できるようになりました。バケットを追加し、クラウドプロバイダ内のKubernetesクラスタのデフォルトバケットを変更します。

2021 年 6 月 2 日

このリリースには、バグの修正と Google Cloud のサポートに対する次の機能拡張が含まれています。

2021 年 4 月 15 日

このリリースには、次の新機能と機能拡張が含まれています。

  • AKSクラスタAstra制御サービスのサポートにより、Azure Kubernetes Service(AKS)の管理対象のKubernetesクラスタで実行されているアプリケーションを管理できるようになりました。

  • REST API:Astra Control REST APIを使用できるようになりました。API は、最新のテクノロジと最新のベストプラクティスに基づいています。

  • アストラコントロールサービスの年間サブスクリプションは、_プレミアムサブスクリプション_を提供します。

    アプリケーションパック _ ごとに最大 10 個のアプリケーションを管理できる年間サブスクリプションを使用して、割引価格で前払いします。ネットアップの営業担当に問い合わせて、組織に必要なパックをいくつでも購入してください。たとえば、 Astra Control Service から 30 個のアプリケーションを管理するために 3 パックを購入します。

    年間サブスクリプションで許可されている数を超えるアプリを管理した場合、アプリケーションごとに 1 分あたり 0.005 ドルの超過レート( Premium PayGo と同じ)が課金されます。

  • 名前空間とアプリケーションの視覚化:[検出されたアプリ]ページが強化され、名前空間とアプリケーションの階層がよりわかりやすく表示されるようになりました。名前空間を展開するだけで、その名前空間に含まれるアプリが表示されます。

    "[ アプリケーション( Apps ) ページのスクリーンショットで、 [ 検出( Discovered ) ] タブが選択されて"]

  • ユーザインターフェイスの機能拡張データ保護ウィザードが強化され、操作が簡単になりました。たとえば、保護ポリシーウィザードを改良して、定義した保護スケジュールを簡単に確認できるようにしました。

    Configure Protection Policy ダイアログボックスのスクリーンショット。 Hourly 、 Daily 、 Weekly 、および Monthly スケジュールを有効にできます。

  • アクティビティの強化Astra Controlアカウントでのアクティビティの詳細を簡単に確認できるようになりました。

    • 管理対象アプリケーション、重大度レベル、ユーザ、および時間範囲でアクティビティリストをフィルタリングします。

    • Astra Control アカウントアクティビティを CSV ファイルにダウンロードします。

    • クラスタまたはアプリケーションを選択した後、クラスタページまたはアプリページから直接アクティビティを表示します。

2021年3月1日

Astra Control Service がをサポートするようになりました "CVS サービスタイプ" Cloud Volumes Service for Google Cloud で実現これは、 _CVS - Performance_service タイプをすでにサポートしていることに加えて行います。注: Astra Control Service は、永続的ボリュームのストレージバックエンドとして Cloud Volumes Service for Google Cloud を使用します。

この拡張により、 Astra Control Service は、 any で実行されている Kubernetes クラスタのアプリデータを管理できるようになりました "Cloud Volumes Service がサポートされている Google Cloud リージョン"

Google Cloud リージョンを自由に選択できる場合は、パフォーマンス要件に応じて CVS または CVS パフォーマンスのいずれかを選択できます。 "サービスタイプの選択の詳細については、こちらをご覧ください"

2021年1月25日

この度、 Astra Control Service が一般提供されるようになりました。ベータリリースから寄せられた多くのフィードバックを取り入れ、他にも注目すべき機能強化を行いました。

  • 請求書を利用できるようになり、フリープランからプレミアムプランに移行できるようになりました。 "課金について詳しくは、こちらをご覧ください"

  • CVS - パフォーマンスサービスのタイプを使用している場合、 Astra Control Service では、 100GiB 以上の永続的ボリュームが作成されるようになりました。

  • Astra Control Service により、アプリケーションを迅速に検出できるようになりました。

  • これで、自分でアカウントを作成および削除できるようになりました。

  • Astra Control Service が Kubernetes クラスタにアクセスできなくなると、通知が改善されています。

    Astra Control Service は切断されたクラスタのアプリケーションを管理できないため、これらの通知は重要です。

2020年12月17日(ベータ版)

主にバグ修正に重点を置いていますが、他にもいくつかの重要な機能強化を行いました。

  • 最初の Kubernetes コンピューティングを Astra Control Service に追加すると、クラスタが配置された地域にオブジェクトストアが作成されるようになりました。

  • 永続ボリュームの詳細が、コンピューティングレベルでストレージの詳細を表示すると表示されるようになりました。

    Kubernetes クラスタにプロビジョニングされた永続ボリュームのスクリーンショット。

  • 既存の Snapshot またはバックアップからアプリケーションをリストアするオプションを追加しました。

    "アプリケーションの [ データ保護 タブのスクリーンショット。このタブでは、 [ アプリケーションの復元 ] を選択するためのアクションを選択できます。"]

  • Astra Control Service が管理している Kubernetes クラスタを削除すると、クラスタが「 Removed 」状態になります。その後、 Astra Control Service からクラスタを削除できます。

  • アカウント所有者は、他のユーザに割り当てられたロールを変更できるようになりました。

  • 請求用のセクションを追加しました。このセクションは、 Astra Control Service が General Availability ( GA )用にリリースされたときに有効になります。