日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

OnCommand Workflow Automation の概要

OnCommand Workflow Automation ( WFA )は、プロビジョニング、移行、運用停止、データ保護設定などのストレージ管理タスクの自動化に役立つソフトウェア解決策 です。 およびストレージのクローニングWFA を使用すると、プロセスで指定されたタスクを実行するためのワークフローを構築できます。

ワークフローは繰り返し実行される手順のタスクで、次の種類のタスクを含む一連の手順で構成されます。

  • データベースまたはファイルシステム用のストレージのプロビジョニング、移行、または運用停止

  • ストレージスイッチやデータストアなど、新しい仮想化環境をセットアップする

  • エンドツーエンドのオーケストレーションプロセスの一環としてアプリケーション用のストレージをセットアップする

ストレージアーキテクトは、次のような、ベストプラクティスに従い、組織の要件を満たすワークフローを定義できます。

  • 必要な命名規則を使用します

  • ストレージオブジェクトに一意のオプションを設定しています

  • リソースを選択する

  • 内部構成管理データベース( CMDB )とチケット処理アプリケーションを統合する

WFA の機能

  • ワークフローを構築するためのワークフロー設計ポータル

    ワークフロー設計ポータルには、コマンド、テンプレート、ファインダ、フィルタ、 ワークフローの作成に使用される関数です。設計者は、自動リソース選択、行の繰り返し(ループ)、承認ポイントなどの高度な機能をワークフローに含めることができます。

    ワークフローデザインポータルには、外部システムからデータをキャッシュするための、ディクショナリエントリ、キャッシュクエリ、データソースタイプなどのビルディングブロックも含まれています。

  • 実行ポータル:ワークフローの実行、ワークフローの実行ステータスの確認、ログへのアクセスを行います

  • WFA の設定、データソースへの接続、ユーザクレデンシャルの設定などのタスクの管理 / 設定オプション

  • Web サービスインターフェイスを使用して、外部ポータルやデータセンターオーケストレーションソフトウェアからワークフローを起動できます

  • Storage Automation Store で WFA パックをダウンロードしてください

WFA ライセンス情報

OnCommand Workflow Automation サーバを使用するために必要なライセンスはありません。