日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

インターネットにアクセスせずにオンプレミスにコネクタをインストールします

インターネットにアクセスできないオンプレミスの Linux ホストにコネクタをインストールできます。オンプレミスのONTAP クラスタを検出し、クラスタ間でデータをレプリケートし、Cloud Backupを使用してボリュームをバックアップし、Cloud Data Senseでスキャンできます。

ここで説明するインストール手順は、前述の使用事例を対象としています。 "コネクタを配置するその他の方法について説明します"

ホストの要件を確認

コネクタソフトウェアは、特定のオペレーティングシステム要件、 RAM 要件、ポート要件などを満たすホストで実行する必要があります。

専用のホストが必要です

他のアプリケーションと共有しているホストでは、このコネクタはサポートされていません。専用のホストである必要があります。

CPU

4 コアまたは 4 個の vCPU

RAM

16 GB

サポートされているオペレーティングシステム
  • CentOS 7.6

  • CentOS 7.7

  • CentOS 7.8

  • CentOS 7.9

  • Red Hat Enterprise Linux 7.6

  • Red Hat Enterprise Linux 7.7

  • Red Hat Enterprise Linux 7.8

  • Red Hat Enterprise Linux 7.9

    Red Hat Enterprise Linux システムは、 Red Hat サブスクリプション管理に登録する必要があります。登録されていない場合、 Connector のインストール中に必要なサードパーティ製ソフトウェアを更新するためのリポジトリにアクセスできません。

    Connector は、これらのオペレーティングシステムの英語版でサポートされています。

ハイパーバイザー

認定済みのベアメタルハイパーバイザーまたはホスト型ハイパーバイザー CentOS または Red Hat Enterprise Linux を実行しますhttps://access.redhat.com/certified-hypervisors["Red Hat ソリューション:「 Which hypervisors are certified to run Red Hat Enterprise Linux ?」"^]

ディスクタイプ

SSD が必要です

/opt のディスクスペース

100GiB のスペースが使用可能である必要があります

/var のディスク領域

20GiB のスペースが必要です

Docker Engine の略

Connector をインストールする前に、ホストに Docker Engine バージョン 19 以降が必要です。 "インストール手順を確認します"

コネクタを取り付ける

サポートされている Linux ホストがあることを確認したら、コネクタソフトウェアを取得してインストールできます。

コネクタをインストールするには root 権限が必要です。

手順
  1. Docker が有効で実行されていることを確認します。

    sudo sysctl enable docker && sudo sysctl start docker
  2. から Cloud Manager ソフトウェアをダウンロードします "ネットアップサポートサイト"

  3. インストーラを Linux ホストにコピーします。

  4. スクリプトを実行する権限を割り当てます。

    chmod +x /path/cloud-manager-connector-offline-v3.9.19
  5. インストールスクリプトを実行します。

    sudo /path/cloud-manager-connector-offline-v3.9.19
  6. Web ブラウザを開き、と入力します https://ipaddress[] ここで、 ipaddress は Linux ホストの IP アドレスです。

    次の画面が表示されます。

    Web ブラウザにコネクタの IP アドレスを入力した後に表示される Welcome ページのスクリーンショット。

  7. Set Up New Cloud Manager * をクリックし、プロンプトに従ってシステムをセットアップします。

    • * System Details * : Cloud Manager システムの名前と会社名を入力します。

      System Details ページのスクリーンショット。 Cloud Manager の名前と会社名を入力するように求められます。

    • * 管理者ユーザーの作成 * :システムの管理者ユーザーを作成します。

      このユーザアカウントはシステム上でローカルに実行されます。NetApp Cloud Central への接続はありません。

    • * 復習 * :詳細を確認し、ライセンス契約に同意して、 * セットアップ * をクリックします。

  8. 作成した管理者ユーザを使用して Cloud Manager にログインします。

これでコネクタがインストールされ、ダークサイト環境で使用できる Cloud Manager の機能の使用を開始できるようになります。

新しいバージョンの Connector ソフトウェアが利用可能になると、ソフトウェアはネットアップサポートサイトにアップロードされます。 "コネクタをアップグレードする方法について説明します"