日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

既知の制限

寄稿者

ONTAP REST APIには、APIの使用や自動化コードの開発に影響する可能性がある制限事項や制約事項があります。これらの制限事項について以下で説明します。一般に、各環境 では、REST APIを使用できる、サポートされているすべてのONTAP リリースを使用できます。詳細については、ONTAP Releases _フィールドを参照してください。

注記 REST APIは、ONTAP 9.6で初めて提供されました。
入力キューがいっぱいの場合、REST API要求は拒否されました

ONTAP リリース:すべてサポートされています

すべてのREST APIクライアント要求はONTAP で受信され、処理される前に入力キューに登録されます。到着率が非常に高いときは、これらのAPI要求を保持する入力待機キューが一時的にいっぱいになることがあります。この場合、追加のオーバーフロー要求は拒否されます。このような状況では、次の

  • ONTAP は、受信接続が待機キューの深さを超えていることを認識し、接続が失敗したことを示すメッセージを記録します。

  • クライアントによって実際の動作は異なる場合がありますが、RESTクライアントは失敗した接続を監視します。たとえば、NMSDKクライアントで、「Failed to connect to SSL」というメッセージが表示されます。

REST API入力待機キューがいっぱいになることがまれにあります。しかし、過剰な要求を拒否することで、DoS攻撃に対する防御が可能になります。