日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Trident オペレータの環境をカスタマイズ

寄稿者

Tridentオペレータは、の属性を使用して、Astra Tridentのインストール方法をカスタマイズできます TridentOrchestrator 仕様

属性のリストについては、次の表を参照してください。

パラメータ 説明 デフォルト

namespace

Astra Trident をインストールするネームスペース

デフォルト

debug

Astra Trident のデバッグを有効にします

いいえ

IPv6

IPv6 経由の Astra Trident をインストール

いいえ

k8sTimeout

Kubernetes 処理のタイムアウト

30 秒

silenceAutosupport

AutoSupport バンドルをネットアップに自動的に送信しない

いいえ

enableNodePrep

ワーカーノードの依存関係を自動的に管理( * beta * )

いいえ

autosupportImage

AutoSupport テレメトリのコンテナイメージ

「 NetApp/trident-autosupport : 21.04.0 」

autosupportProxy

AutoSupport テレメトリを送信するプロキシのアドレス / ポート

"http://proxy.example.com:8888"

uninstall

Astra Trident のアンインストールに使用するフラグ

いいえ

logFormat

Astra Trident のログ形式が使用 [text 、 JSON]

テキスト( Text )

tridentImage

インストールする Astra Trident イメージ

「 NetApp / Trident : 21.04 」

imageRegistry

形式の内部レジストリへのパス
<registry FQDN>[:port][/subpath]

"k83.gcr.io/sig-storage (k8s 1.19+)またはQua.io/k8scsi"

kubeletDir

ホスト上の kubelet ディレクトリへのパス

「 /var/lib/kubelet 」

wipeout

Astra Trident を完全に削除するために削除するリソースのリスト

imagePullSecrets

内部レジストリからイメージをプルするシークレット

controllerPluginNodeSelector

Trident Controller CSI プラグインを実行しているポッドの追加ノードセレクタ。pod.spec.nodeSelector と同じ形式を使用します。

デフォルトはありません。オプションです

controllerPluginTolerations

Trident Controller CSI プラグインを実行しているポッドに対する許容値を上書きします。POD .spec.Toleratations と同じ形式を使用します。

デフォルトはありません。オプションです

nodePluginNodeSelector

Trident ノード CSI プラグインを実行しているポッドの追加ノードセレクタ。pod.spec.nodeSelector と同じ形式を使用します。

デフォルトはありません。オプションです

nodePluginTolerations

Trident Node CSI プラグインを実行しているポッドに対する許容値を上書きします。POD .spec.Toleratations と同じ形式を使用します。

デフォルトはありません。オプションです

重要 spec.namespace は、で指定します TridentOrchestrator どのネームスペースAstra Tridentがにインストールされているかを示します。このパラメータ * は、 Astra Trident のインストール後に更新できません * 。これを実行すると、のステータスがになります TridentOrchestrator に変更します Failed。Astra Trident は、ネームスペース間での移行を意図したものではありません。
ヒント ポッドパラメータの書式設定の詳細については、を参照してください "ポッドをノードに割り当てます"

上記の属性は、を定義するときに使用できます TridentOrchestrator をクリックして、インストールをカスタマイズします。次に例を示します。

cat deploy/crds/tridentorchestrator_cr_imagepullsecrets.yaml
apiVersion: trident.netapp.io/v1
kind: TridentOrchestrator
metadata:
  name: trident
spec:
  debug: true
  namespace: trident
  imagePullSecrets:
  - thisisasecret

次に、ノードセレクタを使用して Trident を導入する例を示します。

apiVersion: trident.netapp.io/v1
kind: TridentOrchestrator
metadata:
  name: trident
spec:
  debug: true
  namespace: trident
  controllerPluginNodeSelector:
    nodetype: master
  nodePluginNodeSelector:
    storage: netapp

インストールのカスタマイズを検討している場合は、それ以上にカスタマイズする必要があります TridentOrchestrator arguments allow、の使用を検討する必要があります tridentctl 必要に応じて変更できるカスタムYAMLマニフェストを生成します。