主な概念

寄稿者 netapp-manishc FarheenViquas このページの PDF をダウンロード

Active IQ デジタルアドバイザの使用を開始するにあたっては、 Active IQ ダッシュボード全体に表示される基本的な用語を理解しておくことが重要です。

  • * ダッシュボード: * ストレージ・システムの全体的なステータスが表示されます。

    • * 監視リスト: * すでに選択されている Active IQ デジタルアドバイザ内のシステムに柔軟にアクセスできます。監視リストを使用すると、 1 つ以上のお客様のシステムを追加できます。

    • * ウィジェット: * システムの状態を簡単にまとめたダッシュボードに、小規模なアプリケーションを表示します。

    • * リスク: * 対応する問題があるシステムのリストが表示されます。重大度レベルは次のとおりです。

      • 高リスク

      • 中リスク

      • リスクなし

    • * アクション: * 問題を解決するために実行できる一意のアクションの数が表示されます。

    • * 色分けされたリスクステータス *: 重大度レベルに基づいて 3 レベルに分類されるリスクレベルとそのカラーコードを表示します。カラーを使用することで、関連するリスクレベルをより迅速に評価できます。

* 色 * * 重大度 *

赤

オレンジ

緑

リスクなし

  • * ウェルネスウィジェット: * パフォーマンス、効率、容量、構成設定、セキュリティなどに関する情報を表示します。容量を超えているか、容量の 90% に近いシステムをプロアクティブに特定します。さらに、ソフトウェアとハードウェアについて、有効期限が切れているか、 6 カ月以内に期限切れになるように設定されている情報も提供されます。

    • * パフォーマンスと効率: * ストレージ・システムのパフォーマンスと効率に関する情報が表示されます。

    • * 可用性と保護: * ストレージ・システムの可用性と保護に関する情報が表示されます

    • * 容量: * は、影響範囲値の容量属性を持つリスクで構成されます。

    • * 構成: * 影響領域の値の構成属性を持つリスクが、最上位に影響する順にソートされています。

    • * セキュリティ: * は、影響範囲値のセキュリティ属性を持つリスクで構成されます。

    • * Renewals : * サービス契約の終了日に関する情報を、期限切れまたは期限切れ間近の契約のホスト名でソートして提供します。このオプションは、 * Wellness * および * Planning * ウィジェットにあります。

    • * リスクを承認( Ack ): * 影響を受けたリスクとシステムを承認できます。これらのリスクを承認し、リスクを軽減するために実行できる操作を把握しておくことができます。

    • * リスクの確認応答を取り消し(確認応答を取り消し): * 承認されたリスクとシステムの確認応答を取り消すことができます。

    • * 修正: * Active IQ United Manager ( UM ) 9.7 以降を使用してシステムに対するリスクを修正。このボタンをクリックして UM を起動し、リスクを軽減する手順を実行します。

  • * インベントリウィジェット: * 所有している合計システムのロールアップが表示されます。これには、 Active IQ 対応製品と非対応製品の両方が含まれます。

    • * レポートを生成: * 選択したウォッチリストのレポートを生成し、最大 5 名の受信者にレポートを電子メールで送信します。

  • * 計画ウィジェット: * 更新が必要な容量追加、ソフトウェア、ハードウェアに関する情報が表示されます。

    • * 容量の追加:容量が 90% を超えているシステムや、 1 、 3 、 6 カ月以内に容量の 90% に近づいているシステムに関する情報を提供します。

    • * Renewals : * は、 6 カ月以内に期限切れになったソフトウェアやハードウェアに関する情報を提供します。このオプションは、 * Wellness * および * Planning * ウィジェットにあります。

  • * アップグレードウィジェット: * 利用可能なアップグレードの数が表示されます。また、現在の相互運用性の詳細も表示されます。

    • * 現在の相互運用性: * Active IQ OneCollect AutoSupport に基づくホストの互換性情報を表示します。

  • * Storage Efficiency : AFF システム、 AFF 以外のシステム、またはその両方について、 Snapshot バックアップの有無にかかわらず、ストレージ効率とストレージシステムの削減率を表示します。

  • * パフォーマンスグラフ: * パフォーマンスデータのグラフ形式を表示して、ストレージデバイスのパフォーマンスを分析できます。選択したノードの ONTAP クラスタの詳細なパフォーマンスグラフを表示できます。

  • * 価値ある分析ウィジェット:サポートケースの数、保留中のソフトウェアアップグレード、 Storage Efficiency による削減量、軽減されたリスクなどに関する情報を表示します。また、ウェルネス属性からのリスク通知も積極的にリストされます。

  • * AutoSupport : * AutoSupport インスタンスの概要または詳細を表示できます。詳細には、システムの詳細、問題の考えられる原因、推奨される対処方法などが含まれます。

  • * クラウド対応ワークロード: * ストレージシステム内で利用できるさまざまなタイプのワークロードに関する情報を提供し、クラウド対応のワークロードを特定します。ワークロードをクラウドに移行することで、コストを削減し、クラウドを使用したディザスタリカバリを実現できます。Oracle 、 SAP 、 SAP HANA 、ファイル共有、 SQL 、 SharePoint で実行されているワークロードやボリュームを移動できます。NetApp ® Cloud Volume は、卓越したパフォーマンスと高度なデータ管理機能を提供し、クラウドで最も要件の厳しいアプリケーションを満たします。そのため、ワークロードやボリュームをクラウドに移行する際に役立ちます。NetApp ® Cloud Volume の使用方法の詳細については、を参照してください "クラウドマネージャ" ドキュメント

  • * クイックリンク: * Active IQ デジタルアドバイザを使用して起動できるアプリケーションのリストを提供します。

    • * Cluster Viewer : * を使用すると、物理構成と論理構成の詳細情報を確認できます。これらの詳細情報は、クラスタとノードの構成の概要、ローカル階層とボリュームの情報、ネットワークインターフェイスとポートの情報、ディスクとシェルフに関する情報を示すスタック図、およびケーブルの可視化など、複数のタブにまたがるいくつかのわかりやすい表に記載されています。SVG 形式のケーブル視覚化グラフィックをダウンロードすることもできます。

    • * データセンタービュー:トラブルシューティング、アップグレード評価、ソリューション検証、移行に役立つクロススタック情報と分析情報を提供します。ビューは、からデータを収集してアップロードすることで有効になります を使用するお客様の環境 "NetApp Active IQ OneCollect の略"

    • * Interop Advisor : * NetApp Active IQ OneCollect ツールで収集したデータを使用して、ホストの互換性を確認できます。Interoperability Matrix Tool ( IMT )で自動的にチェックされることで、サポート情報を提供し、ホストのオペレーティングシステム、ドライバ、ファームウェアに関するアップグレードの推奨事項を提供します。

    • * API サービス: * 関心のあるデータを抽出し、会社のワークフローに直接統合できます。

    • * AutoSupport アップロード: ONTAP および E シリーズシステムの不具合や問題を分析できます。問題のレビューと修正は、サポートサイトの担当者が手動で行います。

  • * 検索: * 顧客名、シリアル番号、クラスタ、サイト名、グループ名、ホスト名など、さまざまなカテゴリに基づいてシステムを検索できます。

    • * お客様: * お客様のインストールベースを表示および管理できます。お客様ダッシュボードは、 Active IQ の中央ポータルです。

    • * クラスタ: * ONTAP クラスタに関する情報を提供します。ダッシュボードには、健常性、容量、 Storage Efficiency 、パフォーマンスに関する分析情報も統合されています。

    • * シリアル番号: * お客様に割り当てられているシリアル番号に関する情報を提供します。