日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP ツールの最新リリースにアップグレードします

寄稿者 Netapp-shabaana

ここに記載されている手順に従って、既存の 9.7 セットアップから 9.8 リリースの ONTAP ツールへのインプレースアップグレードを実行できます。

VASA Provider のステータスは、アップグレード後も既存の導入環境と同じになります。アップグレード後に要件に基づいて VASA Provider を手動で有効または無効にする必要があります。ただし、従来のデータストアのプロビジョニングやストレージアラームのストレージ機能プロファイルが有効になるため、 VASA Provider は VMware 仮想ボリューム( vVol )を使用していない場合でも有効にすることを推奨します。

注記 9.8 リリースの ONTAP ツールへのインプレースアップグレードは、既存の 9.7 バージョンからのみ実行できます。ONTAP ツールを 9.7.1 リリースにアップグレードし、 VVOL レプリケーションを使用する場合は、 Site Recovery Manager ( SRM )がインストールされた ONTAP ツールを使用して vCenter Server をもう 1 つセットアップする必要があります。
  • 手順 *

    1. ダウンロードした .iso ファイルを ONTAP ツールにマウントします。

      1. [ 設定の編集 *>*DVD/CD-ROM ドライブ *] をクリックします。

      2. ドロップダウンリストから * Datastore ISO * file を選択します。

      3. ダウンロードした .iso ファイルを参照して選択し、 * パワーオン時に接続 * チェックボックスを選択します。

    2. 導入した ONTAP ツールの [Summary] タブにアクセスします。

    3. * をクリックします* メンテナンスコンソールを起動します。

    4. 「ドメインメニュー」プロンプトで、「システム構成」に「 2 」オプションを入力し、「アップグレード」に「 8 」オプションを入力します。

      アップグレードが終了すると、 ONTAP ツールが再起動します。ONTAP ツールは、アップグレード前と同じ IP アドレスで vCenter Server に登録されます。

    5. IPv6 アドレスを使用して ONTAP ツールを vCenter Server に登録するには、次の手順を実行する必要があります。

      1. ONTAP ツールの登録を解除します。

      2. 登録 * ページを使用して、 ONTAP ツールの IPv6 アドレスを vCenter Server に登録します。

      3. 登録後、 VSC と VASA Provider の証明書を再生成します。

    重要 IPv6 は vCenter Server 6.7 以降でのみサポートされます。
    1. vSphere Client からログアウトして再度ログインすると、導入した ONTAP ツールが表示されます。

      1. 既存の vSphere Web Client または vSphere Client からログアウトし、ウィンドウを閉じます。

      2. vSphere Client にログインします。

        vSphere Client でプラグインが更新されるまでに数分かかる場合があります。

注記
  • ONTAP ツール 7.0 から最新バージョンの ONTAP ツールにアップグレードする場合は、既存の VM ストレージポリシーを編集する前にストレージ機能プロファイルを作成する必要があります。プロファイルを作成しないと、値が正しくないか値がないというエラーが表示されることがあります。

  • 以前のバージョンから 9.8 バージョンの ONTAP ツールにアップグレードすると 'vvol.rebalance .threshold プロパティーが vvol.properties ファイルにないことがわかります

    プロパティのデフォルト値は 85% に設定されています。