日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

XCP SMB 用に Windows を準備します

寄稿者 ciarm netapp-pcarriga netapp-barbe netapp-aoife netapp-aherbin

XCP SMB は、 Windows クライアントホストシステムを使用して並列 I/O ストリームを生成し、使用可能なネットワークとストレージのパフォーマンスを最大限に活用します。

ストレージを設定する

XCP SMB の移行および移行には、次のユーザログイン要件があります。

  • XCP ホストシステム: XCP ホストユーザには管理者権限が必要です(ユーザは XCP SMB ホストシステムの「 BUILTIN\Administrators 」グループに属している必要があります)。

  • Active Directory の監査ログポリシーとセキュリティログポリシーに移行または XCP ホストユーザを追加します。Windows 10 で「監査とセキュリティログ」ポリシーを見つけるには、次の手順に従います。

手順
  1. [ * グループポリシーエディタ * ] ダイアログボックスを開きます。

  2. [ * コンピューターの構成 ] 、 [Windows の設定 ] 、 [ セキュリティーの設定 ] 、 [ ローカルポリシー ] 、 [ ユーザー権利の割り当て * ] の順に選択します。

  3. 監査ログとセキュリティログの変更 * を選択します。

  4. XCP ホスト・ユーザを追加するには、 * Add User または Group * を選択します。

詳細については、を参照してください "監査とセキュリティログを管理します"

  • ターゲットストレージシステム: XCP ホストユーザに読み取りおよび書き込みアクセスが必要です。

  • ソースストレージシステム:

    • ユーザがソース・ストレージ・システムの Backup Operators グループのメンバーである場合、これらのファイルを保護する権限に関係なく、このグループのメンバーはセキュリティ・ルールを使用せずにファイルを読み取ることができます。

    • ユーザがソースシステムの「 Backup Operators 」グループに属していない場合は、そのユーザに読み取りアクセス権が与えられている必要があります。

注記 XCP オプション「 -preserve -atime 」をサポートするには、ソースストレージシステムに書き込み権限が必要です。