日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VMware vSphere クイックスタート用の ONTAP ツール

VMware vSphere 用の ONTAP ツールは、 VSC 、 VASA Provider 、 Storage Replication Adapter ( SRA )の拡張機能を含む vCenter Server プラグインです。VSC は、ベストプラクティスに基づいて ESXi ホストの設定と ONTAP ストレージのプロビジョニングを実施するため、すべての ONTAP vSphere 環境に推奨されます。VASA Provider は仮想ボリューム( vVol )のサポートに必要であり、 SRA は VMware Site Recovery Manager と連携します。

設置を準備しています

このプラグインを仮想アプライアンスとして導入することで、各製品を別々にインストールして vCenter Server に登録する手間を減らすことができます。

導入の要件

ONTAP ツールは、 Windows vCenter Server または VMware vCenter Server Virtual Appliance ( vCSA )で使用できます。ESXi システムを搭載したサポート対象の vSphere に ONTAP ツールを導入する必要があります。

スペースとホストの最小サイズ要件は次のとおりです。

* システム * * 最小要件 *

スペース

シンプロビジョニングの場合は 2.1GB 、シックプロビジョニングの場合は 54.0GB

ホストのサイジング

推奨メモリ: 12GB 、推奨 CPU : 2

次のライセンスに注意してください。

* ライセンス * * 概要 *

SnapMirror

(オプション) VVOL レプリケーションを使用する場合は、 SRA と VASA Provider のフェイルオーバー処理を実行するために必要です。

FlexClone

(オプション) SRA のテストフェイルオーバー処理と VASA Provider の vVol 処理を実行する場合に必要です。

ONTAP ツールで使用されるデフォルトの双方向 TCP ポートは次のとおりです。

* その他の要件 * * 概要列 *

9083 年

有効にすると、 VASA Provider と SRA はこのポートを使用して vCenter Server と通信します。このポートは TCP/IP 設定を取得するためにも必要です。

443

クレデンシャルの設定方法によっては、 VMware vCenter Server とストレージシステムがこのポートでセキュアな通信をリスンします。

8143

VSC は、このポートでセキュアな通信をリスンします。

7.

エコー要求が ONTAP に送信されて到達可能性が検証されます。この要求はストレージシステムの追加時にのみ必要であり、あとで無効にすることができます。

ストレージとアプリケーションの最小要件:

* ストレージ、ホスト、アプリケーション * * バージョン要件 *

ONTAP

ONTAP 9.3 、 9.5 、 9.6 、 9.7 、 9.8P1 以降。

VMware vSphere 、 vCenter Server 、 ESXi ホスト、 Site Recovery Manager ( SRM )、プラグインアプリケーション、およびデータベース列 1

を参照してください "Interoperability Matrix Tool : OTV 9.10"

ONTAP ツールの要件

  • vCenter Server 環境を設定およびセットアップします。

  • .ova ファイルをダウンロードします。

  • vCenter Server インスタンスのログインクレデンシャルを用意します。

  • ブラウザキャッシュを削除して、 ONTAP ツールの導入時にブラウザキャッシュの問題が発生しないようにします。

  • 仮想アプライアンスが ICMP ping に応答するために使用するデフォルトゲートウェイを設定します。

  • 仮想アプライアンスの有効な DNS ホスト名。

  • ONTAP 9.6 以前で vVol ダッシュボードを表示する場合は、 OnCommand API サービスをダウンロードしてインストールします。ONTAP 9.7 以降を使用している場合は、 OnCommand API サービスを VASA Provider に登録する必要はありません。

SRA に関するオプションの要件

VMware Site Recovery Manager で使用する仮想アプライアンスを導入する場合は、 Site Recovery Manager ( SRM )ディザスタリカバリ解決策を設定する場合にのみ、 SRA プラグインの「 .msi 」ファイルをダウンロードしておく必要があります。カラム 1 * SRM アプライアンスを使用している場合、 SRA の .tar.gz ファイルをダウンロードしました。

