日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SNMP バージョン 3 を設定します

また、ワークフロー処理のステータスに関する簡易ネットワーク管理プロトコル( SNMP )バージョン 3 トラップを送信するように OnCommand Workflow Automation ( WFA )を設定することもできます。

  • このタスクについて *

バージョン 3 には、次の 2 つの追加セキュリティオプションがあります。

  • バージョン 3 、認証あり

    トラップは、暗号化されていないネットワーク経由で送信されますSNMP トラップメッセージと同じ認証パラメータで設定された SNMP 管理アプリケーションは、トラップを受信できます。

  • バージョン 3 、認証と暗号化を使用

    トラップはネットワーク上で暗号化されて送信されます。これらのトラップを受信して復号化するには、 SNMP トラップと同じ認証パラメータと暗号化キーを使用して SNMP 管理アプリケーションを設定する必要があります。

手順
  1. Web ブラウザで admin ユーザとして WFA にログインし、 WFA サーバにアクセスします。

  2. [ * 設定 * ] をクリックし、 [ * 設定 * ] で [* SNMP] をクリックします。

  3. [Enable SNMP*] チェックボックスをオンにします。

  4. [* バージョン *] ドロップダウンリストで、次のいずれかのオプションを選択します。

    • バージョン 3

    • バージョン 3 、認証あり

    • バージョン 3 、認証と暗号化を使用

  5. 手順 4 で選択した特定の SNMP バージョン 3 オプションに対応する SNMP 設定オプションを選択します。

  6. 管理ホストの IPv4 アドレス、 IPv6 アドレス、またはホスト名とポート番号を入力します。WFA は、指定されたポート番号に SNMP トラップを送信します。デフォルトのポート番号は 162 です。

  7. [ * 通知オン * ] セクションで、次のチェックボックスの 1 つ以上を選択します。

    • ワークフロー計画の開始 / 失敗 / 完了

    • ワークフローの実行を開始しました

    • ワークフローの実行が完了しました

    • ワークフローの実行に失敗しました

    • 承認待ちのワークフローを実行しています

    • 取得に失敗しました

  8. [ テスト通知の送信 *] をクリックして、設定を確認します。

  9. [ 保存( Save ) ] をクリックします。