日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

概要- SnapVault によるバックアップレプリケーション

このラボ環境では、2つ目のAWSアベイラビリティゾーンでFSX for ONTAP ファイルシステムを2つ目にして、HANAデータボリュームのバックアップレプリケーションを紹介します。

第章で説明したように "「データ保護戦略」"では’レプリケーション・ターゲットは’別のアベイラビリティ・ゾーンのONTAP ファイル・システム用の2番目のFSXである必要がありますこれは’プライマリFSX for ONTAP ファイル・システムの障害から保護されるためですまた、HANA共有ボリュームをONTAP ファイルシステムのセカンダリFSXにレプリケートする必要があります。

エラー:グラフィックイメージがありません

設定手順の概要

FSX for ONTAP レイヤで実行する必要がある設定手順はいくつかあります。これは、NetApp Cloud ManagerまたはONTAP コマンドラインのFSXで実行できます。

  1. ONTAP ファイルシステム用のピアFSX。ONTAP ファイルシステムのFSXは、相互のレプリケーションを許可するためにピア関係を設定する必要があります。

  2. SVMをピアリングSVM間のレプリケーションを許可するには、SVM間にピア関係を設定する必要があります。

  3. ターゲットボリュームを作成します。ターゲットSVMにボリュームタイプ「DP」を指定してボリュームを作成します。レプリケーション・ターゲット・ボリュームとして使用するには’DP’タイプが必要です

  4. SnapMirrorポリシーを作成する。これは' vaultタイプのレプリケーションのポリシーを作成するために使用されます

    1. ポリシーにルールを追加します。このルールには、セカンダリサイトでのバックアップのSnapMirrorラベルと保持に関する情報が含まれています。このラベルが含まれているソースボリュームにSnapCenter によってSnapshotバックアップが作成されるように、SnapCenter ポリシーの後半で同じSnapMirrorラベルを設定する必要があります。

  5. SnapMirror関係を作成ソースボリュームとターゲットボリュームの間のレプリケーション関係を定義し、ポリシーを適用します。

  6. SnapMirrorを初期化最初のレプリケーションが開始され、ソースのすべてのデータがターゲットボリュームに転送されます。

ボリュームレプリケーションの設定が完了したら、SnapCenter で次のようにバックアップレプリケーションを設定する必要があります。

  1. ターゲットSVMをSnapCenter に追加します。

  2. SnapshotバックアップとSnapVault レプリケーション用に新しいSnapCenter ポリシーを作成します。

  3. HANAのリソース保護にポリシーを追加します。

  4. 新しいポリシーを使用してバックアップを実行できるようになりました。

以降の章では、個々の手順について詳しく説明します。