ONTAP ツールの導入

手順
  1. から「 .ova 」ファイルをダウンロードします "ネットアップサポートサイト" から vSphere Client システムにアップロードして、 ONTAP ツールを導入できます。

    SRA を導入する場合は ' ソース・サイトとデスティネーション・サイトの両方に '.ova ファイルを導入する必要があります

  2. vSphere Web Client にログインし、 * Home * > * Host & Clusters * を選択します。

  3. 目的のデータセンターを右クリックし、 [* OVF テンプレートの展開 * ] をクリックします。

  4. .ova ファイルの URL を入力するか、 .ova ファイルが保存されているフォルダを参照して、 * Next * をクリックします。

  5. 必要な詳細を入力して導入を完了します。

    注記 (オプション) vCenter Server に登録せずにコンテナを作成する場合は、 Configure vCenter または Enable VCF セクションで Enable VMware Cloud Foundation ( VCF )チェックボックスをオンにします。

導入の進捗状況は、 [* タスク * ] タブで確認でき、導入が完了するまで待つことができます。

SRM に SRA を導入する

SRA は Windows SRM サーバまたは 8.2 SRM アプライアンスに導入できます。

Windows SRM サーバに SRA をインストールします

手順
  1. ネットアップサポートサイトから SRA プラグインの .msi インストーラをダウンロードします。

  2. ダウンロードした SRA プラグインの .msi インストーラをダブルクリックして、画面に表示される手順に従います。

  3. 導入した仮想アプライアンスの IP アドレスとパスワードを入力して、 SRM サーバへの SRA プラグインのインストールを完了します。

SRM アプライアンスに SRA をアップロードして設定する

手順
  1. から .tar.gz ファイルをダウンロードします "ネットアップサポートサイト"

  2. SRM アプライアンス画面で、 * Storage Replication Adapter * > * New Adapter * をクリックします。

  3. .tar.gz ファイルを SRM にアップロードします。

  4. アダプタを再スキャンして、 [SRM Storage Replication Adapters] ページで詳細が更新されていることを確認します。

  5. putty を使用して、管理者アカウントで SRM アプライアンスにログインします。

  6. root ユーザ「 root 」に切り替えます

  7. ログの場所で、次のコマンドを入力して、 SRA Docker で使用される Docker ID を取得します。 d Occker PS-l

  8. コンテナ ID 「 dOccker exec-it-u SRM <container ID> sh 」にログインします

  9. ONTAP ツールの IP アドレスとパスワードを使用して SRM を設定します。「 perl command.pl -i <va-IP> administrator <va-password> 」「 storage credentials are stored 」というメッセージが表示されます。

SRA クレデンシャルを更新する

手順
  1. 次のコマンドを使用して、 /SRM / SRA / conf ディレクトリの内容を削除します。

    1. 「 cd /SRM/SRA/conf 」を参照してください

    2. 「 rm -rf * 」と入力します

  2. perl コマンドを実行して、 SRA に新しいクレデンシャルを設定します。

    1. 「 cd /SRM/SRA/ 」

    2. 「 perl command.pl -i <va-IP> administrator <va-password>` 」と入力します

VASA Provider と SRA を有効にする

手順
  1. 導入時に指定した IP アドレスを使用して、 vSphere Web Client にログインします。

  2. [OTV *] アイコンをクリックして、展開時に指定したユーザ名とパスワードを入力し、 [*Sign In] をクリックします。

  3. OTV の左ペインで、 [ 設定 ]>[ 管理設定 ]>[ 機能の管理 *] を選択し、必要な機能を有効にします。

    注記 VASA Provider は、デフォルトでは有効になっています。VVOL データストアのレプリケーション機能を使用する場合は、「 vVol のレプリケーションを有効にする」切り替えボタンを使用します。
  4. ONTAP ツールの IP アドレスと管理者パスワードを入力し、 * 適用 * をクリックします。