日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Site Survey and Planning ワークシートの Destination Storage Devices タブを参照してください

Site Survey and Planning ワークシートの一部として、移行先ストレージデバイスの情報を含むタブを設定する必要があります。

ストレージシステム

クラスタ名

IP アドレス

アレイモード

ONTAP

Vserver

ポートタイプ( Port Type )

clustered Data ONTAP

10.x.x.x

FAS8080

8.3.1

データマート

ターゲット

clustered Data ONTAP

10.x.x.x

FAS8080

8.3.1

データマート

ターゲット

clustered Data ONTAP

10.x.x.x

FAS8080

8.3.1

DataMig-01

イニシエータ

clustered Data ONTAP

10.x.x.x

FAS8080

8.3.1

DataMig-01

イニシエータ

ストレージシステム

ポート名

LIF 名

WWPN

ファブリック名

ターゲットタイプ( Target Type )

0c

miglif1

20 : 01 : 00 : a0 : 98 : 2f : xx : xx

本番環境 A

ターゲット

0d

miglif2

20 : 01 : 00 : a0 : 98 : 2f : xx : xx

本番環境 B

ターゲット

0a

該当なし

50 : 0a : 09 : 81 : 00 : xx : xx : xx

本番環境 A

ターゲット

0 億

該当なし

50 : 0a : 09 : 81 : 00 : xx : xx : xx

本番環境 B

ターゲット

次に、 Destination Storage Devices タブの設定例を示します。