日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAP HANA 向けの I/O スタック構成

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SAP HANA 1.0 SPS10 以降、 I/O 動作を調整し、使用中のファイルシステムとストレージシステムのデータベースを最適化するためのパラメータが導入されています。

ネットアップは、最適な値を定義するため、パフォーマンステストを実施しました。次の表に、パフォーマンステストから推定した最適な値を示します。

パラメータ 価値

max_parallel _io_requests と入力します

128

async _read_submit

オン

async : write_submit_active

オン

async_write_submit_bblocks

すべて

バージョン SPS12 までの SAP HANA 1.0 では、これらのパラメータは、 SAP HANA データベースのインストール時に設定できます。これは、 SAP ノートで説明されています "2267798 : Configuration of the SAP HANA Database During Installation Using hdbparam 』で説明されています"

また 'hdbparam フレームワークを使用して SAP HANA データベースのインストール後にパラメータを設定することもできます

nf2adm@sapcc-hana-tst-06:/usr/sap/NF2/HDB00> hdbparam --paramset fileio.max_parallel_io_requests=128
nf2adm@sapcc-hana-tst-06:/usr/sap/NF2/HDB00> hdbparam --paramset fileio.async_write_submit_active=on
nf2adm@sapcc-hana-tst-06:/usr/sap/NF2/HDB00> hdbparam --paramset fileio.async_read_submit=on
nf2adm@sapcc-hana-tst-06:/usr/sap/NF2/HDB00> hdbparam --paramset fileio.async_write_submit_blocks=all

SAP HANA 2.0 以降 'hdbparam' は廃止され ' パラメータは global.ini` に移動されましたパラメータは、 SQL コマンドまたは SAP HANA Studio を使用して設定できます。詳細については、 SAP ノートを参照してください "2399079 : HANA で hdbparam の除去 2"。パラメータは、次のように global.ini 内で設定することもできます。

nf2adm@stlrx300s8-6: /usr/sap/NF2/SYS/global/hdb/custom/config> cat global.ini
…
[fileio]
async_read_submit = on
async_write_submit_active = on
max_parallel_io_requests = 128
async_write_submit_blocks = all
…

SAP HANA 2.0 SPS5 以降では、「 setParameter.py 」スクリプトを使用して正しいパラメータを設定できます。

nf2adm@sapcc-hana-tst-03:/usr/sap/NF2/HDB00/exe/python_support>
python setParameter.py -set=SYSTEM/global.ini/fileio/max_parallel_io_requests=128
python setParameter.py -set=SYSTEM/global.ini/fileio/async_read_submit=on
python setParameter.py -set=SYSTEM/global.ini/fileio/async_write_submit_active=on
python setParameter.py -set=SYSTEM/global.ini/fileio/async_write_submit_blocks=all