日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ファイル共有をスキャンしています

寄稿者 netapp-tonacki このページの PDF をダウンロード

NetApp 以外の NFS または CIFS ファイル共有を Cloud Data Sense で直接スキャンするには、いくつかの手順を実行します。これらのファイル共有は、オンプレミスでもクラウドでもかまいません。

クイックスタート

これらの手順を実行すると、すぐに作業を開始できます。また、残りのセクションまでスクロールして詳細を確認することもできます。

ファイル共有の前提条件を確認する

CIFS ( SMB )共有の場合は、共有にアクセスするためのクレデンシャルがあることを確認しておきます。

Cloud Data Sense インスタンスを導入する

"クラウドデータの導入センス" インスタンスが展開されていない場合。

ファイル共有を保持するグループを作成します

このグループは、スキャンするファイル共有のコンテナであり、これらのファイル共有の作業環境名として使用されます。

ファイル共有を追加し、スキャンする共有を選択します

スキャンするファイル共有のリストを追加し、スキャンのタイプを選択します。一度に最大 100 個のファイル共有を追加できます。

ファイル共有の要件の確認

Cloud Data Sense を有効にする前に、次の前提条件を確認し、サポートされている構成であることを確認します。

  • 共有は、クラウド内やオンプレミスなど、どこでもホストできます。ネットアップ以外のストレージシステム上のファイル共有です。

  • データセンスインスタンスと共有の間にネットワーク接続が必要です。

  • これらのポートが Data Sense インスタンスに対して開いていることを確認します。

    • NFS –ポート 111 および 2049 。

    • CIFS の場合 - ポート 139 および 445

  • 追加する共有のリストは、「 <host_name> : /<share_path>` 」の形式で指定する必要があります。共有は個別に入力することも、スキャンするファイル共有の行区切りリストを指定することもできます。

  • CIFS ( SMB )共有の場合は、共有への読み取りアクセスを提供する Active Directory クレデンシャルがあることを確認します。管理者クレデンシャルが推奨されるのは、 Cloud Data Sense で管理者権限が必要なデータをスキャンする必要がある場合です。

ファイル共有のグループを作成します

ファイル共有を追加する前に、「 group 」というファイル共有を追加する必要があります。グループはスキャンするファイル共有のコンテナであり、グループ名はそれらのファイル共有の作業環境名として使用されます。

同じグループ内に NFS 共有と CIFS 共有を混在させることはできますが、 1 つのグループ内のすべての CIFS ファイル共有で同じ Active Directory クレデンシャルを使用する必要があります。異なるクレデンシャルを使用する CIFS 共有を追加する場合は、一意のクレデンシャルセットごとに個別のグループを作成する必要があります。

手順
  1. [ 作業環境の構成 ] ページで、 [ * データソースの追加 > ファイル共有グループの追加 *] をクリックします。

    [ スキャン設定 ] ページのスクリーンショットで、 [ ファイル共有グループの追加 ] ボタンをクリックします。

  2. [ ファイル共有グループの追加 ] ダイアログで、共有グループの名前を入力し、 [ 続行 ] をクリックします。

新しいファイル共有グループが作業環境のリストに追加されます。

グループへのファイル共有の追加

ファイル共有グループにファイル共有を追加すると、これらの共有内のファイルが Cloud Data Sense によってスキャンされます。共有は、「 <host_name> : /<share_path>` 」の形式で追加します。

個々のファイル共有を追加することも、スキャンするファイル共有を 1 行で区切って指定することもできます。一度に最大 100 個の共有を追加できます。

NFS 共有と CIFS 共有を 1 つのグループに追加する場合は、 NFS 共有を追加してから CIFS 共有を再度追加するまで、このプロセスを 2 回実行する必要があります。

手順
  1. 作業環境ページで、ファイル共有グループの * 構成 * ボタンをクリックします。

    設定ボタンを選択できるスキャン設定ページのスクリーンショット。

  2. このファイル共有グループのファイル共有を初めて追加する場合は、 * 最初の共有を追加 * をクリックします。

    "最初の共有をグループに追加するための [ 最初の共有の追加 ボタンを示すスクリーンショット。"]

    既存のグループにファイル共有を追加する場合は、 * 共有の追加 * をクリックします。

    "グループに共有を追加するための [ 共有の追加 ボタンを示すスクリーンショット。"]

  3. 追加するファイル共有のプロトコルを選択し、スキャンするファイル共有を 1 行に 1 つ追加して、「 * Continue * 」をクリックします。

    CIFS ( SMB )共有を追加する場合は、共有への読み取りアクセスを提供する Active Directory クレデンシャルを入力する必要があります。admin クレデンシャルが優先されます。

    [ ファイル共有の追加 ] ページのスクリーンショット。スキャンする共有を追加できます。

    追加された共有の数が確認ダイアログに表示されます。

    ダイアログに追加できなかった共有が表示された場合は、問題を解決できるようにこの情報を記録しておきます。修正したホスト名または共有名を使用して共有を再追加できる場合があります。

  4. 各ファイル共有で、マッピング専用スキャン、またはマッピングスキャンと分類スキャンを有効にします。

    終了: 手順:

    ファイル共有でマッピングのみのスキャンを有効にします

    [* マップ * ] をクリックします

    ファイル共有でフルスキャンを有効にします

    [ マップと分類 *] をクリックします

    ファイル共有でのスキャンを無効にします

    [ * Off * ] をクリックします

Cloud Data Sense によって、追加したファイル共有内のファイルのスキャンが開始され、その結果がダッシュボードやその他の場所に表示されます。

準拠スキャンからのファイル共有の削除

特定のファイル共有をスキャンする必要がなくなった場合は、個々のファイル共有を削除して、ファイルがいつでもスキャンされるようにすることができます。[ 構成 ] ページで [ 共有の削除 ] をクリックします。

単一のファイル共有をスキャン対象から削除する方法を示すスクリーンショット。