日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

履歴を更新します

この解決策の初版以降には、次の技術的な変更が加えられています。

バージョン 日付 概要を更新します

バージョン 1.0 以降

2014年4月

初版

バージョン 2.0 以降

2014年8月

ディスクサイジングの選択を更新し、 SSD 構成を追加しました Red Hat Enterprise Linux OS 構成を追加 SAP HANA ストレージコネクタ情報を追加しました VMware 構成に関する情報を追加しました

バージョン 2.1 以降

2014年11月

ストレージのサイジングに関するセクションを更新しました

バージョン 2.2 以降

2015年1月

ストレージコネクタの API セクションが更新され、アグリゲートとボリュームの構成が更新されました

バージョン 2.3 以降

2015年3月

SAP HANA SPS9 向けの新しい StorageGRID の実装に関するセクション、コンピューティングノードのセットアップと HANA のインストールのセクションを追加しました

バージョン 3.0 以降

2015年10月

clustered ONTAP では、 SAP HANA および HWVAL > SPS10 の I/O パラメータを追加し、 sysctl パラメータを更新しました

バージョン 3.1 以降

2016年3月

容量のサイジングを更新し、 /hana/shared のマウントオプションを更新した sysctl パラメータを更新

バージョン 4.0 以降

2017年2月

新しいネットアップストレージシステムとディスクシェルフ 40GbE に対応した ONTAP 9 の新機能新しい OS リリース( SUSE Linux Enterprise Server12 SP1 と Red Hat Enterprise Linux 7.2 )新しい SAP HANA リリース

バージョン 4.1 以降

2017年7月

マイナーアップデート

バージョン 5.0 以降

2018年9月

新しいネットアップストレージシステム新しい OS リリース( SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3 および Red Hat Enterprise Linux 7.4 )では、 SAP HANA 2.0 SPS3 のマイナーな変更が追加されています

バージョン 5.1 以降

2019 年 9 月

新しい OS リリース( SUSE Linux Enterprise Server 12 SP4 、 SUSE Linux Enterprise Server 15 、および Red Hat Enterprise Linux 7.6 )では、 MAX Data ボリュームサイズが若干変更されています

バージョン 5.2 以降

2019年12月

新しいネットアップストレージシステム新しい OS リリース SUSE Linux Enterprise Server 15 SP1

バージョン 5.3 以降

2020年3月

NFSv3 で nConnect がサポートされるようになりました。新しい OS リリースである Red Hat Enterprise Linux 8 がサポートされます

バージョン 5.4 以降

2020年5月

SAP HANA 2.0 SPS4 以降に複数のデータパーティション機能が導入されています

バージョン 5.5 以降

2020 年 6 月

追加情報オプションの機能に関するマイナーアップデート

バージョン 5.6 以降

2020年12月

ONTAP 9.8 以降で NConnect for NFSv4.1 がサポートされるようになりました。新しいオペレーティングシステムがリリースされました

バージョン 5.7 以降

2021年2月

ホストのネットワーク設定の変更やその他の軽微な変更

バージョン 5.8 以降

2021年4月

VMware vSphere 固有の情報を追加しました