日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リモート診断アクセスを設定します

diag ユーザの SSH アクセスを有効にするように ONTAP ツールを設定することができます。

  • 必要なもの *

vCenter Server インスタンスの VASA Provider 拡張機能を有効にする必要があります。

  • このタスクについて *

SSH を使用して diag ユーザアカウントにアクセスする際は次の制限があります。

  • SSH をアクティブ化した場合、使用できるログインアカウントは 1 つだけです。

  • diag ユーザアカウントへの SSH アクセスは、次のいずれかの状況になると無効になります。

    • タイムアウトした場合。

      ログインセッションの有効期限は翌日の午前 0 時までです。

    • SSH を使用して diag ユーザとして再度ログインした場合。

  • 手順 *

    1. vCenter Server で、 VASA Provider へのコンソールを開きます。

    2. maintenance ユーザとしてログインします。

    3. 「 4 」と入力して、 Support and Diagnostics (サポートと診断)を選択します。

    4. リモート診断アクセスを有効にするを選択するには '3' を入力します

    5. 確認ダイアログボックスに「 y 」と入力して、リモート診断アクセスを有効にします。

    6. リモート診断アクセス用のパスワードを入力します。