日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

[ バックアップと復元 ] ウィンドウ

バックアップとリストアウィンドウでは、 OnCommand Workflow Automation ( WFA )データベースをバックアップできます。 WFA データベースには、システム構成の設定、キャッシュ情報、 PowerShell ツールキットと Perl ツールキットなどのコアパックが含まれています。また、 WFA をアップグレードまたは再インストールするときに、保存されているデータベースをリストアすることもできます。

Backup セクション

このウィンドウにアクセスするには、 * Settings * を選択し、 * Maintenance * (メンテナンス)で * Backup & Restore * (バックアップと復元)をクリックします。

  • * バックアップ *

    [ ファイルのダウンロード ] ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスでは、現在のデータベースを圧縮ファイルとして指定した場所に保存できます。

セクションを復元します

  • * 「ファイル」を選択します。 *

    バックアップデータベースファイルを検索できます。

  • * 復元 *

    構成設定を回復し、バックアップデータベースファイルから現在の WFA 設定に情報をキャッシュできます(該当する場合)。

    最新バージョンのツールキットとコアパックはリストア処理のあとに入手できます。

    注記 バックアップに、システムにあるパックよりも新しいパックが含まれている場合は、リストア後にバックアップから新しいパックを使用できます。

    コアパックをインポートする前に、実行中のワークフローをすべて停止する必要があります。