日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

概要

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SAP HANA ホストは、冗長 FCP インフラとマルチパスソフトウェアを使用してストレージコントローラに接続されます。スイッチまたはホストバスアダプタ( HBA )で障害が発生した場合に、耐障害性に優れた SAP HANA ホスト / ストレージ接続を実現するには、冗長 FCP スイッチインフラが必要です。すべての HANA ホストがストレージコントローラ上の必要な LUN にアクセスできるように、スイッチで適切なゾーニングを設定する必要があります。

AFF システム製品ファミリーのさまざまなモデルをストレージレイヤで混在させることができるため、拡張が必要になったり、パフォーマンスや容量のニーズが異なる場合があります。ストレージシステムに接続できる SAP HANA ホストの最大数は、 SAP HANA のパフォーマンス要件と、使用されているネットアップコントローラのモデルによって定義されます。必要なディスクシェルフの数は、 SAP HANA システムの容量とパフォーマンスの要件によってのみ決まります。

次の図は、 8 台の SAP HANA ホストをストレージ HA ペアに接続した構成例を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

このアーキテクチャは、次の 2 つの側面で拡張できます。

  • 既存のストレージに SAP HANA ホストとストレージ容量を追加で接続することで、ストレージコントローラが現在の SAP HANA KPI を満たす十分なパフォーマンスを提供する場合

  • 追加の SAP HANA ホスト用にストレージ容量を追加したストレージシステムを追加する

次の図は、追加の SAP HANA ホストをストレージコントローラに接続した場合の構成例を示しています。この例では、 16 台の SAP HANA ホストの容量とパフォーマンスの要件を満たすために、さらにディスクシェルフが必要です。合計スループット要件に応じて、ストレージコントローラへの FC 接続を追加する必要があります。

エラー:グラフィックイメージがありません

次の図に示すように、導入した AFF システムとは別に、認定済みのストレージコントローラを追加することで、 SAP HANA 環境を拡張して、希望するノード密度に合わせることもできます。

エラー:グラフィックイメージがありません